病院薬剤師の仕事について

病院の中での薬剤師の働き

薬剤師の働き

患者さんが病院に来ると医師が診察を行い、薬を処方します。薬剤師は医師の出した処方せんの内容をチェックし、調剤を行います。できあがった薬を患者さんに払い出すときに、薬の説明を行います。他にも情報の提供や患者さんの血液の解析などを行っています。

調剤室

調剤室

医師の処方せんの内容について、間違いが無いかを確認し、問題なければ処方せん通りに薬を払い出します。内用薬(錠剤、カプセル剤、散剤など)、外用薬(貼り薬、軟膏、点眼薬など)、注射薬など様々な薬の調剤を行っています。

薬効薬物動態解析室

薬効薬物動態解析室

血液中の薬物濃度を測定することにより、用量調節の難しい薬物による治療を支援しています(TDM業務)。

化学療法管理室

化学療法部門

化学療法薬(抗がん剤)はがん細胞を攻撃しますが、正常な細胞にもダメージを与えるので、適切な投与計画の管理が必要です。ここではそのような化学療法薬の管理を行っています。

製剤室

製剤室

病院で使う注射薬を無菌的に混合したり、市販されていない特殊な薬を院内で作成したりすることで、様々な治療方法に対応できるようにしています。

病棟業務

病棟活動

これまでの薬剤師は薬剤部で薬を払い出す役割が主でした。しかし、最近では病棟で患者さんの状態や検査の結果を見ながら、適切な薬を医師に提案したり、医師・看護師などからの薬に関する疑問に答えたりして、欠かすことのできない存在になっています。

医薬品情報管理室

薬品情報室

薬に関する情報がまとめられており、医師やその他の医療スタッフからの様々な質問の窓口となっています。さまざまな質問に答えるために書籍など数多くの資料が集まっています。

また、常に安定して薬が供給されるように薬を注文したり、受け取ったりする部署です。

治験薬等管理室

治験薬等管理室

『治験』とは薬が販売される前に一部の患者さんを対象として行う臨床試験です。患者さんの安全を確保するため、しっかりした計画に基づいて行われており、厳密な薬の管理が求められています。

チーム医療(例:栄養サポートチーム, 妊娠と薬外来)

チーム医療

いろいろな職種のひとが専門知識を持ち寄って協力して治療を行うことをチーム医療と言います。例えば、栄養サポートチームには医師、薬剤師、看護師、栄養士などが参加し、それぞれの専門性を活かして患者さんの栄養管理を行います。

 

また、当院では2017年4月より、「妊娠と薬外来」を開設しています。「服用中に予期せずに妊娠し、妊娠継続に悩む」、「慢性疾患を持つ女性が妊娠を考える際に服用継続してよいのか」といった妊娠中にお薬を服用する事への不安や問題を解決するために、専門の医師・薬剤師が国内外の資料を基に最新の情報を提供し、相談に応じています。そのほか、薬剤による授乳への影響などに関する相談にも応じています。