小出博義 薬剤師の論文が、In Vivo誌に採択されました

小出博義 薬剤師の論文が、In Vivo誌に採択されました。おめでとうございます。

Hiroyoshi Koide, Satoshi Noda, Tetsuya Yoshida, Susumu Kageyama, Kazuya Teramura, Takeshi Kato, Akihiro Kawauchi, Noriki Fujimoto, Tomohiro Terada. Severe skin disorders due to sorafenib use after nivolumab treatment in renal cell carcinoma patients. In Vivo, in press (2021).

詳細は業績・資格・認定のページをご参照下さい。