多くの薬剤部職員が第35回日本TDM学会学術大会に参加しました。また、3名の先生が講演・発表を行いました。

多くの薬剤部職員が第35回日本TDM学会学術大会に参加しました。また、3名の先生が講演・発表を行いました。

磯野哲一郎薬剤師の一般演題発表は、優秀発表賞を受賞しました。

シンポジウム
野田 哲史: 腎がん治療薬スニチニブ・パゾパニブのTDMを活用した個別化投与設計の確立に向けて, 第35回日本TDM学会学術大会, 2018年5月27日 (福岡)
寺田 智祐: ファーマコゲノミクス検査の臨床実装, 第35回日本TDM学会学術大会, 2018年5月27日 (福岡)
 
一般演題
【優秀発表賞受賞】磯野哲一郎, 平 大樹, 福井里佳, 田淵陽平, 赤羽理也, 池田義人, 森田真也, 寺田智祐: ファーマコゲノミクス検査に基づいた抗血小板薬選択の実態調査, 第35回日本TDM学会学術大会, 2018年5月27日 (福岡)