実習生の感想

2018年度 第3期

京都薬科大学

私は、滋賀医科大学での実務実習の2カ月半をとても楽しく過ごすことができました。実習生12人で、協力し合いながらたくさんのことを学びました。調剤は、薬局ではあまり手に取ることのなかった抗がん剤も何回も調剤することができました。また注射剤の調剤、混合もやらせて頂き、貴重な経験になりました。病棟実習では、薬剤師さんの活躍を肌で感じることができました。服薬指導の際に患者さんの症状をみて薬剤の変更を提案されていました。又自分でも患者さんのカルテを見て検査値等で適性を確認できて勉強になりました。

摂南大学

長い間丁寧にご指導いただき本当にありがとうございました。調剤業務、製剤、TDM、薬務、化学療法、情報室薬務、緩和ケア、NSTなど病院でしかできない多くのことを体験することができ、そのひとつひとつの業務の重要さを感じることができました。病棟業務では患者さんとのコミュニケーションがいかに大事であるかを学ぶことができ、ひとりひとりの患者さんとしっかり向き合い、患者さんとの信頼関係を築くことがとても重要だと改めて感じることができました。今回この実習で学んだことや経験したこと、感じたことを活かし、他の医療従事者や患者さんからも信頼される立派な薬剤師になれるように頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

京都薬科大学

この実習を通して、調剤・病棟業務・チーム医療などの病院薬剤師業務を幅広く学ぶことができ、病院薬剤師の姿が明確になりました。将来の道を考える上でも貴重な実務実習でした。病棟実習では、薬物療法をするにあたって患者さんの気持ちも大切であるということを学びました。患者さんの不安や疑問を会話の中から読み取り、それらを解消し安心して薬物療法を受けられるようにサポートすることも薬剤師の務めであることを強く感じました。これは大学の授業ではなかなか勉強できなかった所ですが、実際に患者さんに服薬指導させていただいた際に学ぶことができました。この経験を忘れずに、将来は豊富な知識を持った心のサポートもできる薬剤師になりたいと思います。最後になりましたが、ご指導いただいた先生方ありがとうございました。とても充実した日々を過ごすことができました。

同志社女子大学

2ヶ月半大変お世話になりました。最初は不安でいっぱいでしたが、いつも薬剤部の先生方が優しく丁寧にご指導して下さったおかげでとても実りのある実習になりました。調剤業務や抗がん剤のミキシングをはじめ病院薬剤師の業務をたくさん経験することができました。その中でも印象に残っているのは病棟やNSTなどのチーム医療に関われた実習です。実際にカンファレンスや回診に参加させていただきチーム医療において薬剤師がどのように医療に貢献しているのか自分の目で確認することができました。また、医師や看護師、患者さんから頼りにされている先生方を間近で見て、自分も先生方のような周りから頼られる薬剤師になりたいとより一層強く思うようになりました。今回の実習での経験を今後の進路や勉強に活かしていきたいと思います。最後になりますが、滋賀医大で実習を行うことができて本当に良かったです。薬剤部の先生方、本当にありがとうございました。

京都薬科大学

11週間の病院実務実習というものは大変充実したものになりました。大学で薬学の知識を学んできたので、その知識があれば患者さんにより良い服薬指導ができると思っていました。しかし、実際の臨床現場の薬剤師は、薬理的知識はもちろん副作用のタイミングを把握することやガイドラインなどの治療方針の知識も必要だと知ることができました。また、NSTや緩和ケアなどのチームで行う医療に関しては薬剤師が薬のプロフェッショナルとして率先してチームをまとめていたのがすごく印象的でした。1人1人の患者さんに寄り添った医療というものはチームがお互いの専門分野を生かしてこそ実現できるものだと実感することができました。この実習で、貴重な体験を通して得た考え方や知識を今後の学生生活や就職活動などに生かしていきたいと思います。お忙しい中11週間に渡りご指導してくださった先生方、本当にありがとうございました。

立命館大学

約三ヶ月お世話になりました。皆さん丁寧かつ優しく指導して下さったおかげで楽しく過ごせました。知識を補充するための講義は毎回勉強になりました。調剤室では自分が調剤したものが実際に患者さんに投与されるというのがやりがいでもあり、怖くもありました。医師から信頼されている方、薬とNSTの二刀流の方、レジデントとして能力を日々高めている方等沢山の薬剤師さんの背中を病棟では見ることが出来ました。調剤の手技を身に付けるだけでなく、知識を身に付け医師と対等に渡り歩く為には何が必要なのか考えさせられました。これからは薬の知識を付けるのはもちろん、その他の自分の特徴を見極めてどんな能力を社会で活かすことが出来るのか考えていきます。皆さんお忙しい中お時間も労力も取っていただき、本当にありがとうございました。

大阪薬科大学

病棟実習で患者様と接することの難しさを痛感しました。私は、コミュニケーションをとることが苦手で、服薬指導で聞くべき内容を準備してから臨んでも、スムーズなコミュニケーションがとることができず、苦労しました。また、先生方が、こちらから一方的に質問するだけでなく、患者様の疑問や質問に親身に答えている姿を拝見し、薬学的な知識と病態について理解を深めていく必要があると思いました。また、先生方が、医師や看護師と連携している姿を拝見し、チーム医療の大切さを学びました。 私は、病院薬剤師を志望しており、実際に業務を体験でき、具体的な目標としてとらえることができました。今回の実習が、私にとって得難い経験になり、一人前の薬剤師になりたいという想いが強くなりました。今後はこの経験を活かし、より一層精進して参りたいと思います。この度はお忙しい中、ご指導をして頂き、有り難うございました。

京都薬科大学

11週間大変お世話になりました。病院実習では調剤はもちろんのこと病棟業務やNST、緩和ケア、化学療法、治験など幅広く薬剤師が活躍しているということを知ることができました。その中でも点滴による抗がん剤治療の副作用モニタリングがとても印象的でした。抗がん剤による副作用は強く、副作用を抑える薬を配薬しに行き、説明し、患者さんの症状を聞いて、薬の量が正しいか、効果は十分かなどを考えることができました。また他の薬についてもカルテを見ることができるので、検査値をみて効果、副作用モニタリングができ、とても貴重な経験となりました。今回の病院実習では非常に多くのことを学ぶことができました。病院薬剤師の仕事のやりがいや大変なところ、患者さんや他の医療スタッフとの連携など、想像でしかなかったものを知ることができて良かったです。先生方も忙しい中丁寧にご指導いただきとても実りある実習をさせていただきました。立派な薬剤師になりたいと思います。ありがとうございました。

大阪薬科大学

11週間という短い間ではありましたが、薬剤師の先生をはじめスタッフの皆さま、大変お世話になりました。調剤室内や病棟だけに限らず無菌室や化学療法室など様々な場所で本当に多様な経験をさせていただきました。また、チーム医療の在り方についても実際に拝見し考える場を多く与えていただけたことはとてもありがたく思っております。お陰様で病院薬剤師とはどうあるべきか、その役割などをとても深く学ぶことができたと思います。皆さまとてもお忙しい中、ご迷惑をお掛けしてしまうこともありましたが、多くの時間を割いていつも丁寧にご指導いただけたこと、心より感謝申し上げます。この貴重な経験を活かしてこれからも自分なりに形で学びを深めていきたいと思います。本当にありがとうございました。

立命館大学

11週間という長い間お世話になりました。滋賀医大病院では多くの経験をさせていただきました。 内外用や注射の調剤をはじめ、薬務での医薬品の管理、TPNの調製、TDM、抗がん剤のミキシングなど病院薬剤師としての様々な業務を学び、 体験することができ、とてもいい勉強になりました。病棟では持参薬確認や服薬指導を行い、患者さんによって説明する内容や伝え方も変わってくるため、 臨機応変な対応が必要となることを実感しました。また、患者さんの薬の服用状況や効果、副作用などについて、医師や看護師など他の医療従事者と情報共有を行うことで、薬学の専門知識を活かし、チーム医療に貢献しているということを学びました。この病院実習で得た知識や経験を今後に活かし、立派な薬剤師になれるように努力していきたいと思います。 お忙しい業務の中、丁寧にご指導下さった先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。

立命館大学

2ヶ月半の間、丁寧にご指導いただき、ありがとうございました。病棟実習では、患者さんと接することで薬の知識だけでなく、患者さんの不安を読み取ることや患者さんから情報を聞き出すことが重要だと感じました。患者さんの症状や治療に対して薬剤師さんそれぞれで考えが異なるということを知り、自分にはない考え方を教えていただけたことで、患者さんの治療を考えるという点で成長することができました。さらにNSTや緩和ケアチームのカンファレンスにも参加させていただき、チーム医療の中で活躍する薬剤師の姿を見ることができたので、とても良い経験になりました。チーム医療の中で他職種の方々とお話されている様子から薬剤師に求められる役割を知ることができました。 病院実習を通して、薬剤師が他職種から頼られている場面を見かけることが多く、信頼されているのだと感じました。将来は他職種からも患者さんからも頼られるような薬剤師になりたいと思います。本当にありがとうございました。

2018年度 第2期

兵庫医療大学

11週間にわたり、丁寧なご指導ありがとうございました。毎日新しい発見があり、学びの多い実習となりました。TPNや抗がん剤の調製、病棟における患者さんへの服薬指導など病院薬剤師ならではのさまざまな業務を経験させていただきました。また、NSTや緩和ケアなどのチームの中で薬剤師が担う役割や他職種との関わりを知ることができました。多岐にわたる業務を通して薬剤師の活躍の場の多さを感じ、薬剤師が意見を求められている姿を見て幅広い知識と薬剤師の必要性を感じました。病棟実習では実際に患者さんとお話しし、一方的に話をするだけではなく患者さんから話を聞き出すことが大切だと思いました。実習を行うなかで、学校で学ぶことすべてが薬剤師として働くことに繋がっていると感じたため学校での学びを大切にしようと思います。今後実習で学んだことを活かし学びを深め広げていこうと思いました。

立命館大学

11週間という長いようで短い間でしたが、大変お世話になりました。調剤以外にも化学療法では抗がん剤のミキシング、TDM、製剤、医薬品の発注や卸さんとの関わりのある薬務、麻薬や治験薬の管理方法、緩和ケアチームやNST等のチーム医療に関わるカンファレンスの見学、ICUや手術部の見学、たくさんの事を学ぶことができました。特にチーム医療では薬剤師だけではなく、医師、看護師、栄養士、臨床検査技師、他にもたくさんの方々が関係している中で薬剤師だからこそできる事を模索していくことの重要さと大変さを知ることができました。このようなチーム医療では各職種の方がお互いの専門を活かすことで患者さんにとってのよりよい医療を提供できるのだと感じました。今回病院実習を通して学んだ事を活かして、これからの学生生活に活かしていきたいと思います。丁寧にご指導して下さった薬剤部の方々、ありがとうございました。

京都薬科大学

11週間手厚いご指導をいただきありがとうございました。私は将来どの職種に就こうかずっと悩んでいて、この実習で進路を決めるにあたって何か得るものがあればいいなと思っていました。11週間、内外用や注射の調剤・輸液の調製・カンファレンスの参加・服薬指導など本当に貴重な経験をさせていただき、今まで知らなかった病院薬剤師の働き方をたくさん知ることができました。また徹底された密度の濃いカリキュラムで、講義も充実しており大変勉強になりました。11週間という限られた期間の中で実習させていただいた業務以外にもたくさんの働き方があると思うので、もっと病院薬剤師のことを知りたいと思いましたし、将来病院で働くということを、進路を選ぶ中でひとつの選択肢にしようと思いました。お仕事中にたくさん質問したり休憩時間に話しかけに行ったり先生方には大変ご迷惑をおかけしましたが、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

立命館大学

11週間お忙しい中ご指導していただきありがとうございました。本当に様々なことを体験させていただき、たくさん学ぶことができました。特に、NST、緩和ケア、病棟業務などを通してチーム医療を実感できたことは私にとってとても貴重な体験経験でした。医師や看護師に頼られている先生方の姿はとても格好良く、憧れをもち、少しでも近づけるようになりたいと強く思いました。他の医療従事者の方々から信頼される存在になるために自分はもっと知識をつけないといけないと感じました。また信頼される人間性を身につけないといけないとも感じました。将来、先生方のような立派な薬剤師になれるよう、これから日々精進します。今回の経験を今後に生かして頑張ります。本当にありがとうございました。

大阪薬科大学

お忙しい中11週間、手厚いご指導ありがとうございました。調剤、病棟、チーム医療から医療情報管理、TDM、リスクマネジメントまで幅広く学ばせていただき、大変充実した毎日を過ごすことができました。 特にチーム医療に関しては実際どのような活動が行われ、そこで薬剤師がどのような役割を担っているかを知ることができ、今まで以上に興味を持つことができました。また、病棟実習を通して、患者さんにただ薬を飲んでもらえば良いということではなく、患者さんに前向きに治療を行ってもらうためにはどうすれば良いか考えることの重要性について学ばせていただきました。さらに、患者さんとお話することで、電子カルテ上からは把握できなかった情報が得られることも多くあり、コミュニケーションをとることの大切さに気づかされました。また、病院内で薬剤師の先生方が他職種から頼られている様子を拝見し、私も将来は他の職種の方からも信頼されるような薬剤師になりたいと感じました。

京都薬科大学

毎朝、病院の入り口を潜ると、朝早くから患者さんが列を作り待っている姿が印象的で、私自身、その光景を見ると身が引き締まりました。病院実習での経験はすべてが初めてで、最初は戸惑いや緊張がありましたが、時間が経過するにつれて徐々に実習にも慣れてきて余裕が出てきました。病院実習を通して一番成長をしたことは、臨床現場を実際に体験したことで、今まで薬や病気について大学で学んだ教科書的な知識しかなかったが具体的なイメージができるようになったことです。実習前の病院薬剤師のイメージは曖昧でした。調剤業務、情報業務、卸業務、麻薬・治験薬管理、病棟業務など病院薬剤師の業務は多種多様で、それぞれの現場で薬剤師の方々が活躍されている姿を眼の前で見学させて頂けたこの経験は、私にとって非常に貴重な経験となり今後の薬局実習、学生生活、進路選択に活かしていきたいと思います。

京都薬科大学

11週間大変お世話になりました。実習では、調剤や病棟業務以外にも幅広くたくさんの体験をさせていただき、大変貴重な経験になりました。中でも、NST」や「化学療法」の実習が特に印象的で、チームの中での薬剤師のはたらきや役割を知ることができました。また、実際の患者さんについての対応について自分たちで考え、議論するような受け身でない能動的な勉強できました。病棟では、患者さんとのやりとりの中で、コミュニケーションの取り方について考えさせられることも多くありましたが、同行してくださった先生からいつも的確なアドバイスやコメントをいただき、臨床の場でしかできない経験を積むことができました。実習を通して、先生方が、薬剤師としての志や信念を強く持っておられたことがとても印象的で、私も、患者さんのために自分の志を掲げて働くことのできる薬剤師になりたいと強く感じました。そのためにも残りの学生生活を日々精進していきたいと思います。ありがとうございました。

立命館大学

本実習を通じて、病院薬剤師の業務は、調剤、無菌調製、院内製剤、抗がん剤ミキシング、TDM、DI、薬務、リスクマネージメント、手術部薬品管理、治験薬管理に加えて、多職種連携が必要とされるチーム医療への参加や病棟業務(初回面談、服薬指導、副作用マネジメント等)など多岐に渡ることを知り、臨床薬剤師として働くやりがいや大変さを実感することが出来ました。特に、病院で働くには薬学的知識だけではなく、幅広い医療知識やコミュニケーション能力が必要であると痛感しました。また、滋賀医大病院は滋賀県で唯一の大学病院であることから、県内の他院では経験できない様な先進医療の一端に携わることができ、多くの高度な臨床的知識・技能を身に付けることが出来ました。今後は、本実習で得た知識や経験を活かし、薬剤師国家試験には一発で合格して、先生方の様な立派な薬剤師になりたいと思います。最後に、大変お忙しい中、約2ヶ月半にわたり、懇切丁寧にご指導頂いた滋賀医大病院薬剤部の先生方、本当にありがとうございました。

大阪薬科大学

11週間大変お世話になりありがとうございました。限られた時間の中で、様々な診療科の調剤、患者さんと直接関わることのできた病棟業務、NSTや緩和ケアなどのチーム医療への参加など幅広く、学校ではできない貴重な経験をさせていただきました。特に、病棟業務では多くの患者さんに関わらせていただき、その人に合わせた接し方があること、また他の医療従事者との関わりを直接目にすることができ、病院薬剤師の役割について考えさせられました。自分も将来、先生方のように患者さんや他の医療従事者から信頼される薬剤師になりたいと思う毎日でした。また、実際現場にでると自分の未熟さを痛感しました。この経験を糧に学校では勉学に取り組みたいと思います。素晴らしい先生方、そして他の実習生に恵まれたからこそ、毎日が楽しく学びの多い充実した実務実習でした。最後になりましたが、薬剤部の先生方、親切丁寧にご指導していただきありがとうございました。

立命館大学

11週間にわたりご指導頂きまして誠にありがとうございました。今回の実習を通して、病院薬剤師は調剤室から薬物療法実践の場へ、貢献する場が変わっており、その役割は多様になってきているということを学ぶことが出来ました。病棟実習では、積極的に患者さんと関わらせて頂き、処方薬の説明の仕方や患者さんとの接し方について、自分自身成長できたと実感しています。また、患者さん1人1人の性格や特徴を踏まえて、服薬指導の仕方を変えている先生方の姿を間近で見ることができ、大変勉強になりました。至らないことも多く、ご迷惑もおかけしましたが、1つ1つ丁寧に教えて下さり、実りの大きい実習期間を過ごすことができました。今回の実習で得た経験を基に大学に戻ってからも学び続けていきたいと思います。お忙しい中ご指導頂いた多くの先生方、本当にありがとうございました。

京都薬科大学

11週間の実務実習の期間、薬剤部の先生方にはお忙しい中とても優しく丁寧にご指導いただきまして、本当にありがとうございしました。 調剤、製剤、化学療法などの業務だけでなく緩和ケアやNSTのカンファレンスにも参加させて頂き、病院における薬剤師の役割について経験することでしっかりと学ぶことができました。日々の業務においても、どのような点に着目しながら業務を行われているのか実際に一緒にさせて頂いたり、お話を伺うことで理解できたのではないかと思っています。特に、病棟では患者さんから聞き取った訴えに対して薬剤師ができることを考え、他職種の方と情報を共有されたり、提案をする先生方を見て、自分もそのような患者さんの為に行動を起こせる薬剤師になりたいと感じました。この実習で感じたことや学んだことを活かせるよう勉学に励んでいきます。ご指導いただいた先生方、本当にありがとうございました。

兵庫医療大学

11週間という短い期間でしたが、大変お世話になりました。お忙しい中薬剤師の先生方には優しく丁寧にご指導いただき、あっという間に実習期間が過ぎてしまいました。今回の実務実習で特に印象に残っているのは緩和ケアやNSTなど、チーム医療に関われたことです。実際に病院にてカンファレンスや回診に参加させていただくことで、どのような内容を医療職者の間で話し合っているか、どのような問題点について考えていけばよいのか、回診では患者さんのもとに行って実際にどんなところを見てどんなことを聞くのかなどを体験できました。また、その中で他職種とかかわる上での情報提供の大切さも学ぶことができました。今回の実習では自身の知識不足を感じることも多々ありましたが、先生方のように他職種や患者さんに信頼される薬剤師になれるよう努力していきたいと思います。本当にありがとうございました。

2018年度 第1期

神戸学院大学

11週間という短い期間でしたが薬剤部の先生方、丁寧なご指導をしてくだりありがとうございました。私自身とても多くの事について学び、経験して本当に充実した日々を過ごすことが出来ました。 薬を調剤する際、どこに注意を置くべきなのか、処方された薬から患者さんの状態を読み取り、正しい処方なのかを考えるなど、調剤という行為の中にインシデントを防ぐため色々な工夫がされていることを知りました。 服薬指導では、一方的な情報提供にならないよう要点をその都度考え、コミュニケーションが成り立つよう患者さんの事を考えて話せるようになりました。 この実習期間に学んだ事の中には、自分の知識不足や技術不足から、教えてもらうばかりですぐに実践出来なかった事も多くありました。 将来この実習で経験したことを活かし、また、この実習では実践できなかった事も出来るように日々精進していこうと思います。

同志社女子大学

約2カ月半という短い期間でしたが、大変お世話になりました。薬剤部先生方はお忙しい中にも関わらず、親切に優しくご指導してくださりありがとうございました。 実習では、机上の勉強では学ぶことの出来ない大変貴重な経験をさせて頂きました。同じ患者さんに幾度か服薬指導へ行くと顔を覚えてくださり、少しずつ色々なお話をしてくださるようになる等、嬉しい出来事もありました。また、先生がチーム医療の中で薬剤師としての意見を述べられている場面や、医師や看護師、患者さんから薬についての相談をされている姿を見て、自分も周囲の人から頼りにされるよう薬剤師になりたいという思いがより一層強くなりました。至らない点が多く、ご迷惑をおかけしたことと思いますが、先生方にご指導頂いた2カ月半はとても学びの多い充実した日々でした。まだまだ未熟ではありますが、この病院実習で得た経験を日々の勉強に活かして学業に励んで参ります。本当にありがとうございました。

兵庫医療大学

11週間という短い期間ではありましたが、薬剤部の先生方から親切丁寧なご指導をいただき、とても充実した実務実習となりました。当院での実習では、病院薬剤師の業務内容や医療従事者としての自覚など臨床現場でしか得られない多くのことを学ばせていただきました。また、先生方から出される課題や質問で分からないことがあれば自主的に調べることで大学での授業の復習にもなりました。私が一番印象に残っているのは病棟での業務です。薬剤管理や服薬指導、他の医療スタッフとの情報交換など様々な業務が行われていて、一部を体験させてもらう中でその難しさを身に染みて感じました。特に服薬指導では、患者さんにうまく伝えらえないことが多く知識とコミュニケーション力の両方が不足していることを実感し、今後の課題を見つけることができたと思います。 この実習では至らないことばかりでしたが、先生方の人柄に救われました。信頼され、安心感を与えられる薬剤師を目指して日々努力をしていきたいと思います。

京都薬科大学

お忙しい中11週間にわたりご指導頂き本当にありがとうございました。初めての実習で不慣れなこともありご迷惑をおかけしましたが、先生方からの丁寧なご指導のもと、調剤、TPN調製から病棟業務にわたる幅広い経験をさせて頂きました。特に病棟業務が始まってからは、どのようにすれば患者さんにわかりやすく伝えられるのか等、適切なコミュニケーションの取り方の重要性を感じました。また、実際に患者さんと接することで実習生ながら医療従事者としての責任の意識が高まりました。臨床現場での実習を通して、大学で学んだ知識がこのように臨床現場に繋がるのだなと考えながら学ぶ姿勢を持つことで、積極的に実習に取り組み、充実した実習生活を送ることができました。現段階では知識が足りないと痛感したため、今回の経験を次の実習や今後の学生生活にも活かし、先生方のような薬剤師になれるよう日々精進していきたいと思います。

立命館大学

お忙しい中、11週間にわたり丁寧にご指導いただきありがとうございました。この実習では、調剤業務や、病棟、TDM、NSTや緩和ケアチームの見学など様々な経験をさせていただきました。薬剤師の先生方は、知識がとても豊富で、病院の様々な場所で活躍されており、信頼されている存在であることを実感しました。また、病棟では、医師や看護師など他の職種の方のお話しを聞くこともでき、今まで全く知らなかった治療のことや、患者さんのケアについて知ることができました。さらに、服薬指導や、副作用モニタリングを通して、患者さんと関わらせていただく中で、患者さんから学ばせていただくこともたくさんありました。毎日、たくさんのことを学ぶことができ、充実した11週間でした。この経験を糧に、これからの学習に励みたいと思います。ご指導いただいた先生方、本当にありがとうございました。

立命館大学

実習に行く前は知識不足で不安でしたが、熱心にかつ、様々なことを教えて下さる先生方のおかげで、充実した毎日を過ごすことができ自分の成長に繋がる11週間でした。調剤過誤の分析は薬局実習でも行い自身の過誤防止に役立てようと思います。服薬指導では、患者さんと話すことの重要性を理解することができました。また、病棟で学んだ服薬指導の工夫も将来に活かしたいです。調剤や服薬指導以外にも、NSTや緩和ケアチームの見学では、大学の授業だけでは学ぶことができない薬剤師の役割がよく理解することができました。NSTでは、薬剤の知識の他に栄養学も必要になることがよく分かり、その他にも、DI室や治験での薬剤師の活躍を見学することができました。この実習を通して、病院薬剤師の活躍を学ぶことができました。将来、先生方のような立派な薬剤師になれるよう、更に学業に励んでいきたいと思います。至らないところが多く、ご迷惑をおかけしたと思いますが、最後まで丁寧に指導してくださり、ありがとうございました。

京都薬科大学

11週間お忙しい中、薬剤部の先生方には親切丁寧にご指導いただきまして、ありがとうございました。 長期実務実習で一番印象に残っていることは、チーム医療に参加させていただいたことです。NSTや緩和ケアチームに同行させていただくことで、実際に薬剤師がチーム医療においてどのような役割を果たし、他職種の方々と連携をとっているかを自分の目で見て理解することができました。病棟実習では、実際に患者さんと接することで、患者さん1人1人の状態や気持ちにあった薬剤の処方提案をすることの重要性を感じました。また患者さんへの伝え方や接し方など薬の知識以外のことも身につけることができ、自分自信の成長に繋がりました。実習を通して、患者さんや他の医療スタッフの方々と接することで、持ち合わせている知識だけでは役に立たず、臨床の難しさを実感しました。今回の経験を糧に、他職種の方々から求められる知識、薬の専門家であるからできる情報提供などが将来できるように、今後の薬局実習や勉学に励んでいきたいと思います。

立命館大学

11週間という短い実習期間でしたが、新しいことを学ぶ日々は本当に楽しかったです。調剤や服薬指導を始めとして、NSTや緩和ケアといったチーム医療に関わる薬剤師の姿も学ぶことができ、より具体的な将来のイメージが強くなりました。病棟での実習では、患者さんと実際に何度も接することで、情報を適切に伝えたり引き出したりするコミュニケーションの難しさや重要性を学べたと思います。また、自分の調剤した薬や伝えたことの先には必ず患者さんがいて、薬剤師は生命に関わる職種であると大きく意識する機会になりました。この実習での貴重な経験を忘れず、今後の学生生活での勉強に励み、患者さんや他の医療スタッフから信頼される薬剤師像を目指していきたいです。実習中は緊張し戸惑うことも何度もありましたが、その都度先生方が優しく教えていただきました。お忙しい中、丁寧にご指導いただき本当にありがとうございました。

大阪薬科大学

11週間という短い間でしたが大変お世話になりました。薬剤師の先生方、お忙しいところ丁寧に指導していただきありがとうございました。実務実習では調剤業務、無菌調整、TDM、NST、緩和ケア、化学療法、病棟業務など大学では学べない内容に取り組むことができ貴重な経験になりました。特に病棟では患者さんに臨機応変に対応することの難しさ、重要なポイントを把握し服薬指導する大変さを実感しました。また、NSTや緩和ケアのカンファレンスに参加した際、迅速かつ的確に情報を収集する能力、他職種による情報供給の重要性を感じました。病院のどの場所においても、薬剤師の先生方は患者さんに最善の治療を行うため作業されていて、薬剤師は命に携わる職種であること、患者さんの治療に積極的に貢献する姿勢を学びました。今回の実習で学んだことを活かし、今後自分も患者さんによりよい医療を提供出来るような薬剤師を目指したいと思いました。ご迷惑おかけすることが多かったと思いますが、本当にありがとうございました。

立命館大学

お忙しい中11週間丁寧にご指導いただきありがとうございました。病院実習を通して、薬剤師の業務は薬を調剤したり処方を監査したりと薬と向きあるだけでなく、患者さんに服薬指導したり、医師や他の医療スタッフに薬の説明をしたりと多岐にわたることを学びました。特に印象に残っているのは、病棟実習で薬剤師の先生方が患者さん、他職種の方からとても信頼されていたことです。薬を説明するにあたって患者さん各々に適した話し方をされていたことや、他の医療スタッフに必要な情報を端的に分かりやすく共有していたことがとても印象的でした。実習の中で何度も自分自身の知識不足を痛感することがありました。先生方のように多くの人から信頼されるような薬剤師となれるよう、日々勉強して行きたいと感じました。とても楽しく、充実した病院実習となりました。ありがとうございました。

京都薬科大学

11週間という短い実習期間でしたが、本当にあっという間で学ぶことの多い充実した日々を過ごすことができました。薬剤の調剤をはじめ、病棟実習、薬務、輸液・抗がん剤の調製、リスク管理、NSTや緩和ケアなどのチーム医療への参加など、臨床現場でしか経験することのできない貴重な体験をさせて頂きました。また、それらを通して、薬剤師に幅広い知識が求められることや、多職種との連携の重要さを学ぶことができました。まだまだ自分には知識やコミュニケーション能力が不足していると改めて実感したので、残りの学生生活や薬局実習では、今
回の実習で学んだことを忘れず、薬剤部の先生方のような立派な薬剤師になれるよう努力したいと思います。お忙しい中、ご指導くださった薬剤部の先生方、本当にありがとうございました。

京都薬科大学

実習が始まる前は不安でしたが、毎日が充実し、貴重な経験になりました。先生方にも優しく丁寧にご指導頂きました。実習が始まる前は薬剤師の業務に関して漠然としており、明確に理解していませんでした。しかし、NST、緩和ケアなどにも携わっておられ、幅広く活躍されているのだなと感じました。 NST、治験、抗がん剤のミキシング、手術部の見学など、学校では学べないことも沢山教えて頂きました。机上の勉強では培えないものを学べたと思います。
病棟での実習では薬剤師の先生方が患者さん一人一人に対して把握されており驚きました。また、言葉の選び方や、接し方にも気を配られており、そこから必要な情報を聞き出さなくてはならないことからコミュニケーションの大切さを学びました。
病院実習で学んだ経験を活かしてこれからも精進していきたいと思います。11週間ご指導頂きありがとうございました。

2017年度 第3期

京都薬科大学

お忙しい中11週間にわたり大変お世話になりました。病院での実習は、調剤業務や、薬務、医薬品情報、TDM、NST、緩和ケア、病棟業務など様々なことを経験することができ、大変勉強になりました。先生方の丁寧なご指導のおかげで、机上の勉強では決して学ぶことができないたくさんのことが学べ、とても充実した実習となりました。先生が出してくださった課題や毎日の調剤の処方箋から、自ら調べたり、他の実習生と考えたりすることで多くの知識を身に着けることができ、常に考える癖もつきました。特に病棟実習などで感じたことですが、現場になると自分の知識のなさが明らかになり、薬に関わっていく以上もっと勉学に励む必要があると痛感しました。この病院実習での経験を今後の学習や進路選択、就職活動に活かしたいと思います。薬剤部の皆様、丁寧にご指導していただき、本当にありがとうございました。

立命館大学

11週間の期間の中で先生方の丁寧なご指導の下とても充実した時間を過ごすことができました。調剤や製剤、TDM、リスク管理、薬務、情報収集などの色々な体験をさせて頂きました。また、ラウンド型のチーム医療(NST)に同行させていただき、チーム医療の中での薬剤師の働きを間近で見ることが出来ました。実習前までは栄養学の必要性も知らず、治療薬とはかけ離れたNSTで薬剤師が参加している事に驚き、その働きが担当する病棟に限定することなく院内全ての患者さんのサポートをしていることにも驚きました。病院内で薬剤師が各々の専門性を特化させて調剤や担当の病棟の外でも活躍している事を学べた事が一番の実りだと思います。自分が将来どのような薬剤師になりたいのかを病院薬剤師という漠然とした目標ではなく、どの様に活躍する薬剤師になりたいかを考えるためのヒントをいただけた気がします。貴重な体験を有り難うございました。

同志社女子大学

11週間、大変お世話になりました。最初は戸惑うことばかりで不安でいっぱいでしたが、先生方の親切で丁寧なご指導のおかげで充実した時間を過ごすことができました。滋賀医大での実習を通して、病院における薬剤師の役割について数多く学ぶことができました。無菌調製や化学療法部での抗がん剤のミキシング、TDM、DI、薬務など病院ならではの様々な業務を体験させていただき、病院薬剤師の業務の幅広さややりがいを実感しました。また、NSTや緩和ケアチームのカンファレンスにも同席させていただき、チーム医療を間近で感じるとても貴重な経験となりました。病棟実習では、実際に患者さんのところへ訪室することで服薬指導だけでなく、副作用モニタリングを行うことの必要性を強く感じました。さらに、患者さんにより良い情報提供をするために医師や管理栄養士など多職種の方と意見を交わす経験もさせていただきました。今回の実習での経験を糧に、今後より知識を身に付けていき、将来は先生方のような臨床現場で活躍する薬剤師を目指したいと思います。短い期間ではありましたが、お忙しい中、丁寧にご指導していただき本当にありがとうございました。

京都薬科大学

11週間という短い期間でしたが、非常に多くの経験ができる場を与えていただき、充実した実習をすることができました。お忙しい中、先生方には親切丁寧にご指導していただき本当にありがとうございました。病棟の実習において、先生方の患者さんへの気配りや、患者さんの表情から言葉にされていないことについても考えられているのを見て、今まで考えていなかったことに気づかされることが非常に多かったです。このことから、病院薬剤師としての心構えや患者さんとの接し方について考えることができました。また今回の実習で、現場で必要となる知識は薬剤だけではなく、疾患についてなど幅広い知識が必要になると実感しました。これからはただ勉強するだけではなく、薬剤師として働く上で必要だと感じた点を意識して勉強していきたいと思います。さらに、多くの薬剤師の先生の働く姿を見せていただき、自分が薬剤師としてどのように働きたいか考えるきっかけとなりました。

立命館大学

11週間にわたり、薬剤師業務を幅広く経験させていただき、充実した実習期間を過ごすことができました。NST・緩和ケアなどのチーム医療の見学もさせていただき、多種職の領域もしっかり理解した上で、情報共有を行い、薬剤師としての専門性を生かした提案ができることが大切だと学びました。特に、病棟実習では、医師や看護師の方に頼られている薬剤師の先生方の姿を見て、薬剤師が必要とされていることを実感できました。服薬指導では、患者さんの年齢に合わせて、わかりやすい言葉を用いて、話し方の工夫を行うことが難しいと感じました。先生方の患者さんとの接し方を見て、患者さんやそのご家族の方の気持ちに寄り添った服薬指導ができるようになりたいと思いました。実習で学んだことを生かして、患者さんや他の医療者の方にも信頼される薬剤師を目指していきたいと思います。最後に、お忙しい中、丁寧にご指導いただいた先生方、ありがとうございました。

同志社女子大学

滋賀医大病院では毎日たくさんの症例や薬剤に触れることができ、薬剤師の先生方も優しく丁寧に指導してくださったおかげで、とても充実した11週間を過ごすことができました。実習が始まった当初は病院薬剤師としての業務について全く知識がありませんでしたが、日々の実習の中で、調剤だけでなく、TPN調製や抗がん剤のミキシング、チーム医療への参加など病院薬剤師の活躍の場の幅広さを知ることができました。病棟実習では実際に患者さまとお話し、服薬指導や処方提案をすることで患者さまの症状の改善に貢献したり、他職種の方と連携し、薬に関して頼りにされる薬剤師の先生方の姿を見ることができ、病棟における薬剤師の存在意義を実感することができました。11週間という短い期間でしたが、貴重な体験をたくさんさせていただき、本当にありがとうございました。

立命館大学

11週間の実習期間には、お忙しい中、薬剤部の皆様には親切丁寧に温かくご指導いただきまして、ありがとうございしました。 実習では、調剤業務、抗がん剤のミキシング、TDM業務など、幅広い業務を経験させていただいたことに加えて緩和ケアチームのラウンドや栄養サポートチームのカンファレンスにも参加させて頂き、チーム医療における薬剤師の業務について学ぶことができました。病棟では、先生方の姿から、ひとりひとりの患者さんはもちろん、他の医療従事者と丁寧なコミュニケーションを取ることの重要性についても学ぶことができました。また、実際に医師に提案させて頂き、実習中に、患者さんの症状が軽減されたこと、無事退院されたことを確認できたことはとてもうれしく、貴重な経験となりました。今後は、実習を通して学んだことを活かし、最新の情報に関心を持ち、学び続けることのできる薬剤師となれるように励んでいきたいと思います。

立命館大学

11週間に渡る病院実習では、本当にお世話になりました。短い期間でしたが、先生方には丁寧に熱心に指導してくださり、たくさんのことを学ばせて頂きました。実習としては調剤や病棟業務、薬務、DI、TDM、製剤、ケモなどの業務に加えてICU、手術部、チーム医療にも見学の機会があり、今の病院薬剤師の業務内容のイメージを明確に持つことができました。その中で特に印象に残った実習が、複数の薬剤について情報収拾してわかりやすく発表するというDIの実習でした。その実習で行なった過程が病院薬剤師の業務の一つである医師への情報提供の基礎になる内容であり、情報収拾とその取捨選択、わかりやすく伝えるための工夫などの難しさを痛感したからです。今述べたこと以外にも今後の学生生活や将来の薬剤師人生に活かせる知識や気付きなどを得ることができました。本当にありがとうございました。

摂南大学

11週間という短い期間でしたが、大変お世話になりました。この実習を通して、調剤をはじめ、無菌調製、TDM、DI、薬務、NST、緩和ケア、病棟など数多くの業務を体験させていただき、薬剤師の業務の幅広さとその重要性について知ることが出来ました。また、実際に自分が調製したものが患者さんの元へ届くという責任の大きさを感じ、改めて薬剤師が人の命に関わる職業であることを実感しました。患者さんにとってより良い医療を提供するために薬剤師が出来ること・やるべきことは自分が思っていたよりも多く、病院薬剤師の魅力ややりがいを感じられる実習となりました。将来に向けて、薬に関する知識以外にも幅広い知識を身につけ、患者さんだけではなく他の医療従事者からも信頼されるような薬剤師になれるよう努力したいと思います。最後になりましたが、薬剤部の皆様、お忙しいところ親切丁寧にご指導いただき、本当にありがとうございました。

京都薬科大学

11週間にわたり、大変お世話になりました。調剤業務をはじめ、病棟実習、無菌調製、TDM、手術部やNSTや緩和ケアのチーム医療の見学など病院でしかできないことをたくさん経験させて頂き、薬剤師としてできる業務の幅広さを知ることができました。特に病棟では、服薬指導をさせてもらう機会があり、後からこう言えたら良かったと反省することも多く、会話の流れから副作用状況や服薬状況などの必要な情報を聞き出していくことの難しさを感じました。また、実際に患者さんに説明することで、話す相手によって話し方や説明の仕方に工夫することや患者本人だけでなくその家族の気持ちや負担を考えることの大切さを学ぶことができました。この実習で得た知識や経験を、これからの勉強に活かしていきたいと思います。お忙しい中、丁寧にご指導してくださった薬剤部の先生方、本当にありがとうございました。

京都薬科大学

11週間の実務実習では、薬剤部の先生方に親切丁寧にご指導いただきとても充実した毎日を送ることができました。調剤だけでなく、無菌調剤、緩和ケア、NST、TDM、化学療法、ICUや手術部見学など病院でしか学べない様々な経験をさせていただき、チーム医療の一員として活躍されておられること、薬について他職種からの信頼されていることを実感しました。改めて、病院薬剤師として働くやりがいや魅力を感じることができました。病棟では、持参薬管理や服薬指導を行いました。薬の副作用を訴えられる患者さんが多く、一人一人にあった服薬指導をする工夫や副作用を未然に防ぐ対策をしっかり伝えることの重要性を感じることができました。この病院実習で学んだ知識・経験を活かして、薬剤部の先生方のような、患者さんに信頼される立派な薬剤師になれるように努力していきたいと思います。ありがとうございました。

2017年度 第2期

同志社女子大学

11週間、薬剤部の方々には大変お世話になりました。実習が始まってすぐは、慣れない環境で不安ばかりでしたが、皆さんとても親切にして下さり、分からないことがあれば一つ一つ丁寧に教えて下さり、次第に不安も解消していきました。調剤業務以外にも、TDM、薬務、DI実習など様々な業務を体験させていただき大変勉強になりました。また後半の病棟実習では、医師や看護師をはじめとする様々な職種の方と薬剤師との関わりを見ることができました。その他にも、緩和ケアやNSTのラウンドにも参加させていただき、チーム医療も実際に体験することができました。病院での薬剤師の業務は多岐にわたり、薬剤師として薬学的知識だけでなく、幅広い治療への知識も必要だと感じました。この病院実習で学んだことを生かし、立派な薬剤師になりたいです。本当にありがとうございました。

立命館大学

11週間の実習では様々な経験をすることができました。調剤や病棟実習だけでなく、無菌調製、化学療法部で抗がん剤のミキシングや副作用マネジメント、栄養・輸液に関わるNSTや緩和ケアチームのカンファレンス参加、TDMなど実習前に想像していたより多くの体験をすることができました。どの場面でも薬剤師の先生方や事務の方々が丁寧に教えてくださりわからないことがあればすぐに相談することができました。特に病棟実習では、大学で学ぶ機会の多い薬の作用機序や病態の知識以外に、患者さんに説明する際には起こりやすい副作用や日々の生活で気を付けるべきこと、食事や栄養素の知識などがあると、患者さんの生活にあった説明やアドバイスができるので幅広い知識を身につけていくことが大切だと改めて思いました。実習を通して、病院での業務を知るだけでなく将来、患者さんから頼りにしてもらえるような薬剤師になりたいという理想像を描くことができました。お忙しい中、丁寧にご指導していただきありがとうございました。

同志社女子大学

11週間の実務実習を通し、数多くの貴重な経験をさせていただき、充実した日々を過ごすことが出来ました。調剤実習をはじめ、病棟実習、製剤や化学療法、DI、TDM、NST、緩和ケアなど様々な業務を経験させていただき、薬剤師の業務の幅広さややりがいを感じました。病棟実習では、さまざまな患者さんの服薬指導、副作用モニタリングをさせていただき、伝え方や情報収集の難しさを感じるとともに、先生方のお姿を見て、一人ひとりの患者さんにあった関わり方があり、工夫が大切であることを学びました。患者さんや他職種の方々と関わりのある中で、薬剤師としての責任の重さや求められる専門性を実感し、自分自身に不足しているものを再確認しました。ここで得た知識、経験を活かし、今後さらに学びを深めていきたいと思います。お忙しい中丁寧にご指導してくださり、本当にありがとうございました。

立命館大学

11週間にわたる実務実習大変お世話になりました。薬剤師の先生方にはお忙しい中、丁寧にご指導いただきまして本当にありがとうございました。病院での実習は初めてのことばかりで戸惑うことも多くありましたが、先生方にはその都度やさしく教えていただきました。病院実習では調剤以外にも、抗がん剤のミキシングやDI実習、手術部見学、病棟実習、緩和や栄養などのチーム医療の見学など、学生生活や薬局実習では体験できないことを多く学び成長することができました。特に病棟実習では、説明時の言葉の選び方や自然な話の流れなどを考えながら服薬指導を行うことができるようになりました。はじめは緊張し、上手に話すことはできませんでしたが、先生方の服薬指導を見学することで私も先生方のようになりたいと思い、がんばることができました。これからもこの経験を大切にしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

大阪薬科大学

11週間という短い期間ではありましたが、滋賀医大での実習は非常に密度が濃く、様々な事を学ばさせていただきました。実習が始まる前は不安でいっぱいでしたが、先生方が優しく丁寧に指導して下さり無事に実習を終えることができました。実習中は毎日が新しいことばかりでとても新鮮で充実していました。病棟では持参薬報告、服薬指導、副作用モニタリングを行い、病棟での薬剤師業務を経験することができました。患者さんへの薬の説明の仕方や患者さんの話の聞き方は患者さんのコンプライアンスに直結するため非常に重要ですが、最初は上手くできませんでした。しかし、先生方の話し方・聞き方を毎日見て学び、真似をして実践していったところ少しではありますが最初に比べて上達したように感じます。 今回の実習で学んだことを就活や国家試験の勉強、そして将来薬剤師になってからにも活かしていきたいと思います。薬剤部の先生方、実習生に恵まれていて毎日がとても楽しかったです。滋賀医大で実習をすることができて本当に良かったです。ありがとうございました。

大阪薬科大学

11週間という短い実習期間でしたが、お忙しい中薬剤師の先生方から丁寧にご指導頂き大変お世話になりました。錠剤や注射剤などの調剤をはじめ薬務や無菌調製、TDM、手術部見学、NSTや緩和ケアのカンファレンスの参加、DI、治験など様々な実習をさせて頂きました。また、医学部生との交流やメディカルミュージアム見学もあり大変勉強になりました。病棟実習では、持参薬鑑別をはじめ他の医療従事者とのコミュニケーションの大切さや患者さんとの対応の難しさを学びました。先生方のように患者さんと自然と会話出来るようになりたいと思いました。また、薬剤の知識だけでなく疾患の病態や具体的な症状についての知識も豊富でなければならない事を実感しました。病院薬剤師ならではの多様なお仕事に直接触れることができ、とても有意義な実習生活を送ることが出来ました。有難うございました。この実習で学んだ事を今後の学校生活や将来に活かせるように邁進していきたいと思います。

京都薬科大学

当院での実習を通して、私自身、初めての実務実習ということもあり、至らない点ばかりが目立ちましたが、薬剤師の先生方の温かい御指導の下、病院薬剤師の具体的な業務内容、臨床における薬剤の知識、医療従事者としての自覚など、大学では得られないような多くのことを学ばせていただきました。中でも、一番印象に残った実習として、病棟での服薬指導があげられます。服薬指導では、単に添付文書上の情報を患者さんに説明するのではなく、会話の中からたくさんの情報をいかに引き出すか、患者さんに不安を与えないよう副作用についていかに説明すればよいかなど、多くの工夫がなされていることを学びました。また場合によっては、患者さんに見合った必要な薬の情報を記載した説明書の作成・配布などの心遣いが必要であることも強く感じました。実習で得た有意義な経験を基に、今後は、更なる薬学の知識の習得はもちろんのこと、先生方のような立派な薬剤師を目指して、日々精進していこうと考えております。最後に薬剤師の先生方、お忙しい中、御指導の程、心より感謝申し上げます。

神戸薬科大学

私が今回の実習を通して一番印象に残った実習は、化学療法の副作用のマネジメント課題に基づきカンファレンスを行ったことでした。一人一つのテーマを与えられそれについて調べ、カンファレンスを行いましたが、準備の段階ではこれで大丈夫かな、と思っていたのですが、いざ話し合いがはじまり質問されたときに戸惑うことが多かったです。薬剤を提案していましたが、具体的に薬の用法・用量について調べておらず、また先生に提案した薬剤ではない現在第一選択薬とされている薬がある事を指摘され、自分が薬剤師の卵であるのにもかかわらずこんなミスをしてしまったことがとても恥ずかしかったです。今回の実習を通して、私が社会に出てからちゃんと役立つ薬剤師になれるように、これからより知識を身に着けていき、いきなりは無理でも職に就いてから日々努力を惜しまず勉強し、臨床の現場で必要とされる薬剤師になれるように頑張りたいと思いました。

神戸薬科大学

病院実習の二か月半大変お世話になりました。計数調剤、製剤、病棟、NSTや化学療法の実習などいろいろなことを経験させてもらい、とてもいい経験になりました。特に印象に残っているのは、化学療法の実習で、抗がん剤については、副作用モニタリングや患者さんへのケアに特に注意を払っているということが伝わってきました。チーム医療に参加させてもらうこともあって、患者さんを中心として医療人が自分の専門の知識を活かしている姿をみて、自分も薬剤師になった時に、薬剤師の専門性を活かせる人になりたいなと感じました。薬剤師の先生もとても丁寧に分からないことを教えてくださったことに感謝しています。今回の実習は病院の薬剤師の業務を知る上でとても貴重な経験になりました。

立命館大学

11週間お忙しい中、たくさんのことを丁寧にご指導いただきありがとうございました。11週間の病院実習を通して調剤、製剤、TDM、薬務、医療チーム、病棟業務など数多くのことを学ぶことができ大変勉強になりました。実習前半では、調剤室での基本的な業務を学ぶことが出来ました。実習後半では、病棟に行って実際に患者さんとのコミュニケーションを図ることが出来ました。病院では、患者さんが常に近い距離にいるので顔も覚えてもらったりして、つながりのある服薬指導を行うことが出来ました。病棟では薬剤師だけでなく医師や看護師などたくさんの医療人がいらっしゃってカンファレンスなどの様子も見学することが出来たので貴重な経験となりました。11週間とても楽しく学ぶことができました。  今回の経験を生かして将来は専門的な知識を持ち信頼関係をもってもらえるような責任感のある薬剤師を目指していきたいと感じました。

京都薬科大学

今回の実習では、様々な経験をさせていただきました。その中で、私が一番印象に残った実習は、病棟での実習です。抗がん剤治療を受けておられる患者さんに副作用が現れていないか様子を見に行った時のことなのですが、昨日まではとても元気にしておられた患者さんが明らかに副作用の影響で衰弱しておられました。たった1日でここまで患者さんの状態が急変するのかととても驚きました。この時私は、患者さんから副作用の聞きとりをする予定だったのですが、その状態を目にした瞬間何も言葉を発せなくなりました。しかし、このような状況に臆することなく薬剤師の先生は、患者さんの負担にならないように、必要最低限の副作用の聞きとりを始めました。患者さんの状態を見て、短時間で要点を抑えた話をすることの大切さを実感しました。私もこのような辛い状況にある患者さんの助けになれるように一刻も早く先生方のような立派な薬剤師になりたいと思います。

立命館大学

11週間の長期実務実習において、調剤、TDM、薬務、製剤等の様々なことを経験させていただきました。慣れないことが多く、先生方には大変ご迷惑をおかけしました。長期実務実習において、最も印象に残っているのは病棟実習です。病棟実習では、薬剤師の方々の患者さんへの接し方などを近くで拝見させて頂きました。患者さんの訴えや現在の病状、困っていることなどを患者さんの視点で考えることで薬剤師としてどのようなサポートをすべきかを学ぶことが出来ました。また、病棟実習ではがん患者さんとお話をする機会が多かったのですが、がん患者さん一人ひとりに合わせた対応をすることは難しいと感じました。先生方は、お忙しい中でも困っていることや分からないことなどご丁寧にご指導してくださり、非常に勉強になりました。今後、今回の長期実務実習で学んだことを活かし、先生方のような患者さんに信頼してもらえる薬剤師になれるよう学業に励みたいと思います。11週間本当にありがとうございました。

2017年度 第1期

京都薬科大学

滋賀医科大学の実務実習では調剤に始まり、病棟や化学療法部の業務やチーム医療のNSTや緩和医療に同行させて頂き、様々な経験をさせて頂きました。その中で私が最も印象に残った実習は化学療法部での実習です。ガン患者さん、またそのご家族の気持ちを踏まえた服薬指導や患者さんのライフスタイル及び治療の目標を考慮して行う薬物療法は患者さん毎で多種多様でした。ガン患者さん一人一人に合った対応を行うことは非常に困難であると学び、それらの業務を行われている薬剤師の先生はとてもかっこ良く印象に残りました。滋賀医科大学の薬剤師の先生はお忙しい中、とても優しく丁寧にご指導して頂きました。先生のような薬剤師になれるようこれからも日々の勉強をがんばっていこうと思います。11週間ご指導頂きありがとうございました。

京都薬科大学

11週間、お忙しい中丁寧に御指導いただきありがとうございました。 この病院実習を通じて、医療現場で働くことの責任の重さや命と向き合うこと仕事のやりがいについて学べたように思います。 調剤業務はもちろんですが、TDM、院内製剤の調整、手術部の見学、栄養・緩和ケアなどの医療チームの見学など様々な病院業務を体験させていただき、貴重な経験となりました。 その中でも、特に印象に残っていることは病棟での業務です。 はじめは実際に服薬指導をさせていただき薬を飲まれる患者さんを前にすると、何をお話していいか分からず業務的にお薬の飲み方をお伝えするだけになってしまいました。 薬剤師の先生は、カルテの情報から患者さんの病状を推測し、副作用が起こっていないか簡潔に質問して患者さんからもうまく情報を収集されて服薬指導に反映されていました。 回数を重ねるとともに、患者さんにもうまくお話できるようになり患者さんのほうから薬について質問していただけたときは信頼関係を築けたようで本当にうれしかったです。 私も先生方のような素敵な医療人になれるように、より一層熱心に勉強に取り組んでいきたいと思います。

立命館大学

滋賀医大病院では調剤以外にも様々な部署での業務を経験させて頂き、充実した11週間でした。知識面ではもちろんのこと、医療チームへの参加や病棟での患者さんとの関わりを通して、病院で働くことのやりがいを感じるとともに、自分の医療人としての姿勢・態度を見つめ直し、成長することができました。実習中には11人の実習生の仲間と切磋琢磨し、さらに医学部の実習生やマレーシアの薬学生と意見交換する機会も設けて頂き、非常に貴重で有意義な学びの機会となりました。先生方はお忙しいにもかかわらず、困ったことやわからないことはないか常に気にかけてくださり、また、チューターの先生方には学習面でのアドバイスなども親身になってしていただき、気軽に先生と話しやすい環境で毎日実習に励むことができました。今回の実習で得た知識や経験を活かし、立派な薬剤師になれるよう努力します。本当にありがとうございました。

同志社女子大学

11週間、調剤や服薬指導だけでなく、薬務やTDM、NST、緩和ケアチームなどたくさんの業務を経験させていただき、充実した時間を過ごすことができました。先生方がこのように様々な場所で活躍されている姿を見て、薬剤師のやりがいを感じることができました。特に印象に残っていることは、チーム医療において他の医療スタッフと協力し、それぞれの患者さんにとってどのようなケアがよいのか考えている姿でした。患者さんの身になって考えていくことの大切さを学びました。また、病棟業務では、服薬指導の難しさを痛感しました。服薬指導を行うには多くの知識とコミュニケーション能力が必要であるということがわかりました。今後、この実習で学んだことを活かし、先生方のような薬剤師になれるよう努力していきたいと思います。恵まれた環境で実習をさせていただいたことに本当に感謝しています。お忙しい中、丁寧にご指導いただきありがとうございました。

同志社女子大学

はじめは不安でいっぱいでしたが、先生方に温かく丁寧にご指導して頂きとても充実した11週間を過ごすことができました。調剤をはじめ、治験やTDM、化学療法部や手術部見学のほか、NSTや緩和ケアなどのチーム医療といった病院ならではのさまざまな業務を体験させていただきました。その中でも最も印象的だったのは病棟での実習で、患者さまにお配りした薬が実際に飲まれていて、命に携わる職種だということを強く実感しました。また病棟では、先生方が患者さまのキャラクターや他の職種の医師や看護師に対し、臨機応変に接されている所に薬剤師のコミュニケーション能力の重要性を感じました。実際に臨床での服薬指導の経験は私にとって大きな学びとなりました。 病院実習での貴重な経験から、医療現場で必要とされる薬剤師の役割を学ぶことができました。今後は先生方のような立派な薬剤師になれるように努力していきたいです。 本当にありがとうございました。

京都薬科大学

11週間という短い期間を通して、先生方の温かく丁寧なご指導のもと本当に充実した時間を過ごすことができました。病院内での何もかもが初めてのことばかりで、少しでも沢山のことを経験しようと思っているうちにまたたく間に実習期間が過ぎてしまいました。実習を通して痛感させられたのは、薬学的知識の不足とコミュニケーション能力が低いことでした。病棟では他の医療従事者と連携をとって情報共有し、患者さんとの信頼関係を構築していくことが難しく感じました。この経験を活かして学生生活を通し一対一対応で勉強するのではなく、柔軟に対応できるような薬学的知識を増やし、あらゆる人々と関わりコミュニケーション能力を高めていきたいと思います。また、貴重な経験を忘れず、将来患者さんのニーズにこたえられるような職種に携わりたいと考えています。本当にありがとうございました。

立命館大学

滋賀医大病院で非常に多くの経験をさせて頂き、誠にありがとうございました。調剤やTPN、ミキシング、リスク管理、情報収集、薬務などを体験でき、学校では学べなかったことを学べたので大変勉強になりました。病棟実習では、他の医療スタッフと連携して患者さんの治療に携わることができ、チーム医療の大切さ、そして患者さんがより良い医療を受けれるようにするにはどのようにしていくのかということについて学ぶことができました。また、NSTや緩和ケアのカンファレンスに参加させていただき、情報共有の重要性や他の医療従事者の知識についても学ぶことができました。今回の実習で学んだことや体験したことを将来の人生や仕事に活かして、社会に貢献していこうと思います。11週間という短い期間でしたが、本当にありがとうございました。

立命館大学

11週間の実習は大変充実しており、多くのことを学ぶことが出来ました。調剤業務や病棟業務に加えDI実習、TDM、無菌製剤、抗がん剤のミキシング、ICUや手術部の見学、NSTや緩和ケアチームのカンファレンス等、薬剤師としての幅広い役割を経験することができました。特に、病棟実習では、患者さんとのコミュニケーションを通して薬の知識の必要性や、患者さんとの関わりの重要性を学び、病院における薬剤師の役割を間近で感じることができました。実習を通し、将来薬剤師として患者さんと関わり、より良い治療に貢献したいという意志が強まりました。実習で学んだことを今後の勉強に活かし、先生方のような立派な薬剤師になりたいです。お忙しい中、丁寧で熱心な指導をしてくださった先生方、本当にありがとうございました。

京都薬科大学

11週間にわたり大変お世話になりました。第1期の実習ということで、不安も多かったですが、薬剤師の先生方ご指導によって、非常にたくさんの経験を積むことができました。病院の調剤業務やチーム医療への参加に加えて、新規採用医薬品の説明会などが刺激的でした。病棟ではさまざまな患者さんに接する機会をいただき、情報を引き出すための質問の方法や、服薬指導の際には相手がこちらの説明を理解しているかどうかの判断など、実際に経験することで難しさを実感できました。この実習を通して、知識の不足を自覚したのはもちろんですが、医療の現場で薬剤師に求められるものについての見解が深まってきました。また、日々の業務がある中、期日までに計画的に物事を進めていく重要性も学ぶことができました。この実習で学んだことを、次の実習や国家試験さらには将来の仕事に生かせるように頑張りたいと思います。

立命館大学

11週間、薬剤部の先生方には大変お世話になりました。 前半の実習では、主に調剤やTDM、薬務などたくさんのことを経験させていただきました。 慣れないことが多く、ミスをすることも多かったのですが先生方には優しく丁寧に指導していただきました。また、後半の実習では病棟での服薬指導やチーム医療の見学をさせていただき、臨床現場における薬剤師の役割について学ぶことができました。病棟では、多くの患者さんの服薬指導をさせていただき、患者さんそれぞれに合った服薬指導はどういうものなのかについて実践をもって考えることができました。 これからも、病院実習で学んだことを活かし勉学に励んでいきたいと思います。 お忙しい中、親身に指導していただきありがとうございました。

京都薬科大学

私は薬剤の用量、用法についての知識はある程度ありましたが、実際にそれらを服用するうえでの注意点や、患者さんに伝えるべき内容などについて知識が乏しかったのですがこの病院実習を通して多くのことを勉強させて頂きました。私は母子診療科の病棟の担当であったため妊婦さんと接する機会が多く、鉄剤や便秘薬の服薬指導で言うべきこと、薬の特性について詳しくなりました。1期の病院実習で服薬指導を通して患者さんと接することが初めてだったので緊張しました。配薬の初日、便秘薬は排便の様子を見ながら自己調節できること、鉄剤を服用して胃がむかむかする場合は胃腸薬とともに服用することなどの知識もなかったため上手に指導ができませんでしたが、担当薬剤師さんに丁寧に教えてくださり当日の患者さんの体調を伺い、配薬に行くのが初めての患者さんには初回面談も行えるようになりました。臨床現場で働くことにおいて求められるスキルを学んだため、これを忘れず今後に活かしていきたいです。

京都薬科大学

実習前は不安でいっぱいでしたが、親切丁寧にご指導いただき、また多くの経験をさせていただき大変充実したものとなりました。内外用や注射で調剤した薬剤や抗がん剤、TPNなど実際に調製した薬剤が患者さんに届けられているのを側で見て、薬剤師は改めて命に関わる責任のある重要な役割を担っていることを実感しました。
病棟では薬剤だけでなく、様々な疾患とそれに向き合う患者さんと関わることができ、考えさせられることや学ぶことが多く大変勉強になりました。初めての服薬指導は緊張し、コミュニケーションをとることの難しさを痛感するとともに、患者さん個々の理解度や状態に応じた服薬指導を行うことの重要性を学びました。またチーム医療では緩和ケア、NSTに参加し他職種との連携や薬剤師の役割について学ぶことができ貴重な経験になりました。
最後になりますが、ご指導いただいた先生方、本当にありがとうございました。実習で学んだことを糧にし、立派な薬剤師になれるよう頑張ります。

2016年度 第3期

同志社女子大学

実務実習を通じて、本当に多くの貴重な経験をさせていただき、充実した11週間を過ごすことが出来ました。薬局の実習のあとということもあり、名前だけ知っている先発品も多かったですが、後発品のメーカー違いはPTPシートのデザインが違うので慣れるまでは違和感がありました。病棟実習では、様々な患者さんと関わる中でコミュニケーションの取り方や患者さんに合わせた薬物治療について学ぶことが出来ました。毎回同じ患者さんに服薬指導に行く事で、患者さんに覚えて頂きスムーズに会話が出来るようになりました。緩和ケアチームやNSTといった他職種の方々と一緒に行うチームにおける病院薬剤師の役割についても実際の活動を見学させていただき、大変勉強になりました。この実習で学んだことをこれから活かしていきたいです。 お忙しい中丁寧にご指導してくださった先生方、本当にありがとうございました。

立命館大学

11週間本当にお世話になりました。実習では処方箋の調剤、注射、院内製剤、化学療法、TDM、緩和ケア、ICU、手術部見学、NSTなど本当に多くのことを体験させていただきました。病棟実習では、医師や看護師の方から薬について質問されたりし、薬剤師のチーム医療での存在感が大きくなってきていると感じました。また、患者さんとも多く話すことができ、患者さんや他の医療従事者の方から質問された際自分の知識のなさを痛感することが多かったので、これからもっと学んでいきたいと感じました。忙しい中11週間優しくご指導していただきありがとうございました。

京都薬科大学

11週間の実務実習では、お忙しい中薬剤師の先生方にとても熱心に指導をしていただき、充実した実習生活を送ることが出来ました。調剤業務をはじめ、TPNや院内製剤の調製、TDM、抗がん剤のミキシング、DI実習、医薬品の納品・発注、緩和ケア、NST、手術部など病院でのさまざまな業務について学ばせていただき、その幅広さと重要さを知ることが出来ました。病棟実習では、患者さんのもとへたくさんいかせていただきました。患者さんひとりひとりにあった服薬指導をするためには、専門的な知識やコミュニケーション能力が必要であることを実感しました。この実習で学んだこと、経験したことを活かし、患者さんやほかの医療従事者のかたから信頼される薬剤師になれるよう頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

立命館大学

11週間ありがとうございました。病院での薬剤師は、調剤、製剤、抗癌剤、病棟業務、NST、薬務、TDMなど非常に多岐にわたる仕事あるため、様々なことを学ぶことができました。病棟では患者さんのもとに何度も行くことで、患者さんとの信頼関係が生まれ、疑問や不安に思っていることを聞くことができます。薬のことであれば解決でき、他のことでも多職種と連携をとることで解決できることができることが病院のよいところだと実感しました。今回の経験を活かして、先生方のように社会で活躍する薬剤師を目指していきたいです。お忙しい中、丁寧にご指導して下さった先生方、大変貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました。

大阪薬科大学

53日間、薬剤部実習生として受け入れて頂きありがとうございました。ご迷惑をおかけしてしまうこともあり申し訳なかったです。病院実習中は日々新しいことに直面し、失敗することも多々ありました。その都度に、薬剤部の先生方や他大学の実習生から助言を頂くことで乗り越えることができました。教えて頂いたことを忘れずに今後の薬剤師人生に活かしていきたいと思います。また、患者さんから励ましの言葉を頂くこともあり薬剤師としてのやり甲斐はここにあると実感しました。 実習中に心に残った言葉があります。それは「ただ薬を配りに来る人にならない」、「くすりの専門家として、心ある良質な医療を提供する」というものです。薬の向こうに患者さんがいる、患者さんの命を支えているという意識を忘れてはならないと感じました。

京都薬科大学

2ヶ月半大変お世話になりました。この実習では、決して机上では学ぶことのできない様々なことを経験させていただき、貴重な時間を過ごすことができました。一番印象に残っているのは病棟実習です。先生方の患者さんと接する姿を見て、薬剤師のあるべき姿を学ぶ事ができました。患者さんが聞こえやすいように少し近づいて話す、ゆっくり話すなどの工夫が大切であると学びました。私は今まで、服薬指導はお薬の説明がメインだと思っていましたが、薬剤師の先生方の服薬指導を見て、患者さんからの情報収集が一番大切であり、予め何を聞くか、何を話してもらうかを考える必要があることを学びました。また、先生方から病態や検査値、実際の臨床現場での薬の使い方などを丁寧に教わり、より勉強への意欲がわきました。この実習で学んだ知識や経験を活かし、これからも精進していきたいと思います。本当にありがとうございました。

京都薬科大学

2ヶ月半にわたってお世話になり、ありがとうございました。病院実習では調剤をはじめとして、病棟での実習、チーム医療、化学療法、TDMなど、病院でしか学ぶことのできない部分をたくさん学ぶことができ、本当に貴重な体験をさせて頂けたと思っています。実習に取り組んでいく中で、患者さんとの関わり方であったり、薬の知識であったりと自分に足りない部分がたくさん見えてきましたが、先生方の丁寧なご指導のおかげで、少しずつ補っていくことができました。特に、患者さんとの関わり方はどのようにしたらいいか考えることが多かったのですが、先生方が患者さんとお話しされている姿を見て、自分も先生方のようになりたいと頑張ることができました。  至らない点も多くありましたが、2ヶ月半ご指導頂き本当にありがとうございました。この実習で学んだことを今後に生かしていきたいと思います。

摂南大学

11週間お世話になりました。薬剤師の先生方にはお忙しい中とても丁寧にご指導していただき、本当に多くのことを学ぶことができました。調剤業務の他、無菌製剤、抗がん剤のミキシング、TDM、ICUや手術部の見学、NSTや緩和ケアチームのカンファレンスへの参加など様々な経験をすることができました。特に病棟実習が印象に残っています。病棟では服薬指導の難しさを実感しました。患者さんの個性が様々で、ある患者さんではうまく行っても、別のある患者さんではうまくいかないこともあり、患者さんにあわせて話をするのは難しいと感じました。また、大学での勉強だけでは学べない臨床の現場での知識を学ぶことができました。今回の実習で薬剤師の臨床での様々な活躍を見て、自分の知識の無さを改めて痛感しました。この病院実習で学んだことを今後の勉強、将来に活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

京都薬科大学

2ヶ月半の実務実習では、薬剤師の先生方にとても丁寧な指導をしていただき、とても充実した実習生活を送ることが出来ました。 調剤業務をはじめ、TPN調製、TDM、抗がん剤のミキシング、薬務、DI、緩和ケア、NST、手術部など、病院でのさまざまな業務について学び、病院薬剤師の業務の多様性とやりがいを感じることができました。しかし、自身の知識不足を痛感し、まだまだ学ばなければならないことが多くあると感じました。
病棟実習では多くの患者さんと関わることができ、医療を学んでいるという実感が湧くとともに責任の大きさを痛感しました。この経験を糧に先生方のような立派な薬剤師になれるように邁進していきたいです。

摂南大学

2ヶ月半の実習大変お世話になりました。実習の中で注射剤や内服薬の調剤、製剤やTDMなど様々な体験をさせて頂きました。自分で手を動かした体験は、教科書の中の知識とは違い、自分の中で強く印象に残る知識となりました。また、NSTや緩和ケアのカンファレンスの参加、手術部の見学をして薬剤師が医師や看護師、栄養士などいろいろな専門職と関わり活躍していることを知りました。薬剤師が専門性を活かせる場は、調剤室だけでないことを実感しました。実習の後半では病棟実習が主になり、私はとても緊張する性格なので患者さんと話す時、十分な情報を患者さんに提供できるか不安でしたが、先生方がアドバイスを下さりだんだんと話せるようになりました。患者さんと話す時に何を大切にすれば良いかを沢山教わりました。忙しい業務中に時間を割いてご指導くださった先生方、本当にありがとうございました。

立命館大学

二ヶ月半、ご指導いただきありがとうございました。Ⅱ期に薬局実習を終えてから、今期の病院実習を迎えたので、既に学んだ薬局薬剤師の役割と、病院薬剤師の違いをより感じることができながらの病院実習でした。後半一ヶ月間行った病棟業務が最も印象的ですが、他にも、注射剤の取り扱い、無菌製剤、抗がん剤のミキシング、緩和ケアやNST等チームケアへの参加、手術前の麻酔導入の見学など、薬局ではできなかった業務をたくさん経験することができました。二ヶ月半という期間は長いようで思い返せばあっという間で、病院の様々な面を見ることができ、とても貴重な経験になりました。この二ヶ月半で学んだことを今後の薬剤師生活に生かしたいと思います。

立命館大学

2か月半の間、薬剤部の先生方をはじめ多くの方々にご指導いただき本当にありがとうございました。薬剤部では注射剤の調剤、医薬品卸業務、TDM、化学療法部、手術部見学、病棟ではNSTや緩和ケアチームのカンファレンスへ参加し、病院薬剤師の幅広い業務やチーム医療への参加を経験することができました。  病棟では慣れないことも多く不安や緊張もありましたが、患者さんとの関わりを通して副作用や問題点を見つけ出し、それをすぐに患者さんにフィードバックして症状が改善された時には病院薬剤師の魅力を感じました。専門的な薬に関する知識だけでなく疾患や病態などについても必要とされることを痛感しました。勉強会にも積極的に参加し、症例報告や医薬品・医療機器について学び日々勉強していかなければならないのだと感じました。   この実習を通して学んだことを今後の大学生活や進路選択へと活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

2016年度 第2期

大阪薬科大学

11週間お世話になりました。病棟実習では実際に患者さんだけでなく、医師や看護師の先生方ともお話しする機会を設けていただき、 薬剤師のやりがいを肌で感じることができました。少しずつですが、薬剤師の存在は病棟でも大きくなってきていると感じます。 だからこそこれから薬剤師になる私たちがしっかり知識を身につけ、責任を持って積極的にチーム医療の一員に入っていく必要があると考えます。 また実習を終えて今感じることは、実習生という立場でも患者さんに対してできることはたくさんあって、必死でやっていれば患者さんには伝わるということです。 患者さんの役に立ちたいという気持ちが大切だと身をもって実感しました。このような素敵な経験をさせていただいた先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。

立命館大学

11週間という短い期間の中で、薬剤部の先生方の親切で丁寧なご指導によりとても内容の濃い充実した日々を過ごすことができました。 実習では、薬品の知識はもちろんのこと、院内製剤やTDM、服薬指導など他では体験できない貴重な経験をさせていただき、多くのことを学ぶことができました。 緩和ケアチームやNSTの活動を見学させていただいた際には、患者さんのために各職種が専門知識を活かして意見交換をされておられ、 チーム医療の重要性について学ぶとともに、薬剤師の先生方の積極的な意見されている姿を拝見し、薬剤師のチーム医療における重要性について知ることができました。 今回の実習で薬剤師の医療現場での様々な活躍を拝見させていただき、自分の知識不足を痛感しました。私も先生方のように、自己研磨に努め、 患者さんや医師、看護師のような他の医療従事者から信用される薬剤師になれるよう、今後の学びに今回の経験を活かしていきたいです。

神戸薬科大学

11週間の実務実習期間中、とても充実した日々を過ごすことが出来ました。調剤や製剤業務はもちろん、化学療法部や、手術部見学、TDMや治験薬管理、 病棟での活動など病院でしか出来ない貴重な経験をさせていただき、薬剤師が様々な場面で活躍していることを実感しました。 また、NSTや緩和ケアチームではチーム医療について学び、チームの中で薬剤師としての役割を発揮するためには専門的知識とコミュニケーション能力が必要であることを実感しました。 病棟実習では服薬指導を経験し、患者さん一人ひとりと向き合うことの大切さを学ぶことが出来ました。病棟実習の最後に、 介入していた患者さんと保護者の方から感謝の言葉をいただいたのがとても心にのこっていて、薬剤師としてのやりがいを強く感じました。 今後はこの実習で教えていただいたこと、経験したことを活かし、先生方のような患者さんや他の医療従事者に信頼される薬剤師になれるように努力していきたいと思います。 お忙しい中丁寧に指導してくださった薬剤部の先生方、本当にありがとうございました。

京都薬科大学

実務実習では主に二つのことについて学ばせていただきました。 一つ目は調剤業務において、処方箋を見て投与量が適切か、併用禁忌の薬が処方されていないかなどを常に考えて調剤しなければいけないということです。 処方箋を見て患者さんがどういう症状かを推測することはもちろん、検査値によって減量しなければいけない薬がないかに注意して調剤することが大切だと感じました。 二つ目は服薬指導における患者さんとのかかわり方です。患者さんの症状や年齢に応じて、一人ひとりに合わせた服薬指導を心がけることが大切だと感じました。 また、患者さんがどういった情報を必要としているか、何を不安に思っているかを服薬指導の中で引きだして、考慮したうえで服薬指導を行うことが大切だと感じました。 病院での実務実習では薬局では学べないことを多く学ぶことができ、薬剤師としてのやりがいを感じることができるとともに、就職活動での幅が広がりました。

立命館大学

11週間という短い期間でしたが、先生方にはたいへんお世話になりました。臨床の場のことは何も知らずたくさんご迷惑をおかけしたと思いますが、 先生方が優しく丁寧にご指導して下さったおかげで、とても充実した実習となりました。滋賀医大病院では、調剤業務以外にTPN調製、抗がん剤のミキシング、 TDM、ICUや手術部見学、NST、緩和ケアなど病院ならではの業務を体験できました。また、今まであまり詳しく知らなかったDI業務や医薬品管理業務について学ぶことができました。 病棟では、患者さんとの会話や、医療従事者との関わりの中で、コミュニケーション力や薬学的知識が必要とされていると感じました。薬剤師の仕事は多数あるけれど、 どれもやりがいのある仕事だと思いました。今回の実習で得た知識や経験を今後の学習や進路決定に活かし、先生方のような薬剤師になれるよう頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

同志社女子大学

実習が始まる前は不安でいっぱいでしたが、先生方の優しく丁寧なご指導のお陰で毎日楽しく、充実しながら11週間の実習を終えることができました。 調剤や製剤業務だけでなく、緩和ケアやNSTのチーム医療への参加、TDM、病棟業務、薬務、治験、情報室業務など様々な業務を経験させていただき、 机上では学ぶことのできない幅広い知識を得ることができました。特に、私が一番印象に残っているのは緩和ケアチームのカンファレンスに参加したことです。 緩和ケアチームでは患者さんの痛みや病態のことだけでなく精神的なことや経済的なこと、患者さんのご家族のことまでフォローされているのだと初めて知り、 患者さん一人一人に合った対応をされていて感動しました。今回の実習で学んだことを活かせられる薬剤師になるため、今後も勉強を頑張ろうと思いました。 最後になりますが、薬剤部の皆様、本当にありがとうございました。

立命館大学

11週間、ご指導いただきありがとうございました。薬のことだけでなく、大学の講義では学ぶことのできない多くのことを経験させていただきました。 病棟での実習を始め、NSTや緩和ケアなどのラウンドにも同行させて頂き、他の職種のスタッフとの関わり方についても学ばせていただきました。 ただ新しく処方される薬の名前や数を確認するのではなく、なくなる薬も含めた処方の変化を評価できることが薬剤師として大切であり、 実習を通して薬剤師の職能とやりがいを感じることができました。また、病棟での患者さんへの服薬指導や他のスタッフへの情報提供では薬学的知識の他に高いコミュニケーション能力が要求されました。 同じ内容でも伝え方一つで相手の捉え方も変わります。相手にあった話し方、言葉の選択をすることが大切であることを学びました。常に考え、行動していける薬剤師になれるよう日々精進したいと思います。 本当にありがとうございました。

大阪薬科大学

11週間の実習、終わってみればあっというまでした。実習の前半には内外用や注射剤の調剤の他に、院内製剤の調製やTDM、薬務までたくさんのことを経験させて頂きました。 慣れないことが多く、初めの頃は本当にミスばかりしていましたが、先生方はとても優しく、親身にご指導くださいました。実習後半には病棟実習や、緩和ケア、 NSTの回診カンファレンスの他に、手術部の見学もさせて頂き、病院薬剤師の仕事の幅広さやチーム医療における薬剤師の重要性を見て感じることが出来ました。 また、患者1人ひとりと丁寧に向き合い、患者や他の医療従事者に頼りにされている先生方の姿が印象的でした。私も先生方のような薬剤師になれるよう、 この実習で学んだことを活かし努力していきたいと思います。先生方と他10名の実習生のおかげでとても楽しく充実した実習となりました。ありがとうございました。

京都薬科大学

私はこの病院実習を通じて患者様により密接に関わっていきたいと思っていました。滋賀医大での病棟実習では薬局での服薬指導とは違い、 カルテを見て患者さんの容態の変化に気付き、退院までの長い期間で同じ患者様と何度も関わることが出来るため、患者さん一人ひとりの理解をより深めることができ、そこに病院薬剤師としての魅力を感じました。 また、実習中は何度も症例検討会や勉強会にも参加させていただき、実際の臨床でその薬剤がどのように使用されているか、添付文書に載っていないような副作用が出た場合にどう対処したか、 など実際に臨床現場にいないと入ってこない情報がたくさんあることを知り、医薬品の勉強中である自分としてはとても良い刺激となりました。 この実習を通じて得た臨床の知識、自分が感じたことは薬剤師としての一生の糧であり、今後の人生に活用していきたいと思います。

神戸薬科大学

2ヵ月半大変お世話になりました。とても有意義で充実した日々を送ることができました。 実習では、内外用・注射の調剤やTDM、製剤、化学療法、緩和ケア、NST、病棟実習など様々な経験をさせて頂きました。緩和ケアやNSTではチーム医療での薬剤師の役割について学び、 他職種間で連携することの大切さを感じました。また、病棟実習では患者さんとお話しする機会を頂き、接し方や服薬指導の方法など大学では修得できない数多くの内容を学ぶことができました。 その中で薬剤師の先生に、患者さんから情報を得る際、開いた質問と閉じた質問を使い分けることが大切だと教わりました。「どんな情報が必要なのか」「どうすれば欲しい情報を得られるのか」を考えることで、 必要な情報を引き出せるのだと思いました。 先生方にはお忙しい中、優しく丁寧に指導して頂きとても感謝しています。実習で学んだことを生かし、将来、先生方のような薬剤師になれるよう精進していきたいと思います。

立命館大学

実習に行く前は病院と言うのはとても殺伐としていてピリピリしているものなのかなと言うふうに考えていました。ですので馴染めるかなぁと考えたりして実習が正直怖かったです。 でも実際に病院に行ってみると先生方は緊張感を持ちつつも和気あいあいとお仕事をしておられました。さらにとても優しくどんな質問にも答えてくださりました。 分からないところがあればわかるまで丁寧に教えてくださいました。間違えてもその間違いを責めるわけではなく次に間違えないためにはどうしたらいいかと言う考える機会もくださりました。 また、先生方は教科書では学べないことに重点を置いてくださったので、今まで講義では学べなかったことをたくさん学ぶことができました。 そのおかげか充実した実習生活を無事に終えることができました。このような恵まれた環境の中で実習ができたことを大変うれしく思っております。本当にありがとうございました。

2016年度 第1期

立命館大学

11週間という短い間でしたが、実務実習を通して薬剤師の仕事のやりがいや患者さんの命を預かっているという責任感を実際に感じる事が出来ました。慣れないことばかりでたくさん失敗もしましたが、薬剤師の先生方の温かく丁寧なご指導のおかげで、大きく成長でき感謝の気持ちでいっぱいです。にぎやかでともに互いを高めあえる仲間にも出会えて充実した毎日でした。また、大学では出来ない貴重な体験をたくさんさせていただきました。病棟やケモ部、手術部に行かせて頂いたりNSTや緩和ケアチームのカンファレンスに参加させていただいたりと、薬剤師さんの様々な活躍を見ることができました。この病院実習で得られた経験をバネにこれからも頑張っていきたいと思います。

京都薬科大学

薬剤部の方々、長期実務実習の11週間本当にお世話になりました。病院実習を通して、薬の知識がついたのはもちろんですが、製剤やTDMなどの病院実習でしか経験できない業務や患者さんへのベッドサイドでの服薬指導など、貴重な経験をすることができました。これから薬剤師として働く上で、どれくらいの知識を持つことが必要であるかを感じ取るいい機会になったと思います。この経験を活かして、薬局実習でも頑張って行きたいと思います。また、服薬指導をすることにより、患者さんが今どのように病気と向き合っているのか、今何を望んでいるのかを直に感じ取ることができました。また、その中で自分が薬剤師としてできる一番いい解決策は何かを考えることの難しさも感じました。将来、一人前のヘルスケアプロフェッショナルになれるようにこれから日々努力をして行きたいと思います。

京都薬科大学

11週間という短い期間でしたが薬剤部の先生方の丁寧なご指導と、他11人の実習生のおかげで大変充実した実習でした。服薬指導で担当の薬剤師さんが患者さんと自然なコミュニケーションをとりながら必要な情報を提供する姿が印象的でした。実際自分が行うとなると想像以上に難しかったです。また薬剤師は患者さん以外にも様々な医療チームの一員として他の医療従事者に情報を提供、共有をしていました。チーム医療では薬剤師は医者のサポートに回るようなイメージでしたが、現場ではそれぞれの距離感は遠くなく、医者や看護師、他スタッフとも対等な立場としてチーム医療に参画されており、病院薬剤師のイメージは実習の前後で変わりました。お忙しい中時間を割いて指導していただき本当にありがとうございました。この短く濃い期間で経験したことを活かして、先生方のような病院薬剤師になれるよう精進します。

同志社女子大学

11週間の実習期間、とても充実した毎日を送ることができました。先生方にはとても親切丁寧にご指導していただき、本当に多くのことを学ぶことができました。ありがとうございます。散財や水剤・TPNの調剤などの実技はもちろん、情報やリスク・TDMなどさまざまな講義によってたくさんの知識を得ることができました。また外部や内部で行われる勉強会に参加したり、医学部生との交流など普段の学校生活ではできないような経験をすることができたことはとても印象的でした。病棟ではさまざまな患者さんに会う機会をいただき、服薬指導の際には相手に伝えるにはどのようにすればよいか、情報を引き出すにはどんな質問をすればよいかなど、さまざまな事を考えて実践する機会となりました。 今回の実習で得た知識や経験を活かし、先生方のような薬剤師になれるように勉学に励みたいと思います。本当にありがとうございました。

京都薬科大学

先生方の丁寧で優しいご指導と、様々なことを経験させいただけるカリキュラムで非常に充実した2か月半となりました。実習を通じて、薬剤師の先生方のコミュニケーション力の高さが印象に残りました。薬剤について医師や看護師などの他職種の方から尋ねられ、頼りにされているという印象を強く受けました。また、服薬指導の際には患者さんの不安を取り除くような説明や世間話をすることで、患者さんの安心されている様子がよく見られました。チーム医療にはコミュニケーション力が必要不可欠なものであると感じたので先生方のようなコミュニケーション力をもった薬剤師になりたいと思いました。今回の病院実習での貴重な経験から学ばせていただいたことをこれからの国家試験や就職活動だけでなく、薬剤師として現場に出ることになった後にも活かしていけるよう努めていきたいと思います。ご多忙にも関わらず親身にご指導いただき本当にありがとうございました。

立命館大学

実務実習ではカリキュラムが組まれており、内外用や注射などの調剤の他にも多くの授業があり、幅広く学ばせていただくことができました。緩和ケアやNSTなどの各チームの活動についても実際に同行させていただくことができ、とても貴重な経験となりました。 病棟ではがん患者さんや稀な疾患の患者さんの症例に携わらせていただくことができました。抗癌剤の副作用についてテキストなどで勉強したことはありましたが、実際の患者さんの症状を伺って、副作用の発現時期や副作用の発現の有無には個人差があることが分かりました。また、臨床現場での薬の使い方や同効薬の使い分けなど、実習に行かなければ分からなかったことを多く学ばせて頂くことができました。病棟では他の職種の医師や看護師、栄養士の方とも関わることができ、チーム医療の重要性を実感することができました。 お忙しい中丁寧にご指導してくださった薬剤師の先生方、本当にありがとうございました。

立命館大学

滋賀医科大学附属病院で長期実務実習を行わせていただきましたが、私にとってこの2か月半はとても大きな経験となりました。時には親しく、時には真剣に接してくれる先生方と整った環境の中の実習で、日々が充実したものになりました。実習の前半は調剤、製剤などが多く、後半は病棟実習の時間が多かったのですが、内外用・注射の調剤、患者さんへの服薬指導、無菌調製など大学では学ぶことのできない経験をたくさんさせていただきました。そのほかにNSTや緩和ケアのカンファレンスへの参加、ケモ、手術部、医薬品の管理業務など、調剤室での業務以外にも薬剤師はとても活躍をしていました。こういった点からも滋賀医大の薬剤師のコミュニケーションスキルの高さを実感し、コミュニケーションスキルの重要性を感じました。私もそんな薬剤師になれるよう頑張りたいと思いました。お忙しい中、ご指導いただいた先生方本当にありがとうございました。

京都薬科大学

11週間の実務実習を振り返ってみると、本当にあっという間で充実した日々を過ごすことができました。TPNや抗がん剤のミキシング、また調剤業務を行う中で実際に自分の調製・調剤をしたものが患者さんに届くという責任の重みを感じ、改めて薬剤師が人の命を背負う職務であることを実感しました。 またNSTやチーム医療への参加、病棟での他の医療従事者との関わり方や患者さんへの服薬指導など座学では学ぶことのできない体験をさせていただいたことで、薬学的な視点から治療に対する取り組みについて学ばせていただき、病院薬剤師の存在意義について考えることができました。11週間本当に充実した実習を過ごすことができたのも先生方が丁寧にご指導くださったからだと思います。ありがとうございました。この経験を活かし先生方のような薬剤師になれるよう努力していきたいと思います。

京都薬科大学

11週間大変お世話になりました。実習が始まるまでは不安ばかりでしたが、優しく丁寧にご指導してくださる薬剤師の先生方のおかげで最後までたくさんのことを学ぶことができ充実した実務実習を送ることができました。何もかもが初めての経験で、大学の授業では得られないことばかりでした。病棟実習では、実際に患者さんに関わらせていただくことよって柔軟な対応力、様々な薬学知識、コミュニケーション能力と重要性を改めて感じさせられました。そして患者と薬剤師の信頼を築き上げる大切さを学ぶことができました。患者さんが薬剤師の先生に不安を打ち明けているときの先生を見つめる眼差しは信頼そのものでした。その光景は今でも忘れられません。今回たくさんの経験をさせていただきました。この実習で学んだことを今後の自分の学業、就職活動に活かしていきたいです。本当にありがとうございました。

立命館大学

11週間、毎日新しい学びばかりで大変充実した時間を過ごすことができました。調剤だけでなく、TDM、DI、薬務、製剤、化学療法、緩和ケア、NSTなど多岐にわたる業務を経験させて頂き、業務の幅広さに驚いたとともに、本当にやりがいのある仕事なのだと感じることができました。病棟では、患者さんに直接会って服薬指導させて頂く中で、言葉の選び方の難しさ、患者さんの発言から訴えや想いを読み取ることの難しさを身をもって感じました。そして、様々な角度から患者さんの置かれている状況を把握し、総合的に評価することが、最適な薬物治療を選択する上で大切であると学びました。この実習を通して、命を扱う責任の重さ、求められる知識量の多さを実感し、自分の知識不足を痛感しました。私も先生方のような、常に向上心をもち、患者さんや他の医療スタッフから信頼される薬剤師になれるように、これからも日々勉強を怠らず、頑張りたいと思います。

同志社女子大学

病院実習の11週間は先生方の丁寧で親切なご指導のおかげでとても充実した日々になりました。限られた期間の中で本当にいろんな経験をさせていただきました。また、今回は特別に台湾大学の先生からのお話を聞いたり、毎日学ぶことが多く、新しい発見が続く日々でした。いろんな経験をさせていただいた中で一番印象が残っているのは病棟実習です。いろんな方に服薬指導して、人によって感じ方や説明の受け取り方も違うので、しっかり相手の特徴をとらえながら、その患者さんごとにあった服薬指導を考えて行うべきだと思いました。 この他にも調剤業務、治験、TDM、薬務、DI、緩和ケアチーム、NST、化学療法、手術部の見学など、また症例検討会や勉強会にもたくさん参加させていただきました。このたくさんの経験によっていろんな面で成長でき、また課題もたくさん見つかりました。この実習で得たことを忘れず、今後の勉強に生かしていきたいと思います。

京都薬科大学

私は個人的に病院実習が始まる前から自分に実習の中で「薬剤師の今を知る」という課題を課し、自分なりの考えを持つことを目標にしました。なぜなら、大学の講義等で今薬剤師がすごく求められているということをよく耳にしますが、例えば年収だったり病院内の地位の面でもなかなか向上していないのではないかと自分で調べる中で考えたからです。 しかし今回の病院実習を通して薬剤師の地位向上のための自分なりの考えとして、患者さんと接する際に「薬剤師と患者」ではなく、「人と人」として真摯に接することで相手が心を開いてくれる、自分を必要としてくれるということに辿り着きました。そしてそれが結果的に薬剤師が病院内で必要とされる要因となり、最終的に地位向上につながるのではないかと感じました。この考えは病院実習に行かなければ得られなかったことであり、とても大切なことに気づけたような気がしています。自分の中でとても意味のある充実した実習になりました。

2015年度 第3期

京都薬科大学

2ヶ月半の病院実習は私にとって有意義なものでした。 調剤だけでなくTDM、DI、無菌調製、化学療法、緩和ケア、NSTカンファレンスや手術部の見学など病院実習でしかできないことを経験させていただきました。 医学部生の方と交流する機会があり、同じ医療人を志す者としてお互いの専門性を活かしながら情報を共有し合い助け合うことの重要性を実感しました。 チーム医療を見学して患者さんを第一に考える姿勢に感銘を受けました。病棟では患者さんへの伝え方の難しさを体験し、自分の知識のなさを痛感しましたが、 患者さんの症状にあった薬を薬剤師の視点から考えることもできました。薬剤部の先生方にはいつも私たちに優しく丁寧に指導して下さったことをとても感謝しています。 これからは実習で学んだことを忘れず、先生方のような薬剤師を目指して頑張りたいと思います。短い期間でしたが、本当にありがとうございました。

 

同志社女子大学

11週間という限られた期間ではありましたが、病院での実習は日々学び考えることができ、予想していた以上に充実したものとなりました。 調剤業務に加えTDM、無菌製剤、抗がん剤のミキシング、ICUや手術部の見学、NSTや緩和ケアチームのカンファレンスへの参加など様々な経験をさせていただき、 病院薬剤師の職域の広さを実感することができました。特に印象に残っている病棟では、服薬指導の難しさを実感し、その中で患者さんからの情報収集が一番大切であることを学びました。 また検査値などからわかる患者さんが自覚していない副作用や病態に対しても薬剤師が介入し、他職種の方々と連携して患者さんにとって最善な治療を考えていくことが重要であることも学ぶことができました。 今回の実習で学んだことを活かし、さらに勉強に励んでいきたいと思います。お忙しい中、優しく丁寧にご指導して下さった薬剤部の先生方本当にありがとうございました。

 

立命館大学

薬剤師の先生方には、本当に親切な指導をしていただきまして、2か月半の毎日、新しい発見が出来る実習生活でした。 賑やかな実習生のメンバーにも恵まれて、楽しく過ごすことが出来ました。滋賀医大病院は滋賀の拠点となる特定機能病院であるので、 患者さんの疾患も様々であり、これまで知らなかった疾患や医薬品についての知識もつけることが出来ました。病棟においても、医師や看護師との距離が非常に近く、 疑問に思っていることはお互いにすぐ聞けるような環境でした。その中で、薬剤師さんが医師や看護師の質問にすぐに答えている姿は頼り甲斐があり、とてもかっこよかったです。 薬剤師さんは一年目だろうと関係なく知識もスキルも豊富であり、見習うところばかりでした。皆さんのような周りから頼られる人間になれるように頑張っていきます。 ここで得たことはかけがえのないことばかりです。本当に本当にありがとうございました。

 

京都薬科大学

11週間、大変お世話になりました。私は、病棟実習で様々な患者さんとコミュニケーションを取ったことが非常に印象に残っています。 私はコミュニケーションが苦手で、しっかり患者さんに対応できるか不安でした。実際にしてみると、案の定上手くできませんでした。 私はそれまで「医療者としてどのように患者と接するのか」を考え続けていましたが、指導薬剤師の方から「まず医療者と患者、お互いが人として接することが重要」と教えていただいたとき、 感銘を受けました。医療者・患者である前に人間であり、それを踏まえて患者と接するようになると、それまで難しく考えすぎていたことに気付き実習もとても有意義なものになっていきました。 病棟以外にも調剤業務、TDM、化学療法、緩和ケア、NSTなど多岐に渡って実習することができ、これらの経験を踏まえこれからの国家試験対策や就職に活かしていこうと思います。本当にありがとうございました。

 

京都薬科大学

実務実習では多くの服薬指導を行うことで、患者さんとの会話の大切さは勿論、薬の相互作用で気を付けなければいけない薬剤や食べ物についても学ぶことができました。 また実際に病棟で活躍されている先生方を見て、将来は医師に薬剤を剤形等も含め、提案できるような薬剤師になりたいと思うようになりました。 製剤では多くのTPNの調製をさせていただき、複雑な手順が必要とされる輸液の調製が一人でできるようになったことは自分の自信へとつながりました。 薬局では扱っていないような薬剤、また注射剤などにも触れられ、とても充実した実習を行えたと思います。先生方も分からないことはしっかり教えてくださるので安心して調剤を行えました。 この実務実習で学んだことを生かし、薬剤師として活躍できるよう努力していきたいと思います。

 

立命館大学

実習させて頂いたのは11週間という短い期間でしたが、先生方に手厚くご指導頂き非常に充実した日々を送らせていただきました。 実習期間中の前半は主に薬剤部の中での調剤や講義が多かったのですが、先生方が調剤業務の合間をぬって教えてくださった事や講義で教えて頂いた内容は、 1人前の薬剤師になれるようにこれから努力していく上で非常に大切なことばかりでした。また、後半は主に病棟で実習させて頂いたのですが、 机上の勉強だけでは学べない臨床現場での知識を学ぶことができましたし、普段味わうことのできない現場の雰囲気を実感することができました。 他にもNST、緩和ケアチーム、化学療法などのチーム医療の現場でも実習させていただき、日々新鮮で本当に学びの多い11週間でした。 最後になりましたが、薬剤部の皆様へ、ご多忙中にも関わらず丁寧にご指導くださり本当にありがとうございました。

 

京都薬科大学

実務実習で一番印象に残っているのは、病棟業務です。11週間のうち、後半日程は病棟業務をさせていただきました。 様々な背景をお持ちの患者さんと直接お話しできる服薬指導を体験し、自分の無力さと、薬剤師さんの知識・コミュニケーションスキルの高さを実体験しました。 異なる背景・病気の患者さんに、一人ひとり違った対応をされていることが印象的でした。学校で学ぶ「この病気にはこの薬」という一問一答の知識ではなく、 医療という生きた学問を学ぶことができたと感じています。(ただし、学校で学ぶ薬学的知識はもちろん大切だと思います。 CBT対策だけでなく、もっと勉強して実習に取り組めばより多くの学びが得られたのではないかと感じました。) また、病棟担当の先生方に限らず、皆様が時間を惜しまずご指導いただきました。間違いなく、一人のヘルスケアプロフェッショナルの卵として、一回り成長できたと感じています。ありがとうございました。

 

京都薬科大学

11週間の実習はあっという間に過ぎ、とても充実した期間でした。 自分が病院薬剤師になりたいというのもあり、早く病院実習に行きたいという思いを持っていました。実際に病院の薬剤師の仕事はとてもやりがいのある仕事だと感じましたし、 もっと勉強して先生方のような薬のプロフェッショナルになりたいと強く思いました。実習で一番印象深かったのは、緩和ケアやNSTなどのチーム医療です。 様々な職種の医療従事者が、患者さんのQOLを高めるという目標に向かって、知恵を絞って話し合うのはとてもやりがいがあるなと感じました。 二ヶ月半で様々なことを学び、薬剤師の先生方にはお忙し中優しく教えてくださり、とても感謝しています。 いつか自分が病院の薬剤師になり実習生を迎える時になれば、滋賀医大の薬剤部の先生方のように優しく、わかりやすく指導できるようになりたいです。本当に二ヶ月半お世話になりありがとうございました。

 

立命館大学

滋賀医科大学附属病院での実習は新しいことの連続で、毎日が大変充実していました。実習を通して、薬学的観点から患者さんひとりひとりの治療を考える難しさを感じました。 調剤を行う際には多忙の中でも、患者さんの検査値からこの薬は適切か、用法用量に問題はないか確認を行いました。病棟では、薬剤師に求めることが患者さんによって異なり、 お話の中でも薬剤師として確認するべきことはしっかり行うことを考えなければなりません。薬剤師として職能を発揮するには、多くのそして多様な知識と患者さん目線に立った気持ちが必要だと思いました。 その他にも様々な体験を通して、学校では学ばなかった多くのことを学ぶことができました。この経験を活かして、常に薬の背景には患者さんがいることを心に留め、学び続けていきたいと考えています。 薬剤師の先生方には、お忙しい中熱心に指導していただき、大変感謝しています。本当にありがとうございました。

 

同志社女子大学

約2ヵ月半という短い実習期間でしたが、本当に充実した日々を過ごすことが出来ました。カリキュラムが豊富で病院実習でしか学ぶことのできない様々な経験をすることができました。 調剤業務、服薬指導から薬務・緩和ケア・化学療法・製剤・TDM・ICUを経験して、薬剤師のチーム医療の重要性を改めて感じました。 特に病棟では他の医療従事者の関わり方や服薬指導など大学で学ぶことができないことを実際に目にすることができました。服薬指導では患者さんの話し方や対応の仕方など難しかったですが、 薬剤師さんの姿をみて勉強させていただいたり、何回か服薬指導をさせていただいて、少しではありますが成長することが出来たと感じています。 しかし、服薬指導は簡単にできるものではなくて、コミュニケーション能力や柔軟力を身につけていかなければならないと感じました。この病院実習で学んだことを活かして、学業や就職活動に励みたいと思います。 丁寧なご指導ありがとうございました。

 

京都薬科大学

11週間大変お世話になりました。調剤、製剤だけでなくTDM、NST、ケモ部、ICUや手術部見学など滋賀医科大学医学部附属病院だからこそ経験できることも多く充実した毎日を送ることができました。 調剤業務では、ただ調剤の仕方を教えていただくだけではなく、処方の意図や注意点などを教えていただき、自ら考える機会もたくさん与えていただきました。 病棟では医師、看護師など他の医療従事者とは異なる薬剤師としての患者さんの接し方、患者さんの立場にたった薬剤選択について学ぶことができました。 このような経験、成長ができたのは親切、丁寧にご指導してくださった先生方のおかげだと強く感じます。 病院実習で学んだことを今後の勉強、将来に生かしていきたいです。本当にありがとうございました。

 

2015年度 第2期

大阪薬科大学

お忙しい中、薬剤部の先生方には丁寧にご指導して頂きありがとうございました。長いようで短かった11週間、実習を共にした仲間に支えられながら、充実した毎日を過ごすことができました。 調剤業務だけでなく、様々なことを経験することができ、多くのことを学ぶことができました。病院において薬剤師の先生方の活躍されている場面の多さに驚き、薬剤師の必要性などを感じることができました。 病棟ではたくさんの患者さんとお話しする機会を作ってくださり、自分自身の成長を実感することができました。今後、病院実習で学んだことを活かして学業や就職活動に励みたいと思います。本当にありがとうございました。

 

神戸薬科大学

11週間大変お世話になりました。この実習では決して机上では学ぶことができない様々なことを体験させていただき、日々新しい学びがあるとても充実した実習となりました。 特に病棟では直接患者さんと関わらせていただくことで、コミュニケーションの難しさ、柔軟な対応力と幅広い知識の必要性を実感しました。 チーム医療では“より良い医療を提供する”という情熱をもって薬剤師の専門性を生かし患者に関わっていく姿を見て、薬剤師になるにあたっての意識や考え方も大きく変わったと思います。 この実習で貴重な体験を通して得た考え方や知識を今後の学生生活や就職活動と、将来に生かしていきたいと思います。忙しい中11週間に渡りご指導してくださった先生方、本当にありがとうございました。

 

京都薬科大学

11週間大変お世話になりました。調剤や製剤業務はもちろん、抗がん剤のミキシングやTDM、病棟、麻薬や治験薬等の管理、薬務、DI、ICUや手術部の見学、緩和ケアチームやNSTでの薬剤師の業務など、多くの業務を学ぶ事が出来ました。 最初の頃は、今持っている薬の知識をまったく調剤時などに活かせていませんでしたが、途中でテストがあり課題について勉強した所、調剤時に気を付けることなど臨床での知識を身に付ける事が出来ました。 また、NST業務の見学をさせて頂いた時に先生が、「薬についての知識だけなら他の職種も今では当たり前に持っている。だから薬剤師にしかできないことを考えていくことが大事。」とおっしゃっていたのが特に印象的でした。 薬剤師がチーム医療に加わる意義とこれからの薬剤師の在り方を学ぶ事ができ、有意義な実習となりました。最後になりましたが、未熟な私たちに一から指導していただいた先生方、本当にありがとうございました。

 

立命館大学

この11週間たくさんのことを学ぶことができ、とても充実した日々でした。調剤、病棟、NST、緩和ケア、薬務など多くの業務を経験させていただき、薬剤師が様々な場面で活躍していることを実感することができました。 特に病棟での服薬指導では、患者さんに服薬意義を理解して頂くためにわかりやすく説明することの大切さとその難しさを学ぶことができました。またチーム医療では、職種を越えて情報を共有し合うことで、患者さんにとってよりよい医療を提供することができるのだと思いました。 この実習を通して強く感じたことは、薬剤師が扱っているのは薬ですが、その先には命があるということを常に念頭においておくべきであるということです。 今回学んだことを活かして、患者さんに寄り添える薬剤師になれるよう日々努力していきたいと思います。優しく丁寧にご指導して下さった薬剤部の先生方、本当にありがとうございました。

 

同志社女子大学

2ヶ月半と長いようで短い実習期間でしたが、毎日充実した日々を過ごすことが出来ました。 前半の実習では内外用や注射、製剤といった基本的な業務について学び、経験することが出来ました。内外用や注射の調剤業務ではただ、調剤を行うのではなく、処方箋から患者さんの病態やどういった意図で処方されているのか考えることの大切さを学びました。 後半の実習では病棟に行って患者さんとの関わり方や薬剤師と医師、看護師といった他の医療従事者との関わり方について学ぶことが出来ました。病棟における薬剤師の役割や患者さんの立場に立って考え、行動することの大切さを学びました。 病院実習を振り返ると2ヶ月半はあっという間でしたが、多くのことを学ぶことが出来たと思いました。充実した日々を送ることが出来たのは2ヶ月半にわたり先生方が親切・丁寧にご指導してくださったおかげだと思います。ありがとうございました。 病院実習で学んだことを今後の勉強に活かして頑張っていきたいと思います。

 

京都薬科大学

11週間という短い間でしたが大変お世話になりました。調剤だけでなく、無菌調製やNST、TDM、化学療法などさまざまな貴重な経験をさせていただき毎日が新鮮で充実していました。 他大学の学生も多く、協力しあい互いの向上につながったと実感しています。そのなかでも病棟実習はとても印象的でした。持参薬鑑別、服薬指導を行うにあたり想像以上に自分の行動に責任を感じ、 プレッシャーに思う部分もありましたが、患者さんと接する機会が多く患者さんから得たものもたくさんありました。また病棟で他職種の方々と関わる機会も与えていただき、薬剤師の活躍の場は幅広くあるのだなと改めて実感することができました。 今回の実習での経験を最大限に活かし、自分の学びたいことを明確化するとともに勉学に励んでいきたいと思います。薬剤部の皆様、ご指導いただき本当にありがとうございました。

 

立命館大学

11週間お世話になりました。通常業務でお忙しい中、ご指導いただきとても感謝しています。化学療法でのミキシング、手術室の見学、病棟での活動など、病院でしかできない貴重な体験をさせて頂けました。 NST、緩和チームなどのチームの中で、薬剤師が信頼されている存在であることを実感することが出来ました。また、他の医療従事者の方とともに、それぞれの職能活かし患者さんをより良くしたいという想いを持っておられるなと感じ、とても魅力的に感じました。 病棟活動では、患者さんへの話し方や対応の仕方が難しかったですが、患者さんとの服薬指導の機会を多く設けていただいたので少しではありますが成長することが出来ました。 しかし、薬剤師の先生方の様子を見ていると、これからもっとコミュニケーション能力をつけていかなければならないなと感じました。 今後、病院実習で学んだことを活かして学業や就職活動に励みたいと思います。本当にありがとうございました。

 

神戸薬科大学

新薬は次々に開発されています。薬剤師の先生方はそれに対応する為に日々勉強をされ、患者さんに指導する際は専門用語を使わずに分かりやすい言葉で説明されていました。 患者さんへの服薬指導をさせて頂き、それがどんなに大変で、難しいことなのか体感できました。化学療法の授業では、使われている抗癌剤と出現している副作用から原因薬剤と副作用への対策、医師や患者さんへの提案内容を考えることを実習で行いました。 正しい知識、情報を得て、患者さんの気持ちを考えて提案することは薬剤師の最も大切な仕事であると思います。今回、実習でそれを体験できたことは自分自身が成長できる貴重な機会でした。 抗癌剤のミキシングや、栄養サポートチームのカンファレンスの見学など、設備がとても整っている滋賀医科大学附属病院で実習をさせていただけて、本当によかったです。 こちらで働かれている先生方のような薬剤師に自分もなりたいと思いました。11週間という長い期間、温かいご指導をしてくださり、ありがとうございました。

 

立命館大学

11週間お世話になりました。大学病院での実習は学べることも多く、毎日がとても充実していました。 調剤をはじめ、病棟での服薬指導やチームへの参加、化学療法など多くのことを経験させていただき、薬剤師がどのように患者さんや他の医療スタッフと関わっているのか、身をもって感じることができました。 実際に服薬指導を経験し、患者さんとコミュニケーションをとることの難しさも感じましたが、コミュニケーションをとる上で大切なことを学ぶことができました。 患者さんから信頼されている先生方の姿が印象的で、信頼を得ることは患者さんと関わっていく上でとても重要なことだと感じました。 また、チームに参加するにあたって専門外の意識も必要になると感じ、日々の勉学にも力を入れていきたいと思いました。この病院実習で学んだことを活かし、先生方のような薬剤師になれるよう努力していきたいと思います。丁寧なご指導ありがとうございました。

 

大阪薬科大学

2か月半お世話になりました。調剤業務、服薬指導から病院でしか学べない薬務、緩和ケア、化学療法、製剤など丁寧にご指導いただきました。 どの仕事も大変だと思いましたが、続けていく上でとてもやりがいのあるものだと感じました。特に病棟では、小児科で患者の病気や治療法について知ったり、 内服薬が苦手な子どもにはどうやったら薬が飲みやすくなるのか一緒に考えたりして常に患者のコンプライアンスの向上に努めることが大切なのだと思いました。 他の実習生との会話の中で、病棟によっても力を入れている部分や気を付けるべき点が異なっていることにも気づきました。 将来どの病棟へ行っても学ぶ姿勢を忘れずに、今回ご指導いただいた先生方のように他の医療従事者の方からも頼りにされる存在になれればと思います。 自分が薬剤師になった時、今回学ばせて頂いたことを念頭に置いて働きたいと思います。本当にありがとうございました。

 

京都薬科大学

今回の病院実習を通して薬剤師が患者様のより良い治療のために、どのように貢献できるかを学ぶことができました。 私が関わった患者さんが症状の悪化により薬の服用が出来なくなり、何かしらの対策が必要とされていたとき、医師から薬剤師としての見解を求められました。 医師とともに内服薬から点滴静注への切り替えを検討し、薬学的に妥当な代替薬を提案することでこのような緊急事態においても薬の使用を継続することが出来ました。 この事例はほんの一例にすぎませんが、このようにして医療の現場における様々な場面で薬剤師の意見が求められ、チーム医療の中で薬のプロフェッショナルとして頼られている薬剤師の姿を見て感動し、 そして何よりもそれらの薬学的介入の結果、患者様のためのより良い治療に貢献することができることに喜びを覚えました。今後どのような医療への関わり方をするとしても、この病院実習での経験が存分に生きることと確信しています。

 

京都薬科大学

病棟での実習が一番印象に残っています。1人の患者さんと関わる時間が長く、頻繁に様子を伺に行けたので、症状などの経過をしっかり実感できました。 特に癌患者さんとの関わりが多かったのですが、どの患者さんも治療に熱心で、逆に力をもらうことが多かったです。最後のあいさつで涙を流して下さった患者さんもいらっしゃって、私自身とてもうれしく思いました。 実習で得た知識の量はとても多く、知っていることも知らないこともありました。知っていたことは、自分が持つ知識と結びつけることができましたが、知らなかったことは、ただ知識を得ただけで終わってしまっています。 習ったことを更に深めるために、今後勉強していく中で、実習中にみてきた症例と照らし合わせて国家試験の勉強などに取り組んでいきたいと思います。

 

同志社女子大学

滋賀医科大学医学部附属病院での二か月半の実習は毎日が充実していました。豊富なカリキュラムと学びやすい環境は知的好奇心を高められ、薬学的知識だけでなく勉強することの楽しさを得ることができました。 薬剤師業務は想像以上に幅広く、やりがいと同時に命を扱う責任の重さを感じました。特に、一人の患者さんに対して、医療従事者が連携して治療に関わる姿を見て、実習でしか見られない医療のあるべき姿を学べたと思います。 服薬指導では、患者さんの情報収集が最も大切であり、予め尋ねる内容を考える必要性を感じました。また、病態や検査値、実際の臨床現場での薬の使い方等を丁寧に教わり、より勉強への意欲が湧きました。 今回の実習で教わったことを活かし、信頼される薬剤師になれるよう努力していきたいと思います。貴重な経験をありがとうございました。

 

立命館大学

病棟での薬剤師の業務に関して、概要は大学でも学習していたが、どんな患者が入院されているのか・他の医療従事者とどのように関わっているかなど具体的にイメージができなかったため、病棟に上がる前はやや恐怖感があった。 薬局では患者の情報を探るのに苦労していたが、病棟では電子カルテの豊富な情報から患者の状態を評価し、薬学的な措置を検討することができるため、そういった能力を身につけることができたように思う。 また最終発表でのSOAP紹介を経験することで、多くの患者情報から必要なものを選びとり、入院から退院までの患者の状態や施した措置を評価する能力も伸ばすことができたように思う。 自分は病院か薬局かで就職を迷っているため、今回の経験は進路を決定する上でとても大きな判断材料となった。薬局へ就職するとしても、病院での診療の流れ・患者の流れを把握しておくのは重要であるので、今回の経験を忘れることのないようにしたい。

 

2015年度 第1期

立命館大学

実習をさせていただいた11週間は充実した毎日で、非常に多くの事を学ぶことができました。処方箋やカルテからの情報収集の仕方や患者さんとの話し方などを日々教えていただき、大変勉強になりました。調剤や病棟業務をはじめ、TPNや抗がん剤の調製、TDM、薬務、麻薬・治験、情報室業務など様々な経験をさせていただくことで、病院薬剤師の業務は多岐に渡り、多くの場面で活躍しているのだと実感しました。特に、病棟やNST・緩和ケアチームなどのチーム医療において、薬剤師の先生方が他職種の方々と協力しながら患者さんにより良い医療を提供しようとする姿と、その意識の高さが強く印象に残っています。この度の実習で学んだ事は、今後の学生生活や、将来薬剤師として働く際に大いに活かしていけると思います。薬剤部の皆様、丁寧にご指導していただき、本当にありがとうございました。

 

京都薬科大学

11週間にわたり実務実習をさせて頂き、お世話になりました。毎日充実したプログラムが組まれており幅広く勉強することができ、またたく間に過ぎた実習期間でした。貴重な体験ばかりで、特に病棟業務・ICU見学・手術部見学は滋賀医大病院ならではの内容であったと思います。この11週間を振り返ってみると、想像していた以上に薬剤師は日々勉強であることに気づき、その分自分を高められること、そして患者さんを支えられるやりがいを感じることができました。薬剤師の先生方の熱心なご指導により、たくさんの患者さんともお話ができ、コミュニケーションの取り方や心掛けを学ぶことが出来ました。「医療現場であっても人と人とのつながりなのだ」というアドバイスが特に印象的で、病院薬剤師という仕事のイメージが鮮明に描けるようになりました。今回の経験を勉強にも活かして頑張っていきます。ありがとうございました。

 

神戸薬科大学

ここで過ごした2ヵ月半は本当に充実したものとなりました。自分が調剤した薬が患者に届く臨床現場での実習は、自分が命に関わる仕事をしているのだという責任感をとても強く感じることができました。その緊張感の中で学ぶことで、普段よりも高い意識を保ちながら勉学に取り組むことができました。普段から自分が学んでいる学問が人の命に関わるのだと意識して勉強する必要があると強く感じました。 また、実習の中で緩和ケアチームに参加させていただくことがありましたが、その際に、他の医療従事者に質問をされ、しっかりと答えている薬剤師の姿が本当に格好良く、こんな風に働いてみたいと強く思いました。ここで接した薬剤師の方を見て感じた、理想の薬剤師に近付けるように、日頃から意識を高く持ち、勉強していきたいと思いました。薬剤師の先生方、優しく丁寧に教えていただき本当にありがとうございました。本当に楽しかったです。

 

同志社女子大学

11週間という短い実習期間でしたが、振り返ってみると本当にあっという間で学ぶことの多い充実した日々を過ごすことができました。実習期間中はNSTやチーム医療への参加、病棟での薬剤師の他の医療従事者との関わり方や服薬指導など大学では学ぶことのできないことを実際に目にすることができ本当にたくさんの経験をさせていただきました。その中で薬剤師にとってコミュニケーション力や知識力、柔軟な対応力が必要だと学びました。またTPNや抗がん剤のミキシング、調剤業務を行う中で実際に自分の調製・調剤をしたものが患者さんに届くという責任の重みを感じ、改めて薬剤師が人の命に関わる職であることを実感し考えることができました。 11週間本当に充実した実習を過ごすことができたのも先生方があたたかくご指導くださったからだと思います。ありがとうございました。この実習で得られた経験は本当に貴重なもので、この経験を活かし先生方のような薬剤師になれるよう日々努力していきたいと思います。

 

神戸学院大学

私は、少し遅れて実習を受けることになったのですが、先生方は一から丁寧に教えてくださってとても親切にしてくださいました。実際に医療の現場を見て、私たち医療従事者が行っていることに先には患者さんがいます。つまり私たちがしていることは、責任感があるということを認識することができました。 実習では、抗がん剤のミキシングを体験しました。さらにチーム医療について実際にカンファレンスなどを見てとてもいい経験ができました。 中でも手術室に行った時の緊張感やそこでの薬剤師の関わりを学べたことが印象的でした。 これは他の実習先では体験できないことだと思うのですごく貴重な体験をできました。 病棟実習では、実際に患者さんのところに行って服薬指導を行いました。こういう場でも薬剤師がこんなにも活躍しているとは思いもしなかったです。 このように新しいことをたくさん学ぶことができ、貴重な経験をできた実習でした。

 

立命館大学

まず初めに11週間大変お世話になりました。Ⅰ期ということで調剤もままならず、何もかもが初めての経験でしたが多くの薬剤業務に携わらせてもらい大変勉強になりました。薬剤部で行う業務から病棟で行う業務、そして各チーム医療のカンファレンスの参加など幅広くカリキュラムが組まれており座学だけでは学べない多くのことを経験できたと改めて思います。薬剤師の先生方は私たち実習生にも熱心に指導してくださり、その上で多くの業務をこなし、更には日々勉強に励んでいる姿がとても印象的でした。病棟でも薬剤師が必要とされていると感じ、患者さんからも信頼がおかれていて、日々の勉強がつながっていることと知識の必要性を感じました。薬剤業務を学べたのは勿論ですが、それ以上に薬剤師としての在り方や考え方、自覚なども先生方から学ぶことができました。自分が目指す薬剤師像に向けて、ここで学んだことを今後に繋げていきたいと思います。本当にありがとうございました。

 

立命館大学

11週間にわたって忙しい中丁寧に指導してくださった薬剤部の先生方ありがとうございました。気がつけば病棟に上がり、気がつけば最終発表をしてたりとあっという間でしたが、その中でとても多くのことを学ぶことができました。調剤や病棟、製剤、薬務、TDM、NST、緩和ケアチーム、化学療法など、様々な場面で活躍されている姿や患者さんが「薬剤師さんも私を支えている大きな柱の一つ」と実際におっしゃっているところを見て、改めて薬剤師の必要性を感じることができました。教科書から学べること以外の臨床的なことも学べたことのほか、人として成長できた実習だったと思います。現場になると自分の知識のなさが明らかになり、薬に関わっていく以上もっと勉学に励む必要があると痛感しました。この病院実習での経験を今後の学習や進路選択、就職活動に活かしたいと思います。毎日が充実した楽しい日々でした。11週間の間、ありがとうございました。

 

京都薬科大学

この11週間は充実した期間でした。実習生が12人もいて他大学の学生との交流もあり切磋琢磨することができました。わからないことを先生に訪ねた時にはただその答えを教えてくれるだけでなく関連したことも教えてくださり知識の幅が広がりました。常になんでだろうと考えるくせがつきました。他にも実習では実際に抗がん剤のミキシングを行ったりチーム医療にも参加させてくださったりといろいろな経験をさせていただきました。NSTや緩和ケアチームでは各々専門分野の知識を補完し、最適な医療を提供していました。今後、薬剤師の意見が求められる機会が多くなると思うので発言できるように知識をつけなければいけないなと思いました。病院内などで行われる勉強会も参加できる環境をつくってくださりいろいろな先生方の話をきくことができました。とても貴重な経験ばかりでした。最後に、一からご指導いただき本当にありがとうございました。今回の実習で学んだことを活かしてこれからの勉強に反映させたいとおもいます。

 

神戸薬科大学

11週間という期間、大変お世話になりました。調剤業務や、薬務、医薬品情報、TDM、NST、緩和ケア、病棟業務など様々なことを経験することができ、大変勉強になりました。先生方の丁寧なご指導のおかげで、机上の勉強では決して学ぶことができないたくさんのことが学べ、とても充実した実習でした。病棟業務では、服薬指導させてもらう機会もあり、患者さんに説明するときにどこに気をつけるかなど、臨床現場でしか学べないことを学ぶこともできました。また、薬剤師には豊富な知識だけでなく、問題解決能力やコミュニケーション能力が必要だということも実感しました。この病院実習で学んだことをこれからの勉強に活かせるように頑張っていきたいと思います。お忙しい中、たくさんのことをご指導していただきまして、本当にありがとうございました。

 

同志社女子大学

約2ヶ月半薬剤部の先生方には熱心に指導していただき、多くの事を学ばせて頂きました。 実習当初は緊張で2ヶ月半乗り越えられるか不安でしたが先生方が優しく指導してくださり充実した実習の日々を送ることができました。 調剤、DI、薬務、輸液・抗がん剤の調製、病棟実習、緩和ケアやNSTなどのチーム医療への参加など臨床現場でしか経験することのできない貴重な体験をさせて頂きました。 薬剤師の先生方の姿を身近に拝見することができ、薬剤師のチーム医療に対する重要性と患者さんや医療従事者とのコミュニケーション能力の高さを実感しました。 病棟実習では患者さんと実際に関わることで薬剤の知識だけではなく、幅広い知識や患者さんからいかに情報を聞き出せるかが重要になってくると実感しました。 そのためには日々の勉強を怠らず、人とのコミュニケーションを大事にしていく必要があると思いました。 滋賀医科大学附属病院で学んだ知識や身についた思考力、コミュニケーション能力を今後に活かし信頼していただける薬剤師を目指して日々頑張っていきたいと思います。 お忙しい中指導していただいた薬剤部の先生方、本当にありがとうございました。

 

京都薬科大学

お忙しい中11週間にわたり大変お世話になりました。実習は、薬剤師を志す者として、また人として成長できたと思います。様々な業務を経験させていただきましたが、印象に残っているのは、やはり病棟業務です。実際に病棟に上がってみると、どのように話せばきちんと情報が相手に伝わるのか、どのような姿勢で相手と話せばよいのかを常に考えさせられました。そのような時も、先生方は的確なフォローをしてくださいました。また臨床現場で活躍する先生方が日々自分の知識の研鑽に励む姿は、薬のプロフェッショナルとしての在るべき薬剤師そのものでした。そして他大学の学生達からも非常に良い刺激をいただくことができました。病院実習を、この滋賀医大で早い時期にこのメンバーで経験することができて本当に良かったです。今後は実習で学んだことを活かして学習していきたいと思います。ご指導いただきまして本当にありがとうございました。

 

2014年度 第3期

立命館大学

2ヶ月半お世話になりました。病院での実習は、毎日が充実していてとても貴重な経験になりました。自分は至らないことが多く先生方に質問をすることも多かったですが、先生方は本当に親切で、わからないことも丁寧に教えていただきありがとうございました。実習内容もNST、緩和ケアなどのチーム医療において薬剤師がどのように医療に貢献しているのかも学ぶことが出来ました。実習を行う中で様々な事の大切さを感じ、医療従事者になるという意欲と責任感を高めることが出来ました。今回の実習で得たことを今後の学校生活に活かしていきたいと思います。実習で得た経験を大切にし、先生方のように社会で活躍する薬剤師を目指していきたいです。また、他大学の実習生とも実習を通して仲良くなることができてよかったです。滋賀医科大学医学部附属病院で実習ができてよかったです。指導していただいた薬剤師の先生方、薬剤部の皆様、本当にありがとうございました。

 

同志社女子大学

先生方に温かく丁寧に指導して頂き、とても充実した2ヶ月半を過ごすことができました。調剤・病棟実習をはじめ、TDMや、情報室業務、薬務、製剤、 それぞれのチーム医療のカンファレンスへの参加など、様々な経験をさせていただきました。その中でも特に印象に残っているのは病棟での服薬指導です。服薬指導に行かせて頂いた時は毎回緊張し、後になってから、ああ言えれば良かったなどと反省する事が多くありました。先生方からアドバイスをいただいたり、実習生の仲間と練習をしたりし、病棟実習の後半に「久しぶりやな、いつもありがとう。」と患者さんから声をかけて頂くことがありました。これからまた1年間、臨床から離れてしまいますが、今回の事を忘れずに薬にはそれを服用される患者さんがいらっしゃることを思いながら、色々なことを勉強、吸収していきたいと感じました。本当にありがとうございました。

 

京都薬科大学

本当にあっという間の実習期間でしたが、薬剤師の方々が実際に病院で活躍する姿を拝見し、また私自身もこれを経験することができ、大学での学びでは感じ取れない多くのことを学ぶことができました。中でも一番印象に残っているのは病棟業務で、患者さんの治療へ薬剤師として貢献できていることを実感しました。同時に他職種のスタッフと連携し、薬に関して頼りにされる薬剤師の方の姿を見ることができ、薬剤師がチーム医療の一員として活躍していることもわかりました。また、日進月歩の医療の世界に対応すべく、スタッフの皆様が日々勉強に取り組む姿勢には本当に刺激されました。私も卒業までの一年間しっかり勉強して、一日でも早くプロの薬剤師として活躍できるように頑張っていこうと思います。

 

京都薬科大学

最初に、12週間にわたって忙しい業務の合間に丁寧なご指導をして下さった薬剤部の先生方に感謝申し上げます。
実習を終えてみると12週間あっという間だった、という感想が多いのかもしれません。確かに一日一日を終えると、もうこんな時間になっていたのかと思う日がほとんどでした。しかしながら、この12週間を振り返ってみると調剤や製剤、薬務そして病棟業務など実に多彩な内容をこなしてきたことに驚かされます。滋賀医科大学病院は、プログラムをしっかりと組んで下さっていたので無駄にする時間は1コマたりともなかったと感じています。決して疲労感からではなく、達成感から見て自分が成長することを実感できた、長く充実した12週間であったと思います。

 

立命館大学

11週間の実務実習では本当にお世話になりました。日常の仕事で忙しいにもかかわらず丁寧に優しくご指導いただき、心から感謝します。知識も技術も未熟で色々とご迷惑をおかけしましたが、調剤室や病棟、化学療法やNSTや緩和ケアなどチーム医療で薬のプロとして活躍されている薬剤師さんの姿を見ることができ、薬剤師も病院で必要とされている職業の一つなのだと実感することができました。水剤や散剤を調剤させて頂いたり、医師への疑義照会に同行させて頂いたり、注射薬監査について実際に教えて頂いたり、薬剤師さんだけで行った方が早く終わることを体験することができ、貴重な実習でした。ご多忙の中そのような経験のためのご指導して下さったことには本当に感謝しております。滋賀医科大学病院実務実習を通して、将来は病院薬剤師として働きたいという思いが強められました。今後、国家試験を乗り越えた先で、先生方のように患者さんからも他の医療従事者からも信頼される薬剤師を目指して頑張ろうと思います。

 

京都薬科大学

病棟での患者さんとの関わりは、非常に印象深い出来事の一つでした。入院患者さんと深く会話を交わして服薬指導をし、経過を観察するというのは病院実習でしか出来ない経験だったと思います。患者さんの病状がよくなり、退院されたときに感じる喜びもまた、他では得られないものでした。また、病棟実習で他の医療従事者の方と接する機会が何度かあったのですが、薬剤師は薬のスペシャリストとして思いのほか頼りにされているという事実に気付きました。薬剤師の立場が社会的に認められつつあることを喜ぶと同時に、それだけ高い技能を求められてきているのだということを実感しました。滋賀医科大学の薬剤師の先生は皆、薬剤の専門家として十分な知識と経験を兼ね備えた方々で、そんな方々に囲まれて12週もの長期にわたって実習させて頂き、得難い経験が出来たと思います。ありがとうございました。

 

近畿大学

53日間もの間、お忙しい中時間を割いてご指導していただきありがとうございました。実習においては机の上だけでは学ぶことの出来ないたくさんのことを学ばせていただき、病院での薬剤師の役割の理解を深めることができたと感じます。病棟では多くの服薬指導の機会を設けて頂き、貴重な体験をさせていただきました。その中で、患者さん中心の医療の大切さを実感することができました。また調剤はもちろんのこと、院内製剤の調製やTDM、NST、緩和ケアのカンファレンスへの参加といった様々な経験をさせていただき、病院において薬剤師が幅広く活躍しているということが分かりました。そのような場においての情報共有の重要性やチーム医療の役割における薬剤師の役割などを理解できたと思っています。これからは、実習において経験させていただいたことを忘れず、今後の学習に活かしたいと思います。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 

京都薬科大学

滋賀医科大学は総合病院であり多くの症例を見ることが出来ました。薬学実習生だけでなく、がん専門医や他の病院からの研修生、医学部のポリクリ等様々な方が実習されていてその方たちとの関わりは貴重であり、とてもいい刺激を受けました。働いている先生方は知識が豊富で話していて学ぶことばかりでした。それでいて向上心にあふれていて毎日忙しい中明るく積極的に勉強されている姿が印象的でした。教科書の知識だけではなく倫理感など医療人として働く難しさややりがいを教えて頂きました。また多くの同じ実習生と共に勉強できとても励みになりました。今後もこの実習で学んだ学ぶことの楽しさを忘れずに頑張りたいと思います。素晴らしい先生方に出会えて良かったです。感謝に気持ちでいっぱいです。
薬の専門としての知識を身に付けて倫理観をもち患者さんに寄り添えるような薬剤師を目指してこれからもがんばりたいと思います。

 

立命館大学

実習では多くの薬剤師の先生に優しく、そして丁寧に薬について教えていただきました。病棟実習では患者さんの薬効・副作用モニタリングを行うなかで治療が上手くいかないこともありましたが、患者さんのために医師や看護師、薬剤師、栄養士などが情報や知識を共有して問題を解決していくチーム医療の様子を実際に見ることができ、とてもいい経験ができました。その中での薬剤師としての存在意義も知ることができました。
患者さんと長く向き合うことで、学校の座学だけでは知ることができない医療の実際を知ることができました。初めて知ることが多く、戸惑うことも多々ありましたが、薬剤師の先生方がサポートしてくださったおかげで乗り越えることができました。

 

京都薬科大学

11週間に渡る病院実習では、多くの貴重な経験をさせていただきました。先生方は丁寧に熱心に指導してくださり、毎日が楽しくとても充実した実習になりました。実習内容として、調剤や病棟業務だけでなく情報、リスク、薬務などの病院業務や化学療法ミキシング、緩和ケアチームへ参加、NST,ICUや手術部見学など非常に充実したカリキュラム内容で恵まれた環境で実習させていただくことができました。先生が出してくださった課題や毎日の調剤の処方箋から、自ら調べたり、他の実習生と考えたりすることで多くの知識を身に着けることができました。また病棟業務では、薬剤師は薬だけなく幅広い知識や様々な経験を得て業務に携わることが重要だと思いました。今後の学生生活では身についた多くのことをしっかりと活かし勉学に励みたいと思います。将来、この実習で感じ、考え、学んだことを忘れず、常に患者さんを思い医療に携わっていきたいと思います。

 

京都薬科大学

11週間の間、薬剤部の先生方には丁寧にご指導して頂きました。実習を通して、調剤やTPNの混合、TDM、抗がん剤のミキシングといった病院薬剤師の業務を経験させて頂き、病院薬剤師として必要な知識や考え方を学ぶことが出来ました。チーム医療やサテライトファーマシーにおける薬剤師の役割についても教えて頂き、薬剤師の携わる分野は薬剤部に留まらず、他の医療従事者の方と働く中で、その専門性が幅広く求められていることが分かりました。また、病棟実習では患者さんと関わり、服薬指導の難しさをを改めて感じましたが、患者さんとの信頼関係を築いていく大切さを学びました。様々な勉強会にも参加させて頂き、日々勉強し、幅広い知識を身に付ける必要性を感じました。今後、病院実習で学んだことを活かして学業や就職活動に励みたいと思います。本当にありがとうございました。

 

立命館大学

お忙しいなか、11週間にわたり、大変お世話になりました。滋賀医大病院に勤務されている薬剤師さんは、年齢問わず日々自己研鑽されており、大変感銘を受けました。日々医療は進歩しており、薬物治療も変化していく時代に対応するため、私自身もこのような姿勢を見習っていかなければならないと強く感じました。また、実習を通して痛感させられたのは、自身の薬物に対する知識不足、コミュニケーション力の脆弱さでした。特に病棟実習では他の医療従事者の方々とも連携をとり、薬剤に関する質問にも対応しなければならないので、この2点の脆弱さが露呈されたと感じました。この経験をもとに、残りの学生生活で薬学的知識を増やし、コミュニケーション能力も強化していき、将来的に患者さんの利益を最優先できる薬剤師を目指していきたいと思います。

 

2014年度 第2期

神戸薬科大学

11週間お世話になりました。長期実務実習を無事に終えることが出来ましたのは、ひとえに薬剤部の先生方が優しく受け入れて下さったおかげと本当に感謝しております。 至らない点が多く、ご迷惑をおかけしましたが、NSTや緩和ケアなどチーム医療で活躍されている先生方の姿や、病棟で看護師や医師から薬に関する相談を受けていらっしゃる姿を見て、 病院において薬剤師が必要とされ、その職能を発揮しているのだと実感として知ることが出来ました。机上の勉強では決して得ることのできない貴重な経験をさせて頂きました。 また、薬理や薬物動態、法規の知識が無くてはならない知識だと実感できたことも大きな経験でした。今後、国家試験に受かるためだけではなく臨床の現場で活かすということを モチベーションに勉強を進めて行きたいと思います。本当にありがとうございました。

摂南大学

11週間の実務実習では、お忙しい中薬剤師の先生方にとても丁寧な指導をしていただき、とても充実した実習生活を送ることが出来ました。 調剤業務をはじめ、TPN調製、TDM、抗がん剤のミキシング、薬務、情報室業務、緩和ケア、NST、手術部など、病院でのさまざまな業務について学ばせていただき、 その幅広さと重要さを知ることが出来ました。病棟実習では直接患者さんと接する機会をいただきましたが、一人ひとりにあった服薬指導をするためには専門的な知識や コミュニケーション能力が必要であることを実感しました。この実習で学んだこと、経験したことを活かし、他の医療従事者や患者さんに信頼してもらえるような薬剤師に なるためにこれからの勉強を頑張りたいと思います。ありがとうございました。

京都薬科大学

長いようで短かった11週間は、毎日がとても充実していました。調剤を始め、TPNの調製、TDM、薬務やDI業務など病院薬剤師ならではの業務を色々と体験させて頂きました。 病棟業務では服薬指導や副作用のモニタリングなど実際に患者さんとお話しすることも多く、その難しさを感じることもありました。 しかしその度に先生方が熱心に指導をして下さったので、次第に自信を持ってお話が出来るようになりました。 NSTや緩和ケアなどのチーム医療では、他の医療従事者の中で、薬剤師がどのような役割を果たしているか間近で見ることが出来ました。 先生方のご活躍を拝見し、また実際の業務に携わった事で薬剤師は薬に限らず幅広い知識や経験を身に付けて業務に臨むべきだと感じました。 最後になりましたが、あたたかく迎え入れて下さった薬剤部の先生方、ありがとうございました。

立命館大学

まずは先生方には貴重なお時間を頂き、熱心なご指導をしていただいたことにお礼を申し上げます。ありがとうございました。 11週間の実習期間、とても充実した毎日であっという間に過ぎていったように思います。様々な業務を体験させて頂いた中で、 薬剤師が医療従事者や患者様にとって信頼できる存在であることを強く実感しました。またそのような存在であり続けるために、 薬剤師には「問題解決能力、豊富な知識、コミュニケーション能力、思いやり」が必要だと感じました。 私は製薬企業で働くことを志しておりますが、いつまでもこの実習で学んだことや感じたことを胸に、医療に携わる人間として 薬を使う患者様や医療従事者を思いやることを忘れずにいたいと思います。 最後に、実習に協力してくださった滋賀医大病院の皆様、患者様、ともに切磋琢磨した実習生の皆さん、本当にありがとうございました。

神戸薬科大学

11週間という限られた期間ではありましたが、多くのことを学ばせて頂きました。 調剤をはじめ、TPN、抗がん剤の調製やNST、TDM、緩和ケア等のチーム医療、病棟での服薬指導やカンファレンスなども体験させて頂き、 薬学的観点からのチーム医療への連携、患者さまへの対応を間近で見ることができました。私自身、患者さまとお話させて頂く機会がありましたが、 患者さまに合わせた対応をしていくことが難しく感じると同時に大変重要なことであると再認識しました。素晴らしい先生方と刺激を与えてくれる他大学の実習生に囲まれて、 大変充実した実習生活を過ごすことができました。 この経験を活かし、先生方のように信頼される薬剤師になれるよう日々勉学に励みたいと思います。滋賀医科大学附属病院で実習できたこと、とても感謝しています。 お忙しい中、丁寧にご指導して下さった先生方、大変貴重な経験をさせていただき本当にありがとうございました。

立命館大学

11週間という短い期間でしたが、滋賀医大病院では多くの経験をさせていただきました。 内外用、注射調剤をはじめ、TPN調製、薬務、DI業務、TDM、化学療法、NST・緩和ケアチーム、手術部の見学などを通し、病院薬剤師としての様々な業務を学び、 体験することができ、とても充実した実習となりました。病棟では持参薬監査や服薬指導を行い、患者さんにより説明する内容や言い回しも変わってくるため、 様々な場面に応じた対応が必要となることを実感しました。また、患者さんの薬の服用状況や症状について、他の医療従事者との意思疎通、情報共有を行うことで、 より良い治療へつながるということを学ぶことができました。この病院実習で得た知識や経験を今後に活かし、立派な薬剤師になれるように努力していきたいと思います。 温かく指導してくださった薬剤部の先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。

京都薬科大学

約2ヶ月半という短い期間を通して、先生方の温かく丁寧なご指導のもと実際の臨床の場で学ぶことができ、本当に充実した時間を過ごすことができました。 実習が始まった当初は病院薬剤師の具体的な業務内容について知識がありませんでしたが、充実したカリキュラムの中で調剤をはじめ、TPN調製、NSTや緩和ケアチームの見学、 化学療法のミキシング、病棟業務など様々な業務を経験することができ、病院での薬剤師の役割についてしっかりと学ぶことができました。病棟実習はペアになり、 二人の先生の下で実習させていただきましたが、他職種と連携して病棟で業務をする薬剤師の先生方の姿を間近で見て、病棟での薬剤師の存在意義を実感することができました。 また、ペアの実習生とは調べた情報などを毎日共有し合い、質問しあったりして互いに高め合うことができました。 先生方、実習生、患者さん他、実習中に関わったすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。滋賀医大病院というすばらしい環境で実習できて良かったです。ありがとうございました。

立命館大学

11週間の実習の中で、調剤の業務だけでなく、医薬品情報、薬務、緩和ケア、感染対策など様々な薬剤師業務について学びました。後半の一ヶ月間の病棟実習では、 じっくりと患者さんと向き合うことができ、机上の勉強が臨床現場でどのように活きてくるのかを実感しました。とても楽しく充実した実習期間を過ごすことができたのは、 尊敬できる先生方の親切丁寧な指導のおかげだと感じています。先生方のお話は時に難しく、必死でとったメモを頼りに後から自分で調べてやっと理解することも多々ありましたが、 この過程で身についた知識はこれからの学習に活きてくると確信しています。11週間という短い期間でしたが、ともに学び、協力して課題に取り組んだ14人の実習生に出会えたことも、 私にとってとても貴重な財産となりました。とても恵まれた環境で実習させていただけたことに感謝し、先生方のような立派な薬剤師になれるよう、勉学に励んでいきたいと思います。

神戸薬科大学

11週間という短い期間でしたが、とても充実した時間を過ごすことができました。調剤業務や病棟実習、TPN調製、TDM、NST・緩和ケア、 手術部見学、抗がん剤のミキシングなど様々な経験をさせていただきました。病棟実習では薬剤師の介入としてより具体的な服薬指導の難しさを痛感しました。 薬による影響の不安をどのように解消・軽減するためにどのように説明すればよいのか悩みましたが、実際に個々の薬剤のリスク評価を行ったうえで患者さんに寄り添った服薬指導を行うことができました。 また、知識面に関しても、病棟実習で学んだ専門的な知識だけでなく、毎日の調剤業務を通して自ら調べたり、先生方から課題や問題、質問をしてくださったおかげで多くの知識を身につけることができました。 今後の学生生活では今回の実習で学んだことや経験をしっかりと活かして勉学に励んでいきたいと思います。御指導いただいた先生方、本当にありがとうございました。

同志社女子大学

実務実習を通じて、本当に多くの貴重な経験をさせていただき、充実した11週間を過ごすことが出来ました。特に、今回の病院実習では、病棟での実習が多く、 様々な患者さんと関わる中でコミュニケーションの取り方や患者さんに合わせた薬物治療について学ぶことが出来ました。また、ひとりの患者さんに長く関わることができたので、 服薬指導は回を重ねるごとに会話がスムーズになっていくことを感じることも出来ました。調剤や病棟での業務だけでなく、 緩和ケアチームやNSTといった他職種の方々と一緒に行うチームにおける病院薬剤師の役割についても実際の活動を見学させていただき、大変勉強になりました。 チームでの活動では、薬剤師として求められる専門性や考え方を知り、今の自分に足りないものを再確認しました。この経験を活かして、今後の勉強に励みたいと思います。 滋賀医大病院での実習は、実習生が多く、他大学の実習生からの刺激をたくさん受けました。また、優しく熱心にご指導いただいた先生方に本当に感謝しています。本当にありがとうございました。

京都薬科大学

二ヶ月半という期間、滋賀医大の実習では様々な経験をさせていただきました。実習を通して将来像を決めるつもりでした。 やはり自分は企業に行きたいと考えています。実習を経験しなくても出来る判断ではありましたが経験の有無によって大きな差が出ると感じています。 医薬品は患者さんの健康を維持、もしくは回復させるものですがもちろん限界があります。分かっていても実際に目の当たりにするだけで気持ちに大きな違いが出来ました。 臨床を知らずして薬を創る側にはいけないと思います。またどのような環境で使われているかを知らない人とは気持ちの面で雲泥の差ができると思います。 今後は臨床での経験を常に意識した就職活動、そして社会人としての仕事につなげたいと考えています。滋賀医大病院で実習することができて本当に良かったです。 丁寧な指導していただいた薬剤部の皆様、本当にありがとうございました。ありがとうございました。

立命館大学

11週間の長期実務実習はあっという間でした。薬局の実習のあとということもあり、錠剤や軟膏、水剤の調剤は少ししたら慣れましたが、注射や輸液の調剤や製剤室での調製は初めて見る薬が多く、 慣れるまで少し時間がかかりました。薬務の時間に検品をしてみて、毎日たくさんの薬が病院に入ってきていて、使われている薬もたくさんあるということを実感しました。 病棟にあがって、患者さんに接する機会が増え、薬の説明をするときにどういうことに気づかなければいけないのか、言葉の使い方などを考える必要性を学びました。 TDM、NST、化学療法、緩和ケアの実習などとても貴重な経験がたくさんできました。この実習で学んだことをこれから活かしていきたいです。 お忙しい中丁寧にご指導してくださった先生方、本当にありがとうございました。

京都薬科大学

11週間、大変充実した実務実習でした。調剤だけでなく、製剤やDI業務、TDM、化学療法、NST、緩和ケアの見学など、多くのことを経験させていただきました。 中でも病棟業務は実際に患者さんと関わるため、とても貴重な経験となりました。服薬指導や世間話をする中で、薬の効果や副作用の発言状況、 また副作用に対する薬やその効果を見ることができ、薬の知識がより深まったと思います。それと同時に、患者さんの苦痛や不安などの生の声を聴くことができました。 薬剤師として患者さんのために何ができるのか、それを真剣に考えるきっかけとなりました。この実習を通して多くのことを経験し、学んだ一方で自分の知識の無さを実感しました。 今後は、実習で学んだことを勉強や進路決定に活かしていこうと思います。本当にありがとうございました。

大阪薬科大学

11週間の実務実習を通して、一部ではあると思うのですが病院での薬剤としての仕事ややりがいを体感することができました。 自分の知識不足や至らないところも多く見つけることができ、今後のモチベーションに変えていきたいと思います。  調剤や病棟実習だけでなく、NST、緩和ケアチーム同行、ICUや手術部見学などでチームの中での薬剤師の姿を見ることができ、 薬剤師の仕事というのはどんどん一言では言い表せなくなっていることを実感しました。  一番印象に残っているのは病棟での実習の患者さんとの関わり方で患者さんに寄り添うのも、もちろん大切だけどそれは良い意味でのことで、 一緒に泣いているようなことだけではいけないこと、時には向き合っていかないといけないことを教わりました。 それが本当の意味での「寄り添うこと」また患者さんのためであり、患者さんの安心なんだと思い知りました。このようなことは大学では決して学ぶことができないと思います。 機会を与えてくださり感謝、感謝です。ありがとうございました。

2014年度 第1期

同志社女子大学

11週間の実務実習では、たくさんの貴重な体験とともに多くのことを学ぶことができました。実習が始まった当初から先生方は丁寧に優しくご指導してくださり、 毎日が楽しく充実していてあっという間に終わっていました。さらに実習内容では情報、リスク、治験、薬務と調剤だけでなく実際の病院内での業務についてまで教えていただくことができました。 その上化学療法のミキシング、チーム医療への参加、手術部見学といったようにカリキュラム内容も豊富で、病院薬剤師の様々な面を見せていただくことができました。 幅広い知識・経験が豊富な薬剤師の先生方を真横で見ることができ、憧れの薬剤師像が明確化し、一歩でもこのような先生方に近づけるように日々の勉学にも励みたいと思いました。 この実習期間が充実し楽しめたのも、尊敬できる先生方、悩み笑いあえる素敵な仲間たちに出会えたからだと思います。滋賀医大での実習で本当に良かったです。 お忙しい中熱心にご指導をいただいた先生方本当にありがとうございました。

京都薬科大学

11週間という長いようで短い実習期間でしたが、大変充実した時間を過ごすことができました。 調剤業務や病棟実習だけでなく、TPN調製、TDM、NST・緩和ケアのチーム医療、手術部見学、DI業務、抗がん剤のミキシングなど様々な経験をさせていただきました。 特に病棟では患者さんと接して、どのようにすれば患者さんの気持ちをくみ取れるか、理解して安心して服薬してもらえるか等を考える中で、コミュニケーションの難しさや深い知識の必要性を痛感しました。 また、実務実習を通して出会った他大学の実習生からも多くの刺激を受けることができました。今後の学生生活では今回の実習で学んだことや経験をしっかりと活かして勉学に励んでいきたいと思います。 お忙しい中、丁寧に指導していただいた薬剤部の先生方には大変感謝しています。滋賀医科大学医学部附属病院で実習できてよかったです。本当にありがとうございました。

大阪薬科大学

11週間という短い間でしたがたくさんのことを体験させて頂きました。毎年たくさんの実習生を受け入れられている事もあり、受け入れ体制も整っており、先生方もやさしく丁寧に指導して下さり、 たくさんの事を学んでほしいという熱い気持ちを感じながら実習をさせて頂きました。病棟では患者さんへ服薬指導や、副作用フォローをさせて頂き、患者さんにお話を伺い、薬の評価を行ったりしました。 服薬指導では患者さんそれぞれに分かりやすい説明が必要でつい専門的な言葉を使ってしまいそうになり、簡単に説明したつもりでも、患者さんにとっては難しかったりするので説明の仕方を考えるのは大変でした。 毎日の調剤業務でも、処方箋から学ぶ事はたくさんあるものの自分からは気づけなかったことを先生に教えて頂いて調べ、日々たくさんのことを学ばせて頂きました。 ご指導して下さった先生方、貴重な体験をさせて頂いた事に感謝致します。本当にありがとうございました。

立命館大学

実務実習では毎日たくさんのことを学ぶことができ、充実した11週間を送ることができました。 調剤、TPNや抗がん剤の調製、TDM、チーム医療、病棟業務など病院ならではの貴重な経験をすることができ、薬剤師の方が様々な分野で活躍されていることを知ることができました。 先生方の多くの知識や、患者さんや他の医療従事者に信頼されて活躍されている様子を見ることができ、先生方のような薬剤師になりたいと感じました。 病棟の実習の中では服薬指導など患者さんと接することもでき、患者さんの気持ちを少しでも理解して不安な気持ちに応えられるようになるには、これから多くの知識をつける必要があることを実感しました。 また、患者さんと多く関わっていくことで状態を知ることができ、治療により良い介入ができることなど、患者さんや医療従事者とのつながりを持つことの大切さも学ぶことができました。 温かく丁寧なご指導をしていただき本当にありがとうございました。

京都薬科大学

私は、今回の実務実習において、数多くの事を学ばせていただきました。 病棟での実習では、患者さまにお薬について、病院薬剤師の先生方がどのように説明され、理解を得ておられるのか見学させていただきました。 その先生方の工夫や話術には、目を奪われるものがありました。また私自身も患者さまに接する機会を与えていただき、服薬指導の難しさを痛感しました。 治療は患者さまのお薬に対する理解度が大きく関わりその助けをする病院薬剤師は大変な役割を担っていることを改めて考えさせられました。 大学での机上の勉学はもちろん大切ですが、現場における諸先生方のアドバイスは何物にも代えがたい貴重なものでした。 この11週間の実習で経験した事を今後の糧にして、患者さまに信頼していただける病院薬剤師になれるよう努力していきます。御指導いただいた先生方、本当にありがとうございました。

立命館大学

実習の間、薬剤師の方々には丁寧な指導をしていただき充実した生活を送ることができました。調剤室や病棟、化学療法部、TDM、NST、緩和ケア、手術部など様々な業務を体験させていただき、 病院薬剤師業務の多様さとその重要さを知ることができました。実習中にほぼ毎日感じていたことは自分の知識不足です。調剤を行っている最中も薬を見てそれが何の薬であるかを考えるのが精一杯で、 投与の可否や投与量などを考える余裕はほとんどありませんでした。後半になるにつれて検査値や配合変化などを多少見られるようにはなりましたが、それでも基礎的な部分だけでした。 特に自分の知識不足を感じたのが化学療法部です。抗がん剤投与時のアレルギーに薬剤ではなく添加物も関わっているということで、そこまで考える必要があるのかと驚きました。 そんな中でも薬剤師の方々には私たちの基礎的な質問に対しても1つずつ丁寧に答えていただき、自分の新たな知識として加えることができました。 今回の実習で教えていただいたことを活かし今後の実習やその先の生活を送っていきたいと思います。ありがとうございました。

立命館大学

滋賀医大病院での11週間はとても充実していて、時間がたつのが早く感じられました。最初は不安ばかりでしたが、先生方の優しく丁寧な指導のおかげで様々なことを学ぶことができました。 調剤業務やTPN調製、TDM、抗がん剤のミキシングなどその他様々な実習において、病院での薬剤師としての業務を経験させていただきました。また、病棟での実習や緩和ケアチーム、NSTへの参加など、 貴重な経験をさせていただきました。滋賀医大病院で実習することができ、知識面でも精神面でも以前よりは成長できたと感じています。先生方が私たちの質問に忙しい中いつもこたえてくださり、 またたくさんのことを教えてくださり、毎日勉強になることばかりでした。滋賀医大病院での実習を通して、薬剤師という仕事への魅力を今まで以上に感じることができました。 将来は先生方のような立派な薬剤師になれるよう、実習で得た知識や経験を活かし、頑張っていきたいと思います。

立命館大学

11週間で経験させていただいた全てのことが私にとって刺激的で、毎日とても充実していました。実習では調剤をはじめ、TPN調製、薬務・情報室業務、TDM、抗がん剤ミキシングなど様々な業務を体験させていただき、 病院内での薬剤師業務の多様性を知ることができました。また、緩和ケアチームや栄養サポートチームも見学させていただき、薬学知識をより深めていきたいと刺激されました。最も印象に残る病棟実習では、 患者さんと実際に接していく中で、自分の知識・コミュニケーション能力不足を思い知らされたこともありましたが、患者さんの考えを尊重した薬物治療を提案することができた時には成長を感じることができました。 この実習で学ばせていただいたことを活かし、さらに勉強、コミュニケーション能力の向上に励んでいきたいと思います。優しく、丁寧にご指導してくださった薬剤部の先生方に本当に感謝しています。ありがとうございました。

立命館大学

11週間大変お世話になりました。この実務実習でさまざまなことを経験し、本当に多くのことを学ばせて頂きました。特に印象に残っているのは病棟実習です。実際に患者さんと接するので、初めは不安もありましたが、 それを上回る貴重な経験をさせて頂きました。患者さんの生の声を聞くことで、どのように説明したら不安を取り除き、理解してもらえるかなど大学の実習だけでは分からなかったことを多く学ぶことができたように思います。 このような貴重な体験をさせて頂き、薬剤部の先生方、支援して下さった大学の先生方や職員の方々、共に学ぶことができた他の13名の実習生には感謝の気持ちでいっぱいです。 この経験を今後の薬局実習や将来の選択に繋げていきたいと思っています。本当に毎日が充実しており、滋賀医大で実習を行うことができて良かったです。本当にありがとうございました。

武庫川女子大学

11週間という限られた期間ではありましたが、滋賀医大病院では多くのことを学ばせていただきました。ご多忙にも関わらず手間を惜しまず指導して下さった先生方、本当にありがとうございました。 変化に富んだ実習内容の中で最も印象に残ったものは病棟実習です。服薬指導、持参薬鑑別、カルテの確認、おくすり手帳作成など様々な業務を通して自分が患者さんの治療に関わっていることを実感しました。 また患者さんだけでなくご家族の苦労も間近で感じ、薬剤師として患者さんやご家族に寄り添うことの難しさがわかりました。実習をするまでは机上の勉強のみだったので、病院薬剤師の業務や薬物治療について、 イメージしづらいこともありました。しかし実習を通して知識を経験として身につけることができ、改めて病院薬剤師の魅力を知るとともに自分の未熟さを痛感しました。 滋賀医大病院での経験を今後の学習や進路決定に活かしていきたいと思います。

京都薬科大学

二ヶ月半という期間、滋賀医大の実習では様々な経験をさせていただきました。調剤やTPNの調製、NSTや緩和ケアなどのチーム医療の見学、新規採用医薬品のヒアリング、 医学部生と一緒に症例検討をする機会もあり貴重な体験が出来たと思います。日々新しい事を学び、自身の知識不足を感じることも多々ありました。学校での学ぶ知識はもちろん、 臨床ではそれ以上の知識が求められており、日々勉強が大切だと実感しました。先生方には、お忙しい中、常に実習生の事を気にかけていただき、とても充実した実習生活を送る事が出来ました。 学生実習生の人数が14人と多くて他大学の生徒と日々の実習を通して仲良くなれて良かったと思います。今回の実習で得た経験を自分の将来の進路や学業にも活かしていきたいと思います。 丁寧な指導していただいた薬剤部の皆様、本当にありがとうございました。

大阪大谷大学

11週間という短い期間の中で、最初は何かと不安がありましたが、先生方が親切丁寧に指導して下さり、充実した病院実習にすることができました。調剤をはじめ、薬務、TDM、情報室業務、TPN・抗がん剤の調製、 NSTのカンファレンスへの参加など、何れも普段経験できない貴重な経験をさせていただきました。特に病棟実習では、自分自身、初めて患者さんと向き合うことで、持参薬確認や服薬指導の難しさ、 今の自分に足りないものを再認識することができました。また、この実習で良かったことは、13人の仲間と学ぶことができたことです。彼らと日々調剤を行って知識を深め合い、時には励まし合い、また時には競い合って、 お互いを高めていくことができました。この実習で得た知識と経験を糧にして、今後の学生生活や進路決定に活かしていきたいと思います。滋賀医大病院で実習することができて、本当に良かったです。本当にありがとうございました。

大阪薬科大学

11週間大変お世話になりました。先生方、懇切丁寧な指導を有難うございます。 貴院ではTDM、NST、化学療法、緩和ケアに参加させて頂き、貴重な体験ができ大変勉強になりました。また、他大学の実習生の方と接する事でモチベーションを上げる事ができました。 病棟業務では、実際に患者さんとお話し、一人一人に適した服薬指導を行う難しさを感じましたが、薬剤師の先生方からのアドバイスのおかげで、患者さんへの親切な服薬指導を心掛けてできるようになりました。 患者さんを身近に感じ、患者さんのために最善を尽くす事ができる点が病院薬剤師の魅力的であります。薬剤師の先生方は他の医療従事者から多くのアドバイスを求められており、薬剤師の信頼性の高さを実感しました。 信頼性を築くには、日々勉強する事、他の医療従事者・患者さんとのコミュニケーションを積極的にとる事が重要であると感じました。 また自分自身の勉強不足を実感しました。先生方を見習い、日々勉強を怠らず患者さんや他職種の方に信頼されるような薬剤師になれるように努めます。 将来、貴院で働かせて頂きたいと思うほど、恵まれた環境で実習を体験できた事に感謝しております。

京都薬科大学

11週間の実習を通して、薬剤師としての仕事のやりがいや難しさを体感することが出来ました。薬剤部には本当に親切な方が多く、わからないことも丁寧に教えていただき、毎日の実習が充実していました。 また、カリキュラムの内容が幅広く、多くの事を学ばせていただきました。私が最も印象に残っているのは病棟実習です。患者さんに服薬指導をする中で、「相手の立場になって考える事」について改めて考えさせられ、 自分は今まであまり出来ていなかったということに気付きました。相手の立場になって考える姿勢は患者さんだけでなく、人と接する上でとても重要なことです。これからはそのような姿勢をより一層意識すると共に、 ここで得た経験を今後に活かし、誰からも信頼されるような人になりたいと思います。ご指導して下さった薬剤部の先生の方々、本当にありがとうございました。実習先がこの病院であったことを心からうれしく思います。