スポーツファーマシスト 長谷川 千晶 先生

スポーツファーマシストは、最新のドーピング防止規則に関する正確な情報・知識を持ち、競技者を含めたスポーツ愛好家などに対し、薬の正しい使い方の指導、薬に関する健康教育などの普及・啓発を行い、スポーツにおけるドーピングを防止することを主な活動とします。一口にドーピングと言っても、大きく2つに分けられ、禁止薬物と知っていながら確信犯的に使用するパターンと、禁止薬物と知らずに摂取してしまうパターンがあります。日本においては、後者のケースがほとんどです。しかし、不注意とはいえ、禁止薬物を使用してしまえば、その人の競技生命を左右し、努力が水の泡になってしまいます。私は大学院で体育を専攻しており、競技者が人並みならぬ努力をされている姿に触れました。薬剤師の専門的な知識を生かして、薬の正確な情報・知識の提供や教育、薬物治療を必要とする競技者に対して使用可能な薬剤の提案を行い、微力ながら支援していきたいと思っています。