日本糖尿病療養指導士 増田 恭子 先生

日本糖尿病療養指導士(CDEJ)とは、糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を持ち、患者さんに療養指導を行うことのできる熟練した経験を有し、かつ試験に合格したメディカルスタッフのことをいいます。増加し続ける糖尿病患者さんに対し、糖尿病専門医だけで診療することは困難な状況であるため、CDEJは、患者さんに正確な知識・技術を身につけていただくことや、療養継続のモチベーションを維持してもらえることを目標に活動しています。

当院では糖尿病教室を開催しており、医師・看護師・管理栄養士・理学療法士・歯科衛生士等とともにコミュニケーションを取りながらチーム医療に積極的に参加しています。各職種が自己の領域だけで適切な療養指導を行うことが困難である分野をチームでカバーし、連携をとって患者さんへの指導を行っています。 また、滋賀県で行っている糖尿病地域連携推進事業の一環として、患者さん向けの糖尿病メールマガジンの配信や、医師・医療保健関係者向けのe-learningの作成等にも参加しており、幅広い活動を行っています。