NST専門療法士 神谷 貴樹 先生

「あなたのカラダは、あなたの食べたものでできている」という言葉があります。 人間の体は自分が摂取した栄養素で構成され、必要な栄養素を過不足なく摂取することが、病気からの回復力や免疫能を高め、治療効果を最大限に発揮する原動力になります。栄養は、「何でもいいからとれば良い」ではなく、「何をどれぐらい摂取したか」も重要です。

近年、全ての治療の根幹に栄養が深く関わっていることが広く認識され、多くの病院で栄養サポートチーム(NST)が設立されています。患者さんの病態は極めて多様であり、個々の患者さんに最もふさわしい栄養管理を行うのは容易ではありません。各職種が専門的な知識や経験を共有し、NSTとして方針を決定していく中で、薬剤師も専門性を生かし、患者さんの栄養改善に取り組んでいます。

当院のNSTでは、静脈栄養輸液の処方設計や消化器症状に対する支持療法の提案などを通じて、薬剤師が積極的に栄養管理に関わる場面が多く、幅広い知識やチーム医療の考え方を学ぶことができます。