緩和薬物療法認定薬剤師 森井 博朗 先生

緩和ケアとは、重い病を抱える患者さんやその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアです。

薬剤師も緩和ケアチームの一員として、薬物療法を通じて患者さんを痛みなどの身体の辛さや心の辛さから解放するための役割を担っています。特に疼痛に使用される医療用麻薬については不安や誤解を取り除き、副作用を避けるための対策を取り、鎮痛薬がいつも効いている状態を保てるように、処方設計・提案や医薬品情報の提供などを積極的に行っています。

緩和ケアはチーム医療が不可欠です。薬剤師も毎日患者さんのところに回診し、医師や看護師はもちろんのことソーシャルワーカー、理学療法士、作業療法士、栄養士など多職種と情報共有しながら業務を行っています。そのため薬学的視点だけでなく、多角的な視点で患者さんについて考えることができるのも緩和ケアに関わらせてもらっている者の醍醐味と思います。

患者さんが苦痛から解放してもらえるように、ぜひ一緒に緩和ケアに携わってもらえたらと思います。