京都薬科大学卒業 中屋 友紀子 先生

大学病院にレジデントとして入職し、学ぶ意欲の高い先輩方に囲まれて日々刺激を受けつつ業務に取り組んでいます。レジデント制度を実施しているため学習の場をたくさん与えて下さること、初期から病棟に配属されるため他職種と積極的に関わり、考えに触れる機会が多いことが当院薬剤部の魅力であると思います。私は脳神経外科・眼科の病棟に所属し、服薬指導や副作用モニタリング、持参薬鑑別などを行っています。患者さんにより良い医療を提供できる薬剤師になるために向上心を忘れず業務に臨みたいと思います。