京都薬科大学卒業 小澤 慶祐 先生

1年間のレジデント研修を受け多くの部署を回りました。またチーム医療にも参加させてもらったことで短い期間で多くの経験を得ることができ、そこで培った知識・経験を生かしながら日々の病棟・調剤室業務を行っています。

私は現在、糖尿病内分泌内科・腎臓内科・神経内科の3つの科が混合した病棟を担当しており、手術部も兼任しております。病棟業務は持参薬鑑別・服薬指導を主に行い、その他に糖尿病教室で患者に対しての講義も行っています。手術部では薬剤の管理、術中の薬剤の請求漏れのチェックなどを行い、普段触れることない外科系の薬剤に触れることができます。

多くの業務を任してもらい日々学ぶことばかりで大変ですが、ここで学んで得たことは今後も薬剤師としての武器や宝となると思います。

知識だけでなく患者の立場になって気持ちを感じ取るといった感覚を常に持ち、将来的には患者に最も近い薬剤師を目指しています。