業績・資格・認定

業績

2019年

受賞等
  1. 日本静脈経腸栄養学会 JSPENスカラーシップ賞, 神谷貴樹, 2019年2月15日
  2. 平成29年度学長裁量経費(若手萌芽研究)採択者によるポスターセッション(学内) 優秀者賞, 池田義人, 森田真也, 波多野 亮, 辻徳治, 寺田智祐: 胆汁酸肝組織障害に対する新規治療薬開発を目指したリン脂質トランスポーターABCB4の機能解明, 2019年2月28日
  3. 第7回江口記念がん優秀論文賞 (日本病院薬剤師会) , 野田哲史: Exploratory investigation of target pazopanib concentration range for patients with renal cell carcinoma. Clin. Genitourin. Cancer, 17 (2), e306-e313 (2019), 2019年6月15日
英文(原著)
  1. Takaki Kamiya, Daiki Hira, Nobuo Hoshino, Mika Kurihara, Mayumi Nakagawa, Masaya Sasaki, Tomohiro Terada. Low body mass index and myeloablative conditioning regimen prolong the duration of parenteral nutrition during hematopoietic stem cell transplantation. Ann. Nutr. Metab., 74, 107-114 (2019). 
  2. Masaki Sumi, Takashi Hisamatsu, Akira Fujiyoshi, Aya Kadota, Naoko Miyagawa, Keiko Kondo, Sayaka Kadowaki, Sentaro Suzuki, Sayuki Torii, Maryam Zaid, Atsushi Sato, Hisatomi Arima, Tomohiro Terada, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima. Association of Alcohol Consumption With Fat Deposition in a Community-Based Sample of Japanese Men: The Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis (SESSA). J Epidemiol, 29 (6), 205-212 (2019)
  3. Satoshi Noda, Tetsuya Yoshida, Daiki Hira, Ryosuke Murai, Keiji Tomita, Teruhiko Tsuru, Susumu Kageyama, Akihiro Kawauchi, Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Exploratory investigation of target pazopanib concentration range for patients with renal cell carcinoma. Clin. Genitourin. Cancer, 17 (2), e306-e313 (2019).
  4. Hiroka Takase, Masafumi Tanaka, Yuki Nakamura, Shin-ya Morita, Toshiyuki Yamada, Takahiro Mukai.  Effects of lipid composition on the structural properties of human serum amyloid A in reconstituted high-density lipoprotein particles. Chem. Phys. Lipids, 221, 8-14 (2019)
  5. Satoshi Dote, Kaori Ito, Shoji Itakura, Takeo Yasu, Daiki Hira, Satoshi Noda, Shigeki Yamada, Yuka Kobayashi, Tomohiro Terada. Impact of prior bortezomib therapy on the incidence of lenalidomide-induced skin rash in multiple myeloma: a propensity score-matched multi-institutional cohort study. Leukemia & Lymphoma, in press.
  6. Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Ryo Hatano, Tokuji Tsuji, and Tomohiro Terada. Enhancing effect of taurohyodeoxycholate on ABCB4-mediated phospholipid efflux. BBA-Mol. Cell Biol. Lipids, 1864(10), 1495-1502 (2019).
  7. Tokuji Tsuji, Shin-ya Morita , Yoshito Ikeda, Tomohiro Terada. Enzymatic fluorometric assays for quantifying all major phospholipid classes in cells and intracellular organelles. Sci. Rep., 9, 8607 (2019)
  8. Satoshi Ueshima, Daiki Hira, Chiho Tomitsuka, Miki Nomura, Yuuma Kimura, Takuya Yamane, Yohei Tabuchi, Tomoya Ozawa, Hideki Itoh, Minoru Horie, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura. Population Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of Apixaban Linking Its Plasma Concentration to Intrinsic Activated Coagulation Factor X Activity in Japanese Patients with Atrial Fibrillation. AAPS J., 21:80 (2019)
  9. Qi Wu, Hideki Hayashi, Daiki Hira, Keiko Sonoda, Satoshi Ueshima, Seiko Ohno, Takeru Makiyama, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura, Katsuyuki Miura, Minoru Horie. Genetic variants of alcohol‐metabolizing enzymes in Brugada syndrome: Insights into syncope after drinking alcohol. Journal of Arhythmia, 00, 1-8 (2019)
英文(著書・総説)
  1. Shin-ya Morita, Yoshito Ikeda, Tokuji Tsuji, Tomohiro Terada. Molecular mechanisms for protection of hepatocytes against bile salt cytotoxicity. Chem. Pharm. Bull., 67 (4), 333-340 (2019).
和文(原著)
  1. 赤羽理也、下村春奈、星野伸夫、寺田智祐:ハイケアユニット領域における薬学実務実習生教育の実態調査〜ICU頻出薬剤テストおよび「代表的疾患」別使用薬剤確認テストを通じて〜, 滋賀県病院薬剤師会誌, 42 (1), 2-4 (2019).
  2. 國津侑貴, 磯野哲一郎, 平大樹, 寺田智祐: 「Triple Whammy」(レニン・アンジオテンシン系阻害薬, 利尿薬, 非ステロイド性抗炎症薬の3剤併用)による腎機能への慢性的な影響, YAKUGAKU ZASSHI, in press.
  3. 國津侑貴, 上田智弘, 平大樹, 森田真也, 寺田智祐: 病院薬剤師が主導した薬学生の実務実習におけるルーブリック評価トライアル, 薬学教育, in press.
  4. 國津侑貴, 森河内彩, 平大樹, 十亀裕子, 寺田智祐: 処方せんへの検査値記載による医療経済効果, 医療薬学, in press.
和文(著書・総説)
  1. 炭昌樹, 寺田智祐: 抗ウイルス薬, 医薬ジャーナル, 55 (S-1), 297-303 (2019)
  2. 磯野哲一郎: 鎮痛薬, 透析ケア, 25 (3), 32-33 (2019)
  3. 神谷貴樹: 準備編 Ⅰ 解剖・生理, 準備編 II 三大栄養素の代謝と機能, 準備編 III ビタミン・微量元素, 準備編 IV 生体の水分・電解質 (組成), 準備編 V 飢餓と侵襲・悪液質, 実践編 III 静脈栄養法, 実践編 IV 病態別の栄養療法, 付録 III 在宅栄養療法, 付録 IV 経管栄養不適薬品, メディカルスタッフのための栄養療法ハンドブック 改訂第2版 (編集 佐々木雅也), 2-29, 94-136, 170-173, 181-189, 247-251 (2019).
  4. 平大樹、角本幹夫、岡野友信、寺田智祐: 効果的なエアロゾル吸入療法を実現するための吸入支援、日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌、in press.
  5. 山本美智子、寺田智祐: 医療における賢明な選択 (Choosing Wisely)と”Shared decision making” −薬剤師に期待される役割−、薬学雑誌、139 (4), 545-546 (2019).
  6. 寺田智祐: 14章 悪性腫瘍と薬物治療、薬物治療学 (第2版) (編集 平井みどり、三木知博), 481-528, 化学同人 (2019).
  7. 日置三紀: 第5章 支持療法 9-3. 疲労、臨床腫瘍薬学 (日本臨床腫瘍薬学会 編), 753-759, じほう社 (2019).
  8. 野田哲史, 寺田智祐: 併存疾患のあるがん患者における薬物相互作用のピットフォール: 非弁膜症性心房細動・静脈血栓塞栓症, 薬局, 70 (7), 1460-1467, (2019).
  9. 赤羽理也: 第3章1.– ⑥ リチウム、医療現場のための薬物相互作用リテラシー (編集 大野能之、樋坂章博), 143-148, 南山堂 (2019).
  10. 日置三紀: 第5章 肝胆膵がん Ⅲ.膵臓がん FOLFIRINOX (オキサリプラチン+イリノテカン+フルオロウラシル+レボホリナート), がん化学療法レジメン管理マニュアル 第3版 (監修:濱 敏弘, 編集:青山 剛, 東 加奈子, 池末 裕明, 内田 まやこ, 佐藤 淳也, 高田 慎也), 334-344, 医学書院 (2019).
報道関係 (記事・取材など)
  1. 森田真也: DOHaD, 日本病院薬剤師会雑誌, 55 (2), 172 (2019)
  2. 寺田智祐: お祝いの言葉, 薬事新報, 3083 (20), 157 (2019)
  3. 野田哲史: スニチニブの予期せぬ副作用、どう乗り越える?, PharmaTribune, 2019年5月29日
  4. 森田真也: GPCR, 日本病院薬剤師会雑誌, 55 (6), 630 (2019)
  5. 薮田直希: 免疫チェックポイント阻害薬と副作用, ラジオNIKKEI「薬学の時間」, 2019年6月6日
  6. 寺田智祐: 書評(保険薬局薬剤師のためのもうビビらない!がん関連処方対応術 監修:宮田佳典, 編集:中信がん薬々連携推進ワーキンググループ, 南山堂), 薬局, 70 (8), 1619 (2019)
  7. 寺田智祐: 進歩するがんゲノム医療 薬剤師に期待される役割とは, 月刊薬事, 61(9), 1606-1607 (2019)
  8. 寺田智祐: お祝いの言葉〜近畿ブロック大会顧問を代表して〜, 奈良県病院薬剤師会会誌 第40回日本病院薬剤師会近畿学術大会特集号, 7 (2019)
  9. 日置三紀: アントラサイクリン系薬剤(ドキソルビシン等)、抗HER2抗体(トラスツズマブ等)による心毒性の対処法、抗がん剤NAVI, 753-759, 2019年8月30日.
国際学会(シンポジウム)
  1. Tomohiro Terada: PK/PD/PGx analysis of tyrosine kinase inhibitors ~from research to practice , The 9th Asian Association of Schools of Pharmacy (AASP) Conference, July 5. 2019 (Suwon, Korea)
国際学会(一般演題)
  1. Tokuji Tsuji, Shin-ya Morita, Yoshito Ikeda, Tomohiro Terada: Quantitative analysis of major phospholipid classes in cells and organelles by novel enzymatic fluometric methods, 60th International Conference on the Bioscience of Lipids, June 18. 2019 (Tokyo, Japan)
  2. Shin-ya Morita, Tokuji Tsuji, Yoshito Ikeda, Tomohiro Terada: Development of novel enzymatic fluorometric assay for quantifying phosphatidylinositol, 60th International Conference on the Bioscience of Lipids, June 19. 2019 (Tokyo, Japan)
  3. Takaki Kamiya, Daiki Hira, Masaya Sasaki, Tomohiro Terada: Exacerbating factors for poor oral intake associated with hematopoietic stem cell transplantation, WIN SYMPOSIUM 2019, June 23-24, 2019 (Paris, France)
  4. Shin-ya Morita, Yoshito Ikeda, Ryo Hatano, Tokuji Tsuji, Tomohiro Terada: Enhancement of ABCB4-mediated efflux of phospholipids by bile salts, BioMedical Transporters 2019, August 7, 2019 (Lucerne, Switzerland)
  5. Takaki Kamiya, Daiki Hira, Nobuo Hoshino, Mika Kurihara, Mayumi Nakagawa, Masaya Sasaki, Tomohiro Terada: Prolonging factors of the duration of parenteral nutrition in patients treated with hematopoietic stem cell transplantation, 41st ESPEN Congress, August 3- September 3, 2019 (Krakow, Poland)
国内学会・研究会等(特別講演・シンポジウムなど)
  1. 國津侑貴: 薬剤師としての慢性腎臓病(CKD)重症化予防取り組み, 第8回滋賀CKDネットワーク研究会, 2019年1月12日(大津)
  2. 寺田智祐 (パネリスト): 他職種で取り組む今後のがんゲノム医療 (各拠点からの代表者 (他職種)によるパネルディスカッション), 平成30年度近畿地区3拠点合同フォーラム, 2019年1月25日(大阪)
  3. 寺田智祐: Choosing Wiselyと薬剤師, 千葉県病院薬剤師会南部支部研修会「南房総臨床薬学セミナー」, 2019年2月7日(鴨川)
  4. 道家雄太郎: 地域での体制整備に向けた取り組み方策に関する討議~災害発生時の薬剤師の役割~, 滋賀県薬剤師会災害薬事専門薬剤師養成研修会および次世代薬剤師指導者研修伝達研修会, 2019年2月10日(近江八幡)
  5. 若杉吉宣: 肝がん治療における薬物療法について, 平成30年度滋賀県肝炎医療従事者研修会, 2019年2月11日(草津)
  6. 寺田智祐: チームと地域で支えるがん薬物療法~連携をうまく進めるために~, 京都市南部オンコロジーセミナー, 2019年2月16日(京都)
  7. 森田真也: 新規全リン脂質クラス酵素蛍光定量法の開発と生命科学・臨床研究への応用, 第5回医療と介護の総合展メディカルジャパン大阪, 2019年2月22日(大阪)
  8. 野田哲史: 循環器疾患合併患者におけるがん薬物療法, 第4回ハイリスクがん患者がん薬物療法セミナー, 2019年3月12日(草津)
  9. 森田真也: 新規全主要リン脂質クラス酵素蛍光定量法の開発と臨床研究への応用, 日本薬学会第139年会, 2019年3月21日(千葉)
  10. 寺田智祐: がんゲノム医療における薬剤師の役割, 日本薬学会第139年会, 2019年3月23日(千葉)
  11. 野田哲史: がん専門薬剤師が実践する経口分子標的薬抗がん剤のPK/PD/PGxの研究, 日本薬学会第139年会, 2019年3月23日(千葉)
  12. 日置三紀: 乳がん薬物療法による現在および将来の妊娠への影響と薬剤師の役割,  日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019, 2019年3月23日(札幌)
  13. 寺田智祐: 滋賀県における地域連携の取り組み〜価値ある患者情報の共有を目指して〜, Pharmacist meeting in Kochi, 2019年4月6日(高知)
  14. 寺田智祐: 滋賀県における医薬連携の取り組み~患者アウトカムの向上を目指して~, 平成31年度三重県病院薬剤師会通常総会, 2019年4月20日(津)
  15. 寺田智祐: 慢性疾患化するがん~併存疾患を有するがん患者へのアプローチ~, 第11回日本がん薬剤学会 (JSOPP)学術大会, 2019年5月12日(東京)
  16. 野田哲史: 循環器疾患を有する患者へのがん薬物療法, 第11回日本がん薬剤学会 (JSOPP)学術大会, 2019年5月12日(東京)
  17. 寺田智祐, 平大樹: 薬学的視点に基づいたプレシジョン・メディシン〜現状と展望〜, 日本薬剤学会第34年会, 2019年5月16日(富山)
  18. 野田哲史, 寺田智祐: 腎がん領域における経口分子標的抗がん薬へのTDMの貢献と今後の展開, 第36回日本TDM学会・学術大会, 2019年5月26日(東京)
  19. 薮田直希: 大腸がんの基礎知識, 臨床腫瘍薬学会スタートアップセミナー2019東京, 2019年5月26日 (東京)
  20. 野田哲史: 大腸がんの基礎知識, 臨床腫瘍薬学会スタートアップセミナー2019大阪, 2019年6月9日 (東大阪)
  21. 日置三紀, 妊娠可能年齢のがん薬物療法:臨床の薬剤師はどう対応するか? , 静岡県病院薬剤師会薬物療法研修会「妊婦・授乳婦とがん薬物療法を学ぶ会」, 2019年6月15日 (静岡)
  22. 寺田智祐: がんゲノム医療における薬剤師の役割, 第1回慶應義塾大学がんプロフェッショナル研修会, 2019年6月15日(東京)
  23. 寺田智祐: がん遺伝子カウンセリング ②「薬剤師の立場から」, がんチーム医療に貢献する第26回オンコロジーセミナー, 2019年6月29日(東京)
  24. 神谷貴樹: 静脈栄養法におけるリスクマネジメントにNST薬剤師はどう関わるべきか, 第11回日本静脈経腸栄養学会 近畿支部学術集会, 2019年6月29日 (大阪)
  25. 國津侑貴: 腎症を考慮した薬剤業務・指導 〜CKDシールの活用事例から〜, Diabetes Seminar in 滋賀, 2019年7月6日(大津)
  26. 國津侑貴, 磯野哲一郎, 寺田智祐: 腎臓病患者の安全な薬物療法のための医薬薬連携, 医療薬学フォーラム2019, 2019年7月14日(広島)
  27. 神谷貴樹: 薬剤師に必要な栄養学 〜健康相談や服薬指導の現場での栄養アプローチ〜, 新潟薬科大学 薬剤師生涯教育講座, 2019年7月20日 (新潟)
  28. 森田真也: 新規リン脂質酵素蛍光定量法を用いた胆汁酸によるABCB4活性調節メカニズムの解明, 第14回トランスポーター研究会年会, 2019年7月21日 (札幌)
  29. 日置三紀: 婦人科癌における薬学的な介入, 日本臨床腫瘍薬学会 (JASPO)ブラッシュアップセミナー2019, 2019年7月28日 (福岡)
  30. 寺田智祐: 地域で取り組むがん薬物療法〜上手な連携のノウハウ〜, Oncology Pharmacist Eye Seminar in 沖縄, 2019年8月3日 (那覇)
  31. 神谷貴樹: 臨床現場で学ぶべきチーム医療と栄養管理, 第4回日本薬学教育学大会, 2019年8月29日 (豊中)
  32. 寺田智祐: 併存症を有する患者のがん薬物治療法〜患者ケアで気をつけるべきポイント〜 講演1: 超高齢化社会がもたらす対応の複雑さ〜総論と薬剤師の立場から〜, 第4回日本がんサポーティブケア学会学術集会, 2019年9月6日(青森)
国内学会・研究会等(一般演題)
  1. 神谷貴樹, 堀江美弥, 星野伸夫, 馬場重樹, 寺田智祐, 佐々木雅也, 大学病院における静脈栄養処方の動向と処方の適正化, 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2019年2月15日 (東京)
  2. 平大樹, 勝部友理恵, 辻本雅之, 小出博義, 峯垣哲也, 池田義人, 森田真也, 西口工司, 寺田智祐: カンデタルサンシレキセチルの併用はパクリタキセルーカルボプラチン併用療法施行患者の好中球減少リスクを増加させる,  日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019, 2019年3月23日(札幌)
  3. 辻徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐: 酵素蛍光法を用いたオルガネラ膜における主要リン脂質クラスの定量分析, 日本膜学会第41年会, 2019年5月9日(東京)
  4. 森田真也, 池田義人, 辻徳治, 寺田智祐: ABCB4による胆汁中リン脂質排出を促進する胆汁酸の探索とメカニズムの解明, 日本薬剤学会第34年会, 2019年5月17日(富山)
  5. 神谷貴樹: 効果的な処方提案のために 〜いつ、誰と、何を連携するか?〜 , 第29回京滋NST研究会, 2019年6月1日 (京都)
  6. 森井博朗, 長谷川千晶, 西川誠人, 服部聖子, 醍醐弥太郎, 星野伸夫, 寺田智祐: 緩和ケアチーム薬剤師の役割 ~薬剤師による意思決定支援介入事例を通して~, 第13回日本緩和医療薬学会年会, 2019年6月2日 (千葉)
  7. 大崎理英, 野田哲史, 藤本剛英, 村田雅樹, 高橋憲一郎, 馬場重樹, 稲富理, 杉本光繁, 寺田智祐, 安藤朗: Lenvatinib 血中濃度測定により良好な腫瘍制御が可能であった一例 , 第20回日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年6月29日 (長崎)
  8. 森田真也, 辻徳治, 池田義人, 寺田智祐: 新規リン脂質酵素蛍光定量法を用いた細胞内ホスファチジルイノシトール合成関連酵素の機能解析, 第61回日本脂質生化学会, 2019年7月4日 (札幌)
  9. 土手賢史, 山口大介, 平大樹, 野田哲史, 小林由佳, 寺田智佑: Hypothyroidism related to the VEGFR2-binding monoclonal antibody ramucirumab: 14 case-series and a descriptive study , 第17回日本臨床腫瘍学会学術大会, 2019年7月20日 (京都)
  10. 福井里佳, 平大樹, 國津侑貴, 磯野哲一郎, 田淵陽平, 生野芳博, 上島智, 伊藤英樹, 寺田智祐: 門脈血栓症に対するdirect oral anticoagulants (DOAC) 適応外使用の安全性評価, 第40回滋賀県病院薬剤師会・学術大会, 2018年8月4日(草津)
科学研究費助成等
  1. 神谷貴樹; 公益財団法人 滋賀医学国際協力会 医学系研究者海外渡航助成, 令和元年度, 100千円
  2. 中村吉伸; 滋賀医科大学 平成31年度 学長裁量経費 (若手萌芽研究), 膜リン脂質非対称分布評価に基づくエキソソームの機能解明, 平成31年度, 500千円
  3. 辻徳治; 2019年度科学研究費助成事業 学術研究助成基金助成金, 研究活動スタート支援 (19K23799), 新規リン脂質定量分析法を用いた動脈硬化性冠動脈疾患の発症抑制因子の探索, 令和元年-2年度, 2,200千円
特許
  1. (米国特許) Inventor: Shin-ya Morita, Applicant: Shiga University of Medical Science, Method and kit for quantifying cardiolipin, U.S. Patent No.: 10174357 (Date of Patent: Jan. 8, 2019), U.S. Patent Application No.: 15/301133 (Dec. 13, 2016), PCT No.: PCT/JP2015/057870 (Mar. 17, 2015)
  2. 発明者: 森田真也, 特許権者: 国立大学法人滋賀医科大学, カルジオリピンの定量方法及び定量用キット, 特許第6513637号(登録日2019年4月19日), 特願2016-511518(出願日2015年3月17日, 優先日2014年4月3日)
実習生・研修生等受入
  1. 平成30年度 第3期 薬学生病院実務実習, 12名, 2018年11月5日-2019年1月25日
  2. 聖パウロ学園光泉中学校 職場体験学習, 2年生5名, 2019年4月24日
  3. 陕西省肿瘤医院薬剤部(Department of Pharmacy, Shaanxi Provincial Cancer Hospital), Dr. Cao Fang, 2019年5月13日-5月24日
  4. 大津市立青山中学校 職場体験学習, 2年生3名, 2019年5月27日-5月31日
  5. 立命館大学薬学部1回生早期体験学習, 11名, 2019年6月21日

2018年

受賞等
  1. 平成29年度 滋賀県病院協会優秀職員会長表彰, 星野伸夫, 2018年2月4日
  2. 平成29年度 SUMSグランド・ラウンド優秀者, 森田真也: 全リン脂質クラス酵素蛍光定量法の開発と生命科学研究への応用, 2018年3月26日
  3. 第35回日本TDM学会学術大会 優秀発表賞, 磯野哲一郎, 平 大樹, 福井里佳, 田淵陽平, 赤羽理也, 池田義人, 森田真也, 寺田智祐: ファーマコゲノミクス検査に基づいた抗血小板薬選択の実態調査, 2018年5月27日 (福岡)
  4. 平成30年度日本医療薬学会論文賞, 磯野哲一郎, 國津侑貴, 増田恭子, 平 大樹, 荒木久澄, 荒木信一, 宇津 貴, 寺田智祐: 滋賀県全域で5年に渡り展開されたCKDシールのアウトカム評価 , 医療薬学, 43(11), 601-609 (2017).
英文(原著)
  1. Daiki Hira, Hiroyoshi Koide, Shigemi Nakamura, Toyoko Okada, Kazunori Ishizeki, Masafumi Yamaguchi, Setsuko Koshiyama, Tetsuya Oguma, Kayoko Ito, Saori Funayama, Yuko Komase, Shin-ya Morita, Kohshi Nishiguchi, Yasutaka Nakano, Tomohiro Terada. Assessment of inhalation flow patterns of soft mist inhaler co-prescribed with dry powder inhaler using inspiratory flow meter for multi inhalation devices. PLoS ONE, 13 (2), e0193082 (2018).
  2. Satoshi Ueshima, Daiki Hira, Yuuma Kimura, Ryo Fujii, Chiho Tomitsuka, Takuya Yamane, Yohei Tabuchi, Tomoya Ozawa, Hideki Itoh, Seiko Ohno, Minoru Horie, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura. Population pharmacokinetics and pharmacogenomics of apixaban in Japanese adult patients with atrial fibrillation. Br. J. Clin. Pharmacol., 84 (6), 1301-1312 (2018).
  3. Yurie Katsube, Daiki Hira, Masayuki Tsujimoto, Hiroyoshi Koide, Tetsuya Minegaki, Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Kohshi Nishiguchi, Tomohiro Terada. Concomitant administration of candesartan cilexetil in patients on paclitaxel and carboplatin combination therapy increases risk of severe neutropenia. Int. J. Clin. Pharmacol. Ther., 56 (7), 328-336 (2018).
  4. Satoshi Dote, Shoji Itakura, Kohei Kamei, Daiki Hira, Satoshi Noda, Yuka Kobayashi, Tomohiro Terada. Oral mucositis associated with anti-EGFR therapy in colorectal cancer: single institutional retrospective cohort study. BMC Cancer, 18, 957 (2018).
英文(著書・総説)
  1. Daiki Hira, Tomohiro Terada. BCRP/ABCG2 and high-alert medications: biochemical, pharmacokinetic, pharmacogenetic and clinical implications. Biochem. Pharmacol., 147, 201-210 (2018).
和文(原著)
  1. 炭 昌樹, 長谷川千晶, 森井博朗, 星野伸夫, 奥貫裕美, 金本賢枝, 堀江美弥, 岡本陽香, 藪田直希, 松田雅史, 神谷貴樹, 須藤正朝, 増田恭子, 岩下由梨, 松田佳織, 本岡芳子, 平 大樹, 森田真也, 寺田智祐: 保険薬局薬剤師を対象とした二日間の病院実地研修の実践と評価 ~地域医療連携の推進を目的とした試み~ , YAKUGAKU ZASSHI, 138(5), 715-722 (2018).
和文(著書・総説)
  1. 寺田智祐: がんゲノム医療と薬剤師, 医薬ジャーナル,54 (2), 229-231 (2018)
  2. 森田真也: 脂質異常症治療薬, 医薬ジャーナル, 54 (S-1), 607-614 (2018)
  3. 平 大樹, 寺田智祐: 医薬品の適正使用に向けた電子カルテからオーダー可能なファーマコゲノミクス検査体制の構築, 医薬ジャーナル, 54(3), 865-868 (2018)
  4. 渡部一宏, 寺田智祐, 三浦晶朋 (担当編集): I. 悪性腫瘍, 病態を理解して組み立てる 薬剤師のための疾患別薬物療法 改訂第2版 (日本医療薬学会/編集), 南江堂 (2018)
  5. 若杉吉宣: 第8章 肝がん, 病態を理解して組み立てる 薬剤師のための疾患別薬物療法 I. 悪性腫瘍 改訂第2版, 99-109, 南江堂 (2018)
  6. 若杉吉宣: 第9章 膵がん, 病態を理解して組み立てる 薬剤師のための疾患別薬物療法 I. 悪性腫瘍 改訂第2版, 110-120, 南江堂 (2018)
  7. 磯野哲一郎, 國津侑貴, 寺田智祐: 慢性腎臓病, 薬局, 69 (4), 592-607 (2018).
  8. 池田義人: 脂質異常症のバイオマーカー探索を目的とした各種中性脂質個別定量法の開発, 薬学研究の進歩, 34, 69-73 (2018).
  9. 神谷貴樹: 栄養について薬剤師が考えることで, 患者さんに最大限のメリットを, 調剤と情報, 24 (6), 774-779, (2018).
  10. 神谷貴樹: 第1章 5 ビタミン, 調剤と情報, 24 (6), 803-809, (2018).
  11. 神谷貴樹: 第1章 6 ミネラル, 調剤と情報, 24 (6), 810-816, (2018).
  12. 神谷貴樹: 第1章 7 必要エネルギー量・水分量の算出, 調剤と情報, 24 (6), 817-820, (2018).
  13. 堀江美弥: 第4章 6 消化器疾患, 調剤と情報, 24 (6), 965-974, (2018).
  14. 寺田智祐: 行動経済学と薬剤師, 医薬ジャーナル,54 (6), 1383-1385 (2018)
  15. 薮田直希: 免疫チェックポイント阻害薬の臨床薬理, 医薬ジャーナル, 54 (8), 1863-1868 (2018)
  16. 平 大樹, 小出博義, 角本幹夫, 寺田智祐: 吸入デバイスの特徴と選び方 -最適な吸入療法の実現に向けて, 月刊薬事, 60 (12), 2261-2265 (2018)
  17. 寺田智祐: 生涯「学問」と薬剤師, 医薬ジャーナル,54 (11), 2361-2363 (2018)
  18. 國津侑貴, 磯野哲一郎, 寺田智祐: 慢性腎臓病患者における慢性運動器疼痛治療, 薬局, 69 (12), 3342-3346 (2018).
  19. 日置三紀: AYA世代がん患者の抱える問題に薬剤師はどう関わるか?, ファルマシア, 54 (12), 1132-1134 (2018).
  20. 磯野哲一郎: 優秀演題賞を受賞して 「ファーマコゲノミクス検査に基づいた抗血小板薬選択の実態調査」, TDM研究, 35 (4), 142-146 (2018).
報道関係(記事・取材)
  1. 森田真也: 腸内フローラ, 日本病院薬剤師会雑誌, 54 (2), 216 (2018)
  2. 森田真也: non-HDL-C, 日本病院薬剤師会雑誌, 54 (4), 408 (2018)
  3. 森田真也: IGRA, 日本病院薬剤師会雑誌, 54 (8), 1015 (2018)
  4. 寺田智祐, 磯野哲一郎, 國津侑貴: 医薬連携で進める地域全体の医薬品適正使用 ~滋賀県全域で5年にわたり展開されたCKDシールのアウトカム評価~, ファーマスコープ, 28 (9), 7-10 (2018)
  5. 寺田智祐: 薬剤投与調整のための腎機能検査値, クレデンシャル, 123 (12), 16-17 (2018)
  6. 星野伸夫: 私と県病薬, 滋賀県病院薬剤師会誌, 41 (2), 1 (2018)
  7. 森井博朗: 緩和薬物療法認定薬剤師を取得して, 滋賀県病院薬剤師会誌, 41 (2), 32-33 (2018)
国内学会・研究会等(特別講演・シンポジウムなど)
  1. 磯野哲一郎: 滋賀県全域におけるCKDシールの取り組み ~5年を振り返って~, 第7回滋賀CKDネットワーク研究会, 2018年1月20日 (大津)
  2. 上西幸治: 睡眠薬内服による転倒リスクを減らすために ~実態調査と取り組み~, 睡眠薬と転倒を考える会, 2018年1月20日 (大津)
  3. 野田哲史: 病院薬剤師がなぜ学位を目指したのか, がん専門薬剤師によるキャリアパスセミナー 臨床薬学研究者養成セミナー, 2018年1月28日 (京都)
  4. 寺田智祐: 薬剤師と博士号 -専門性をもった薬剤師の活躍と期待-, がん専門薬剤師によるキャリアパスセミナー 臨床薬学研究者養成セミナー, 2018年1月28日 (京都)
  5. 寺田智祐: 腎機能低下症例に対する医薬品処方適正化に向けたCKDシールの取り組み, 近畿薬剤師合同学術大会2018, 2018年2月4日 (京都)
  6. 森井博朗: がん性疼痛に使用する鎮痛薬, 在宅医療を支える緩和ケアセミナー, 2018年3月4日 (草津)
  7. 長谷川千晶: 痛みの評価・がん疼痛治療におけるオピオイド注射薬の位置づけ, 在宅医療を支える緩和ケアセミナー, 2018年3月4日 (草津)
  8. 寺田智祐: ファーマコジェネティクスの基礎と実例, ゲノム医療薬剤師ミニレクチャー, 2018年3月10日 (東京)
  9. 神谷貴樹: 静脈栄養の処方設計とピットフォール, 平成29年度NST特別講演会, 2018年3月30日 (京都)
  10. 若杉吉宣: 長期にわたるステロイド内服患者におけるがん薬物療法, 第2回ハイリスクがん患者がん薬物療法セミナー, 2018年4月24日 (草津)
  11. 寺田智祐: ファーマコゲノミクス検査の臨床実装, 第35回日本TDM学会学術大会, 2018年5月27日 (福岡)
  12. 野田哲史: 腎がん治療薬スニチニブ・パゾパニブのTDMを活用した個別化投与設計の確立に向けて, 第35回日本TDM学会学術大会, 2018年5月27日 (福岡)
  13. 寺田智祐: 患者アウトカムの向上を意識した研究マインドの醸成~これまでの研究を振り返って~, 平成30年度国公私立大学病院医療技術関係職員研修 (薬剤部職員), 2018年6月1日 (東京)
  14. 野田哲史: 大腸がんの基礎知識, 日本臨床腫瘍薬学会 スタートアップセミナー2018, 2018年6月24日(大阪)
  15. 辻徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐: 全主要リン脂質クラスを網羅的に解析する酵素蛍光定量法の開発, 医療薬学フォーラム2018, 2018年6月24日 (東京)
  16. 平 大樹: 吸入療法のサイエンスとプラクティス-大学病院との連携-, 医療薬学フォーラム2018, 2018年6月24日 (東京)
  17. 寺田智祐: 腎機能低下患者に対する医薬連携のチャレンジ~滋賀県での取り組み~, 福井Pharmacist CKD学術講演会, 2018年7月5日 (福井)
  18. 神谷貴樹: 栄養指導に活かせる静脈栄養法の知識, 第48回栄養学連続講義, 2018年7月7日 (大阪)
  19. 國津侑貴: 腎機能低下患者とポリファーマシー対策, 滋賀県CKD連携推進会議 特別講演会, 2018年7月14日 (守山)
  20. 森田真也: 主要リン脂質クラス一斉定量法の開発と応用, 第58回日本臨床化学会年次学術集会, 2018年8月25日 (名古屋)
  21. 寺田智祐: がんゲノム医療時代に求められる薬剤師の役割, 東海北陸ブロック Oncology Pharmacist Community Forum 2018, 2018年9月8日 (名古屋)
  22. 日置三紀: 抗がん薬による姙孕性への影響を考える, 第15回 日本乳癌学会中部地方会, 2018年9月8日 (津)
  23. 寺田智祐: リウマチ疾患の服薬指導, 平成30年度 近畿地区リウマチの治療とケア教育研修会, 2018年9月9日 (大津)
  24. 日置三紀: 婦人科癌における薬学的な介入, 日本臨床腫瘍薬学会ブラッシュアップセミナー2018, 2018年9月9日 (東大阪)
  25. 神谷貴樹: 栄養指導に活かせる医薬品の知識, 吹田保健所管内集団給食研究会, 2018年9月19日 (吹田)
  26. 寺田智祐: ファーマコジェネティクスの基礎と実例, ゲノム医療薬剤師研修会, 2018年9月23日 (京都)
  27. 日置三紀: 乳がんにおける分子標的薬のマネジメント, 第51回日本薬剤師会学術大会, 2018年9月24日 (金沢)
  28. 炭 昌樹:  疑義照会簡素化プロトコル運用の実際 ~より円滑な連携のために~, 第5回甲賀湖南薬薬連携の会, 2018年9月29日 (甲賀)
  29. 寺田智祐: 外来患者の医薬連携 ~価値ある患者情報の共有を目指して~, 第10回滋賀県の脳卒中を考える会, 2018年10月6日 (大津)
  30. 須藤正朝: レジメンとは? ~処方監査における検査値の活用~, 第18回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2018年10月7日 (大津)
  31. 柏木優花: 殺細胞性抗がん薬の薬学的特徴, 第18回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2018年10月7日 (大津)
  32. 中村春香: ホルモン療法薬の薬学的特徴, 第18回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2018年10月7日 (大津)
  33. 若杉吉宣: 支持療法薬の薬学的特徴, 第18回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2018年10月7日 (大津)
  34. 野田哲史: ゲノム薬理学の基礎と実践, 第18回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2018年10月7日 (大津)
  35. 森井博朗: がん疼痛治療における医療用麻薬の使用方法, 滋賀県病院薬剤師会学術委員会 秋のセミナー, 2018年10月13日 (近江八幡)
  36. 森田真也: 主要リン脂質クラス一斉定量法の開発と基礎研究・臨床研究への応用, 第73回国立循環器病研究センター(NCVC)研究者交流会, 2018年10月15日 (吹田)
  37. 寺田智祐: 抗がん剤の薬理学, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月18日 (横浜)
  38. 野田哲史: がん薬物療法における感染症治療の考え方, 第28回東近江がん診療セミナー, 2018年11月1日 (東近江)
  39. 炭 昌樹: 抗菌薬適正使用へ向けて~薬剤師としての院内活動と県内での取り組み~, 第21回近畿薬剤師学術大会, 2018年11月3日 (大津)
  40. 炭 昌樹: 薬剤師業務と臨床薬理, 多職種連携のための臨床検査技師能力開発講習会, 2018年11月4日 (草津)
  41. 寺田智祐: Onco-Nephrologyと臨床薬理~きめ細やかながん薬物療法を支援する薬剤師の力~, 京滋CKD 研究会 講演会, 2018年11月8日 (草津)
  42. 須藤正朝: 肺癌薬物療法における代表的な副作用マネジメント~当院での薬剤師の関わり~, 卒後薬剤師セミナー -肺がん-, 2018年11月11日 (京都)
  43. 野田哲史: がん薬物療法における薬剤師の貢献~現状と展望~, 西濃がん薬剤師研修会, 2018年11月14日 (大垣)
  44. 寺田智祐: チームと地域と科学で支えるがん薬物療法~薬剤師のプレゼンス向上を目指した滋賀での取り組み~, 第101回 青森県病院薬剤師会弘前地区研修会, 2018年11月16日 (弘前)
  45. 寺田智祐: 薬学的視点に基づいたプレシジョン・メディシンの国内基盤構築のための調査研究:概要と進捗状況について, 第28回 日本医療薬学会年会, 2018年11月24日 (神戸)
  46. 神谷貴樹: 教育効果の高い栄養療法の理論と実践のバランスとは, 第28回 日本医療薬学会年会, 2018年11月24日 (神戸)
  47. 寺田智祐: 医薬品採用と適応外使用の審査:エビデンスと臨床倫理のはざまに揺れて, 第28回 日本医療薬学会年会, 2018年11月25日 (神戸)
  48. 寺田智祐: 薬学領域における臨床的課題の解決法~これまでの自身の研究を振り返って~, 秋田県次世代薬剤師育成プロジェクト NextAP 2018, 2018年12月8日 (秋田)
国内学会・研究会等(一般演題)
  1. 辻徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐: ホスファチジルイノシトールに対する新規定量法の開発と細胞内全リン脂質クラスの定量的解析, 2017年度第8回学際的脂質創生研究部会講演会, 2018年1月26日(東広島)
  2. 炭 昌樹, 松田雅史, 神谷貴樹, 増田恭子, 星野伸夫, 寺田智祐: 疑義照会簡素化プロトコルの導入に関する薬剤業務の構築と業務負担の評価, 近畿薬剤師合同学術大会2018, 2018年2月4日 (京都)
  3. 國津侑貴, 増田恭子, 寺田智祐: 院内処方箋への検査値記載の有用性, 近畿薬剤師合同学術大会2018, 2018年2月4日 (京都)
  4. 赤羽理也, 下村春奈, 星野伸夫, 江口 豊, 寺田智祐: 薬学実習生におけるICU「代表的疾患」別薬剤確認テストの解析, 第45回日本集中治療医学会学術集会, 2018年2月21日 (千葉)
  5. 辻徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐: ホスファチジルイノシトール定量法の新規開発と細胞内主要リン脂質クラスの定量的解析, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018年3月17日(名古屋)
  6. 辻徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐: ホスファチジルイノシトールに対する酵素蛍光定量法の開発と細胞内リン脂質クラスの網羅的定量, 日本薬学会 第138年会, 2018年3月27日(金沢)
  7. 池田義人, 森田真也, 辻徳治, 寺田智祐: タウリン抱合型ヒオデオキシコール酸によるABCB4を介したリン脂質排出の促進, 日本薬学会 第138年会, 2018年3月28日(金沢)
  8. 池田義人, 森田真也, 辻徳治, 寺田智祐: ABCB4リン脂質排出を促進する分子の探索とメカニズムの解明, 日本膜学会 第40年会, 2018年5月8日(東京)
  9. 磯野哲一郎, 平 大樹, 福井里佳, 田淵陽平, 赤羽理也, 池田義人, 森田真也, 寺田智祐: ファーマコゲノミクス検査に基づいた抗血小板薬選択の実態調査, 第35回日本TDM学会学術大会, 2018年5月27日 (福岡)
  10. 池田義人, 森田真也, 辻徳治, 寺田智祐: タウロヒオデオキシコール酸によるABCB4リン脂質排出の促進, 第60回 日本脂質生化学会, 2018年5月31日(八王子)
  11. 辻徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐: 酵素蛍光定量法を用いた細胞小器官における主要リン脂質組成の分析, 第60回 日本脂質生化学会, 2018年5月31日(八王子)
  12. 神谷貴樹, 元持杏津子, 加藤隆之, 田畑貴久, 松村一弘, 江口豊, 寺田智祐: 薬剤師介入で救急外来の医薬品管理はどう変化したか, 第21回 日本臨床救急医学会総会・学術総会, 2018年6月1日(名古屋)
  13. 平 大樹, 岩下成人, 神谷貴樹, 中島 亮, 磯野哲一郎, 赤羽理也, 池田義人, 角本幹夫, 森田真也, 岡野友信, 今井晋二, 福井 聖, 寺田智祐: 薬物代謝酵素の遺伝子多型測定に基づくトラマドールの個別化投与設計, 第40回日本疼痛学会, 2018年6月16日 (長崎)
  14. 炭 昌樹, 松田雅史, 田淵陽平, 増田恭子, 星野伸夫, 寺田智祐: 院外処方箋の検査値情報および施設間情報連絡書を活用した医薬連携, 第21回 日本医薬品情報学会学術大会, 2018年6月30日(鈴鹿)
  15. 池田義人, 森田真也, 波多野亮, 辻徳治, 寺田智祐: タウロヒオデオキシコール酸によるリン脂質排出トランスポーターABCB4の活性化, 第13回トランスポーター研究会, 2018年7月21日(福岡)
  16. 巖西 真, 國津侑貴, 上田智弘, 元持杏津子, 福井里佳, 柏木優花, 増田恭子, 森田真也, 寺田智祐: 新コアカリキュラムに則した調剤室実務実習の成果, 第39回滋賀県病院薬剤師会・学術大会, 2018年8月19日(草津)
  17. 上田智弘, 國津侑貴, 巖西 真, 福井里佳, 元持杏津子, 森田真也, 寺田智祐: 疑義照会例の確認と処方解析による学習効果 -処方を俯瞰する目を養成する-, 第3回 日本薬学教育学会大会, 2018年9月1日(東京)
  18. 國津侑貴, 巖西 真, 上田智弘, 元持杏津子, 福井里佳, 柏木優花, 増田恭子, 寺田智祐: 病院実習中の代表的な8疾患の学習に対する当院の取り組み -調剤室における学習体制の構築-, 第3回 日本薬学教育学会大会, 2018年9月2日(東京)
  19. 池田義人, 森田真也, 波多野 亮, 辻徳治, 寺田智祐: ABCB4によるリン脂質排出を強力に促進する分子の探索, 第12回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2018年9月16日 (札幌)
  20. 飯田洋也, 野田哲史, 大崎理英, 前平博充, 森 治樹, 北村直美, 藤本剛英, 平 大樹, 森田真也, 谷 眞至, 安藤 朗, 寺田智祐: 肝細胞癌におけるソラフェニブ血中濃度モニタ リングの有用性, 第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月19日 (横浜)
  21. 福井里佳, 平 大樹, 國津侑貴, 磯野哲一郎, 田淵陽平, 生野芳博, 伊藤英樹, 寺田智祐: DOACの適応外使用状況と安全性の実態調査, 第28回 日本医療薬学会年会, 2018年11月23日 (神戸)
  22. 池田義人, 森田真也, 波多野 亮, 辻徳治, 寺田智祐: 胆汁リン脂質促進作用による新規肝機能改善薬の探索, 第28回 日本医療薬学会年会, 2018年11月23日 (神戸)
  23. 炭 昌樹, 長谷川千晶, 森井博朗, 星野伸夫, 奥貫裕美, 金本賢枝, 堀江美弥, 岡本陽香, 藪田直希, 松田雅史, 神谷貴樹, 須藤正朝, 増田恭子, 宮口美由紀, 岩下由梨, 松田佳織, 本岡芳子, 平 大樹, 森田真也, 寺田智祐: 保険薬局薬剤師を対象とした2日間の病院実地研修の実践と評価~地域医療連携の推進を目的とした試み~, 第28回 日本医療薬学会年会, 2018年11月24日 (神戸)
  24. 中川 碧, 上西幸治, 炭 昌樹, 國津侑貴, 星野伸夫, 寺田智祐: 病名禁忌システムの運用体制の構築・導入~医薬品の安全管理のための取り組み~, 第28回 日本医療薬学会年会, 2018年11月24日 (神戸)
  25. 森河内 彩, 國津侑貴, 平 大樹, 十亀裕子, 増田恭子, 寺田智祐: 院内及び院外処方箋への検査値記載による疑義照会内容の解析, 第28回 日本医療薬学会年会, 2018年11月24日 (神戸)
  26. 小澤慶祐, 國津侑貴, 磯野哲一郎, 藪田直希, 増田恭子, 平 大樹, 大澤紀之, 荒木信一, 寺田智祐: CKD教育入院によるポリファーマシーの改善, 第28回 日本医療薬学会年会, 2018年11月24日 (神戸)
  27. 國津侑貴, 上田智弘, 増田恭子, 平 大樹, 森田真也, 寺田智祐: 改訂コアカリに準拠した病院実務実習を見据えてールーブリック評価表の作成とトライアル実習の評価ー, 第28回 日本医療薬学会年会, 2018年11月24日 (神戸)
  28. 道家雄太郎, 藪田直希, 上田智弘, 長谷川千晶, 野田哲史, 平 大樹, 飯田洋也, 谷 眞至, 寺田智祐: 切除不能進行肝細胞癌における肝動注化学療法・低用量5-FU+シスプラチン療法の副作用の実態調査, 第28回 日本医療薬学会年会, 2018年11月25日 (神戸)
  29. 池田義人, 森田真也, 波多野 亮, 辻徳治, 寺田智祐: 胆汁酸肝組織障害に対する新規治療薬開発を目指したリン脂質トランスポーターABCB4の機能解明, 第35回滋賀医科大学シンポジウム, 2018年12月10日 (学内)
国外学会発表(一般演題)
  1. Shin-ya Morita, Yoshito Ikeda, Tokuji Tsuji, Tomohiro Terada; Enhancing effects of bile salts on ABCB4-mediated phospholipid efflux. 7th FEBS Special Meeting ABC Proteins, March 6-12, 2018 (Innsbruck, Austria)
  2. Shin-ya Morita, Tokuji Tsuji, Yoshito Ikeda, Tomohiro Terada; Novel enzymatic fluorometric measurements of all major cellular phospholipid classes. 59th International Conference on the Bioscience of Lipids, September 6, 2018 (Helsinki, Finland)
  3. Satoshi Dote, Kaori Ito, Shoji Itakura, Takeo Yasu, Daiki Hira, Satoshi Noda, Shigeki Yamada, Yuka Kobayashi, Tomohiro Terada; Impact of prior bortezomib therapy on the incidence of lenalidomide-induced skin rash in multiple myeloma: A propensity score-matched multi-institutional cohort study. ESMO 2018 Congress, October 20, 2018 (Munich, Germany)
科学研究費助成等
  1. 辻徳治; 平成29年度 薬学研究奨励財団 助成金, 酵素蛍光法を用いた主要リン脂質クラスの網羅的定量法の開発と疾患バイオマーカーの探索, 平成29年度, 700千円
  2. 平 大樹; 第30回 中冨健康科学振興財団研究助成金, 口腔内付着薬物量シミュレーションに基づく吸入剤の局所性副作用マネジメント法の構築, 平成29年度, 1,500千円
  3. 野田哲史; 第30回 中冨健康科学振興財団研究助成金, ファーマコゲノミクス検査の臨床的実装とその有益性の検討, 平成29年度, 1,500千円
  4. 寺田智祐; 科学研究費 基盤研究(C) (18K06782), ファーマコゲノミクス検査の臨床的実用化に向けた臨床データベースの活用, 平成30-32年度, 4,290千円
  5. 池田義人; 科学研究費 若手研究 (18K14918), 胆汁鬱滞性肝障害や動脈硬化症の治療を可能とするABCB4活性化分子の探索, 平成30-32年度, 4,160千円
  6. 野田哲史; 科学研究費 奨励研究 (18H00400), 肝細胞癌でのソラフェニブ・レゴラフェニブ逐次治療の薬物動態に基づく投与法の確立, 平成30年度, 530千円
  7. 森田真也; 科学研究費 挑戦的研究(萌芽) (18K19736), 中性脂質に対する高感度ハイスループット定量法の開発と動脈硬化予防への臨床応用, 平成30-32年度, 6,240千円
  8. 辻徳治; 滋賀医科大学 平成30年度 学長裁量経費 (若手萌芽研究), 新規リン脂質定量分析法を用いた腸上皮細胞のリン脂質代謝機構に関する研究, 平成30年度, 500千円
特許
  1. 発明者: 森田真也, 特許権者: 国立大学法人滋賀医科大学, スフィンゴミエリンの定量方法及び定量用キット, 特許第6315880号(登録日2018年4月6日), 特願2012-131977(出願日2012年6月11日)
実習生・研修生等受入
  1. 平成30年度 第I期 薬学生病院実務実習, 12名, 2018年5月7日-7月20日
  2. 大津市立青山中学校 職場体験学習, 2年生3名, 2018年5月28日-6月1日
  3. 立命館大学薬学部1回生早期体験学習, 12名, 2018年6月12日
  4. 平成30年度 第II期 薬学生病院実務実習, 12名, 2018年8月6日-10月19日
  5. 小児薬物療法認定薬剤師新規認定取得のための必須実務研修, 2名, 2018年9月12日
  6. 小児薬物療法認定薬剤師新規認定取得のための必須実務研修, 3名, 2018年10月24日
  7. 滋賀県立守山高等学校, 「SGH探求」におけるフィールドワーク, 1名, 2018年11月15日

2017年

受賞等
  1. 第33回滋賀医科大学シンポジウム 審査員特別賞, 平 大樹, 上島 智, 伊藤英樹, 小澤友哉, 堀江 稔, 桂 敏也, 寺田智祐: 経口抗凝固薬の副作用と血中薬物濃度に及ぼす薬物動態関連遺伝子多型の影響, 2017年2月21日
  2. 第53回日本循環器病 予防学会学術集会 Young Investigator’s Award 優秀賞, 炭 昌樹, 久松隆史, 藤吉 朗, 門田 文, 宮川尚子, 近藤慶子, 門脇紗也佳, 鈴木仙太朗, 鳥居さゆ希, Zaid Maryam, 佐藤 敦, 有馬久富, 三浦克之, 上島弘嗣: 日本人一般男性における飲酒習慣と肥満指標・腹部脂肪分布(内臓脂肪・皮下脂肪)との関連:滋賀動脈硬化疫学研究SESSA, 2017年6月16日
  3. 医療薬学フォーラム2017 優秀ポスター賞, 山根拓也, 上島 智, 平 大樹, 木村悠馬, 藤井 亮, 冨塚知歩, 田淵陽平, 伊藤英樹, 大野聖子, 小澤友哉, 堀江 稔, 寺田智祐, 桂 敏也: 心房細動患者におけるアピキサバンの母集団薬物動態解析, 2017年7月1日 (鹿児島)
  4. 第12回トランスポーター研究会年会 優秀発表賞, 池田義人, 森田真也, 辻徳治 , 寺田智祐: ABCB4によるリン脂質排出を促進するアクセプター分子の探索, 2017年7月8日 (仙台)
  5. 第23回メディカルスタッフ研修発表会 優秀賞, 元持杏津子: 救急外来における医薬品適正配置に向けた取り組み, 2017年9月13日 (学内)
  6. 第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 優秀発表賞, 辻徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐: 全主要リン脂質クラスを網羅的に解析する酵素蛍光定量法の開発, 2017年10月21日 (京都)
  7. 第27回 日本医療薬学会 優秀演題賞, 上島 智, 平 大樹, 冨塚知歩, 野村実希, 木村悠馬, 山根拓也, 田淵陽平, 伊藤英樹, 大野聖子, 小澤友哉, 堀江 稔, 寺田智祐, 桂 敏也: 心房細動患者におけるアピキサバンの母集団薬 物動態/薬力学的解析, 2017年11月3日 (千葉)
  8. 第34回滋賀医科大学シンポジウム 審査員特別賞, 辻徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐: 主要リン脂質クラスを網羅的に定量する酵素蛍光定量法の開発, 2017年12月15日
英文(原著)
  1. Nanako Koyama, Chikako Matsumura, Hiroaki Morii, Chiaki Hasegawa, Daiki Hira, Yataro Daigo, Tomohiro Terada, Yoshitaka Yano. Investigation of optimal time for starting betamethasone using fatigue scores and prognostic nutritional index in terminally ill patients with cancer-related fatigue.  Am. J. Hosp. Palliat. Care, 34(5), 449-455 (2017).
  2. Mitsushige Sugimoto, Hiromitsu Ban, Daiki Hira, Takaki Kamiya, Taketo Otsuka, Osamu Inatomi, Shigeki Bamba, Tomohiro Terada, Akira Andoh. CYP3A4/5 genotype status and outcome of vonoprazan-containing Helicobacter pylori eradication therapy in Japan.  Aliment. Pharmacol. Ther., 45(7), 1009-1010 (2017).
  3. Mingchun Yang, Hongkuan Yang, Hongpeng Guan, Tomoko Kato, Kenichi Mukaisho, Hiroyuki Sugihara, Kazumasa Ogasawara, Tomohiro Terada, Ikuo Tooyama. Characterization of a Novel Monoclonal Antibody against Human Mitochondrial Ferritin and its Immunohistochemical Application in Human and Monkey Substantia Nigra. Acta. Histochem. Cytochem., 50 (1), 49-55 (2017).
  4. Hiroyoshi Koide, Daiki Hira, Masayuki Tsujimoto, Yurie Katsube, Tetsuya Minegaki, Takashi Uzu, Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Kohshi Nishiguchi, Tomohiro Terada. Previous dosage of allopurinol is a strong determinant of febuxostat efficacy. Biol. Pharm. Bull., 40(5), 681-686 (2017).
  5. Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Cholesterol attenuates cytoprotective effects of phosphatidylcholine against bile salts. Sci. Rep., 7, 306, 1-13 (2017).
  6. Satoshi Ueshima, Daiki Hira, Ryo Fujii, Yuuma Kimura, Chiho Tomitsuka, Takuya Yamane, Yohei Tabuchi, Tomoya Ozawa, Hideki Itoh, Minoru Horie, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura. Impact of ABCB1, ABCG2 and CYP3A5 polymorphisms on plasma trough concentration of apixaban in Japanese patients with atrial fibrillation. Pharmacogenet. Genomics., 27(9), 329-336 (2017).
和文(原著)
  1. 佐村和紀, 大塚 凌, 野田哲史, 堀江美弥, 生城真一, 榊 利之, 寺田智祐: スニチニブとワルファリン併用によりPT-INR上昇が認められた症例:実験的及び文献的考察 , 医療薬学, 43(6), 297-305 (2017).
  2. 磯野哲一郎, 國津侑貴, 増田恭子, 平 大樹, 荒木久澄, 荒木信一, 宇津 貴, 寺田智祐: 滋賀県全域で5年に渡り展開されたCKDシールのアウトカム評価 , 医療薬学, 43(11), 601-609 (2017).
和文(著書・総説)
  1. 佐々木雅也, 堀江美弥: 静脈栄養におけるビタミン不足, 臨床栄養, 130(2) 165-168 (2017).
  2. 髙田佳代子, 寺田智祐: 新薬展望2017 眼科治療薬, 医薬ジャーナル, 53(S-1) 493-499 (2017)
  3. 小山菜々子, 松村千佳子, 森井博朗, 長谷川千晶, 寺田智祐, 矢野義孝: 終末期がん患者の倦怠感治療におけるベタメタゾンの効果的な投与開始時期と投与指標に関する探索的研究, 医薬ジャーナル, 53(2) 703-708 (2017)
  4. 松田雅史, 寺田智祐: ヌーカラ®皮下注用 100mg, 医薬ジャーナル, 53(2), 725-727 (2017)
  5. 炭 昌樹, 寺田智祐: レパーサ®皮下注用 140mgシリンジ・ペン, 医薬ジャーナル, 53(3), 922-924 (2017)
  6. 國津侑貴, 磯野哲一郎, 寺田智祐: 慢性腎臓病 治療薬の管理と薬学管理上の注意点, 薬局増刊号 病気とくすり2017 基礎と実践, 68 (4), 590-599 (2017).
  7. 星野伸夫: 医薬品を動かす・確保する, 薬学生のための病院・薬局実務実習テキスト 2017年版 (一般社団法人薬学教育協議会, 病院・薬局実務実習近畿地区調整機構/監修), 59-74, じほう (2017)
  8. 國津侑貴, 増田恭子, 寺田智祐: 認知機能低下を引き起こす薬剤と薬学的視点, 薬局, 68(5), 54-61 (2017).
  9. 寺田智祐: 高度急性期機能を有する大学病院における薬学・薬剤師教育 ~特に地域における役割~, 医薬ジャーナル, 53(4), 1055-1060 (2017).
  10. 上西幸治, 寺田智祐: シクレスト®舌下錠5mg, 同10mg, 医薬ジャーナル, 53(4), 1132-1134 (2017).
  11. 平 大樹: ファーマコゲノミクス検査は抗血小板薬の治療効果予測に有用か?, ファルマシア, 53(5), 473 (2017)
  12. 栄田敏之, 炭 昌樹, 寺田智祐: 第1章 医薬品情報学概論, 医薬品情報学, 1-17, 廣川書店 (2017).
  13. 池田義人: アテローム性動脈硬化症と脂肪性肝炎をともに改善し得る新規治療戦略, ファルマシア, 53(6), 590 (2017).
  14. 寺田智祐, 上西幸治: 医療法施行規則改正と禁忌~現場にもたらすインパクト~, 月刊薬事, 59(8), 1605-1610 (2017)
  15. 寺田智祐: ルールと薬剤師, 医薬ジャーナル, 53(6), 1399-1401 (2017).
  16. 寺田智祐 編集: ハイリスク患者のがん薬物療法ハンドブック~多様化・複雑化する患者への治療戦略を身につける~, 羊土社 (2017)
  17. 野田哲史: 第2章 副作用リスクを高める病態でのがん薬物療法 A.循環器疾患(1. 高血圧, 2. 不整脈, 3. 虚血性心疾患, 4. 血栓症, 5. 心不全), ハイリスク患者のがん薬物療法ハンドブック~多様化・複雑化する患者への治療戦略を身につける~, 羊土社, 62-101 (2017)
  18. 須藤正朝: 第2章 副作用リスクを高める病態でのがん薬物療法 J.感染症(1. かぜ症候群, 2. 結核・非結核性抗酸菌症), ハイリスク患者のがん薬物療法ハンドブック~多様化・複雑化する患者への治療戦略を身につける~, 羊土社, 253-266 (2017)
  19. 若杉吉宣: 第4章 特殊な臨床背景でのがん薬物療法 7.長期にわたるステロイド内服患者, ハイリスク患者のがん薬物療法ハンドブック~多様化・複雑化する患者への治療戦略を身につける~, 羊土社, 339-345 (2017)
  20. 寺田智祐, 佐藤 博: 総論~求められるクリニカル・ガバナンス~, 医薬ジャーナル, 53(11), 2463-2467 (2017)
報道関係(記事・取材)
  1. 平 大樹: この人に聞く, ファーマコゲノミクス検査を日常診療に活用, 月刊薬事, 59(1), 17-18 (2017).
  2. 森田真也: ニーマン・ピック病, 日本病院薬剤師会雑誌, 53(2), 160 (2017)
  3. 池見泰明, 此松晶子, 篠原 旭, 野田哲史: 平成28年度がん薬物療法認定薬剤師・がん専門薬剤師海外派遣事業報告, 日本病院薬剤師会雑誌, 53(2), 215-217 (2017)
  4. 寺田智祐: 教育講演: 臨床研究の着眼点~これまでの歩みを振り返って~, 医薬ジャーナル, 53(4), 997-1000 (2017)
  5. 寺田智祐: 特集にあたって ~なぜ、いま禁忌を考えるのか?(くすりの適正使用を見つめ直す!)~, 月刊薬事, 59(8), 1603 (2017)
  6. 森田真也: ゲノム編集, 日本病院薬剤師会雑誌, 53(8), 1020 (2017)
  7. 池見泰明, 此松晶子, 篠原 旭, 野田哲史: 平成28年度がん薬物療法認定薬剤師・がん専門薬剤師海外派遣事業報告, 展望, 11, 60-67 (2017)
  8. 寺田智祐: がん関連学会にみる薬剤師の活動状況, 医薬ジャーナル, 53(12), 2619-2620 (2017)
  9. 松田雅史: 滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部, 先輩の声, めでぃしーんVOICE 2019大阪薬科大学, 41.
  10. 道家雄太郎: 滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部, 先輩の声, めでぃしーんVOICE 2019京都薬科大学, 41.
  11. 田淵陽平: 私の余暇時間, 滋賀県病院薬剤師会誌, 40(2), 32 (2017)
国内学会・研究会等(特別講演・シンポジウムなど)
  1. 森井博朗, 長谷川千晶: がん性疼痛に使用する鎮痛薬について, 平成28年度 滋賀県在宅医療サポート事業 多職種連携共通人材育成研修(緩和ケア), 2017年1月8日 (大津)
  2. 森井博朗: もっと「緩和ケア」のことを正しく知ろう!, 市民公開講座「乳がん」, 2017年2月11日 (京都)
  3. 寺田智祐: がん薬物療法のサイエンス-標準化と個別化-, 石川県高度専門医療人材養成支援事業講演会 薬剤師職能を活かすがん薬物療法と地域連携, 2017年2月12日 (金沢)
  4. 平 大樹: 吸入療法の重要性と滋賀医大病院におけるFAXを用いた吸入連携, 滋賀吸入療法連携フォーラム(SKR)全体フォーラム, 2017年2月16日 (草津)
  5. 寺田智祐: 滋賀県における外来腎機能低下患者に対する薬物療法最適化の試み, 第50回日本痛風・核酸代謝学会総会, 2017年2月17日 (東京)
  6. 寺田智祐: 臨床研究の着眼点~これまでの研究の歩みを振り返って~, 第38回日本病院薬剤師会近畿学術大会, 2017年2月25日 (大阪)
  7. 平 大樹: 滋賀医科大学におけるファーマコゲノミクス検査の臨床応用に向けた取組みと臨床薬理遺伝学的研究, 第497回東北大学大学院薬学研究科セミナー(スーパージェネラリスト・ファーマシスト養成セミナー), 2017年3月1日 (仙台)
  8. 神谷貴樹: 栄養管理に必要な生化学・生理学の基礎知識, 第16回 滋賀県NSTネットワーク, 2017年3月11日 (草津)
  9. 寺田智祐: Onco-nephrologyと抗がん薬の臨床薬理, Onco-Nephrology Forum, 2017年3月12日 (京都)
  10. 寺田智祐: 腎機能低下患者における薬物療法~CKDシールの上手な活用法~, 第3回湖北薬薬連携の会, 2017年3月16日 (長浜)
  11. 寺田智祐: 医薬品の適応外使用に係る医療安全と臨床倫理, 日本臨床倫理学会第5回年次大会, 2017年3月19日 (東京)
  12. 寺田智祐: 抗がん剤の臨床薬理, 平成29年度 がん専門薬剤師集中教育講座, 2017年4月15日 (東京)
  13. 若杉吉宣: 骨吸収抑制薬の特徴と処方チェックのポイント, 第15回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース(がん薬物療法と骨・歯科・口腔ケア), 2017年4月16日 (近江八幡)
  14. 平 大樹: 吸入剤の適正使用に向けた臨床研究 ~基礎製剤学研究者が臨床研究を実施する際に苦労した点~, 第1回 医療薬学教育セミナー『臨床研究成果を論文にするために』, 2017年4月16日 (東京)
  15. 野田哲史: 熱闘!Pros and Cons ~会場参加型セッション~, 日本医療薬学会 第5回がん専門薬剤師全体会議, 2017年5月13日 (大阪)
  16. 寺田智祐, 野田哲史: 高齢者における薬物動態の特徴~がん薬物療法で注意すべきポイント~, 第1回 日本老年薬学会, 2017年5月14日 (東京)
  17. 森田真也: 全リン脂質クラス酵素蛍光定量法の開発と生命科学研究への応用,平成29年 第2回SUMSグランド・ラウンド, 2017年5月22日 (大津)
  18. 池田義人: リン脂質が有する胆汁酸細胞毒性減弱作用に及ぼすコレステロールの影響,平成29年 第2回SUMSグランド・ラウンド, 2017年5月22日 (大津)
  19. 寺田智祐: 臨床研究の着眼点~これまでの研究の歩みを振り返って~, 平成29年度国公私立大学病院医療技術関係職員研修 (薬剤部職員), 2017年6月1日 (東京)
  20. 寺田智祐: 薬剤師が知っておきたい抗がん薬のエッセンス~多様化・複雑化する患者対応~, 三重県病院薬剤師会 平成29年度 第1回がん部会研修会, 2017年6月13日 (津)
  21. 神谷貴樹: 心不全患者の栄養管理, 日本静脈経腸栄養学会 第20回NST専門療法士スキルアップセミナー, 2017年6月17日 (大阪)
  22. 須藤正朝: 外来化学療法における薬剤師の役割~肺がん~, Lung cancer chemotherapy live symposium, 2017年6月21日 (Web)
  23. 神谷貴樹: 「静脈注射研修基礎編」~知っておくべき薬剤管理~, 平成29年度 看護部研修, 2017年6月23日 (学内)
  24. 神谷貴樹, 星野伸夫, 堀江美弥, 長谷川千晶, 炭 昌樹, 寺田智祐, 佐々木雅也: 保険薬局薬剤師を対象とした栄養管理研修の現状ー栄養管理の地域連携に向けてー, 第9回日本静脈経腸栄養学会 近畿支部学術集会, 2017年6月24日 (京都)
  25. 増田恭子: 薬物療法時の留意点, 滋賀県糖尿病看護資質向上研修, 2017年7月4日(大津)
  26. 森井博朗: 緩和ケアチーム薬剤師の役割-滋賀医大病院の緩和ケアチームの活動をとおして-, 全国済生会病院薬剤師会講演会, 2017年7月15日 (東京)
  27. 神谷貴樹: 栄養指導に活かせる医薬品の知識, 第47回栄養学連続講義, 2017年7月22日 (大阪)
  28. 寺田智祐: 肝機能低下患者へのがん薬物療法, 第15回 日本臨床腫瘍学会学術集会, 2017年7月29日 (神戸)
  29. 野田哲史: 経口分子標的療法:腎がん領域のPK/PD/PGx, 第15回 日本臨床腫瘍学会学術集会, 2017年7月29日 (神戸)
  30. 寺田智祐: TDMおよび薬物動態学を活用したファーマシューティカルケアの実践と臨床研究への展開, 名古屋大学医学部附属病院薬剤部レジデントセミナー, 2017年8月23日 (名古屋)
  31. 神谷貴樹: 栄養療法に携わる薬剤師の視点, 関西POS薬剤師研究会 第68回公開講座, 2017年9月16日 (大阪)
  32. 野田哲史: 経口分子標的抗がん薬におけるTDMを活用したチーム医療, 第34回日本TDM学会・学術大会, 2017年9月24日(京都)
  33. 磯野哲一郎: 滋賀県全域におけるCKDシールの取り組み~5年を振り返って~, 第11回 日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会 2017, 2017年10月1日 (福岡)
  34. 寺田智祐: 抗がん薬投与設計のサイエンス~ピュアサイエンスかレギュラトリーサイエンスか~, 第55回 日本癌治療学会学術集会, 2017年10月20日 (横浜)
  35. 寺田智祐: 免疫チェックポイント阻害薬の臨床薬理, 第27回 日本医療薬学会, 2017年11月3日 (千葉)
  36. 寺田智祐: 医療安全と臨床倫理から考える Choosing Wisely, 第27回 日本医療薬学会, 2017年11月4日 (千葉)
  37. 寺田智祐: 薬剤師に求められるリーダーシップ:現状と課題, 第27回 日本医療薬学会, 2017年11月4日 (千葉)
  38. 平 大樹, 寺田智祐: 実臨床における薬効・薬物動態評価のためのファーマコメトリクスの活用, 第27回 日本医療薬学会, 2017年11月4日 (千葉)
  39. 神谷貴樹, 寺田智祐: 臨床現場で求められる注射薬の製剤学的特徴とは, 第27回 日本医療薬学会, 第27回 日本医療薬学会, 2017年11月4日 (千葉)
  40. 寺田智祐: 薬学的アプローチから考える多様化・複雑化するがん患者への対応, 第4回 京滋CKD 研究会 講演会,2017年11月9日 (京都)
  41. 寺田智祐: 病院薬剤師の未来予想図~「漠然と迎える未来」から「主体的に導く未来」へ~, 平成29年度長野県病院薬剤師会・長野県薬剤師会病診部会学術大会, 2017年11月18日(軽井沢)
  42. 須藤正朝: 肺癌治療における処方解析~肺癌診療ガイドライン2016をもとに~, 第16回 滋賀県がん薬物療法conference, 2017年11月19日(草津)
  43. 寺田智祐: 免疫チェックポイント阻害薬の臨床薬理, 第16回 地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2017年12月2日 (彦根)
  44. 寺田智祐: チームと地域で支えるがん薬物療法, 第50回 東海薬剤師学術大会, 2017年12月3日 (名古屋)
  45. 寺田智祐: 病院薬剤部と保険薬局の有機的な連携を目指して~滋賀県の取り組み~, 糖尿病チーム医療 WEBカンファレンス, 2017年12月4日
  46. 寺田智祐: 「育薬」の科学性を担保する臨床薬理学, 第38回 日本臨床薬理学会学術総会, 2017年12月7日 (横浜)
  47. 平 大樹: 地域医療と臨床薬理学:吸入指導を通じた医師・薬剤師の連携事例, 第38回 日本臨床薬理学会学術総会, 2017年12月7日 (横浜)
  48. 野田哲史: 経口分子標的抗がん薬の臨床薬理学的研究, 第38回 日本臨床薬理学会学術総会, 2017年12月9日 (横浜)
  49. 須藤正朝: 感染症(かぜ症候群、結核など)とがん薬物療法, 第1回 ハイリスクがん患者 がん薬物療法セミナー, 2017年12月19日 (草津)
国内学会・研究会等(一般演題)
  1. 松田雅史, 奥貫裕美: 周術期患者の術前薬剤管理~電子カルテを活用した簡便な情報共有システムの構築, 平成28年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2017年1月26日 (大津)
  2. 平 大樹, 上島 智, 伊藤英樹, 小澤友哉, 堀江 稔, 桂 敏也, 寺田智祐: 経口抗凝固薬の副作用と血中薬物濃度に及ぼす薬物動態関連遺伝子多型の影響, 第33回滋賀医科大学シンポジウム, 2017年2月21日 (学内)
  3. 神谷貴樹, 星野伸夫, 堀江美弥, 平 大樹, 森田真也, 佐々木雅也, 寺田智祐: 薬学部生の病院実務実習時に行う栄養教育介入の効果, 第38回日本病院薬剤師会近畿学術大会, 2017年2月25日 (大阪)
  4. 國津侑貴, 中川 碧, 奥貫裕美, 下村春奈, 吉原秀人, 髙田佳代子, 増田恭子, 生野芳博, 星野伸夫, 寺田智祐: 院内処方箋への情報記載~外来患者への服薬指導充実化に向けて~, 第38回日本病院薬剤師会近畿学術大会, 2017年2月25日 (大阪)
  5. 平 大樹, 小出博義, 山口将史, 森田真也, 西口工司, 中野恭幸, 寺田智祐: 本邦で入手可能な全ての吸入剤に対応する吸入パターン測定装置の開発, 日本薬学会 第137年会, 2017年3月26日 (仙台)
  6. 池田義人, 森田真也, 寺田智祐: リン脂質が有する胆汁酸細胞毒性減弱作用に及ぼすコレステロールの影響, 日本膜学会第39年会, 2017年5月27日 (東京)
  7. 池田義人, 森田真也, 寺田智祐: 胆汁酸毒性に対するリン脂質の細胞保護作用に及ぼすコレステロールの影響, 第59回日本脂質生化学会, 2017年6月16日 (京都)
  8. 炭 昌樹, 久松隆史, 藤吉 朗, 門田 文, 宮川尚子, 近藤慶子, 門脇紗也佳, 鈴木仙太朗, 鳥居さゆ希, Zaid Maryam, 佐藤 敦, 有馬久富, 三浦克之, 上島弘嗣: 日本人一般男性における飲酒習慣と肥満指標・腹部脂肪分布(内臓脂肪・皮下脂肪)との関連:滋賀動脈硬化疫学研究SESSA, 第53回日本循環器病 予防学会学術集会, 2017年6月16日 (京都)
  9. 森田真也, 池田義人, 寺田智祐: 胆汁酸に対するリン脂質の細胞保護作用のコレステロールによる低下, 医療薬学フォーラム2017, 2017年7月1日 (鹿児島)
  10. 山根拓也, 上島 智, 平 大樹, 木村悠馬, 藤井 亮, 冨塚知歩, 田淵陽平, 伊藤英樹, 大野聖子, 小澤友哉, 堀江 稔, 寺田智祐, 桂 敏也: 心房細動患者におけるアピキサバンの母集団薬物動態解析, 医療薬学フォーラム2017, 2017年7月1日 (鹿児島)
  11. 堀江美弥, 若杉吉宣, 柏木優花, 松田雅史, 炭 昌樹、細羽 桜, 木藤克之, 寺田智祐: ミカファンギンナトリウムの関与が疑われる免疫性溶血性貧血を発症した一例, 第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017年7月8日 (東京)
  12. 池田義人, 森田真也, 辻 徳治 , 寺田智祐: ABCB4によるリン脂質排出を促進するアクセプター分子の探索, 第12回トランスポーター研究会年会, 2017年7月8日 (仙台)
  13. 元持杏津子, 神谷貴樹, 西村幸恵, 武村佳奈子, 加藤隆之, 田畑貴久, 寺田智祐: 救急外来における医薬品適正配置に向けた取り組み, 第38回滋賀県病院薬剤師会学術大会, 2017年8月6日(草津)
  14. 森田真也, 池田義人, 辻 徳治, 寺田智祐: リン脂質排出トランスポーターABCB4を活性化する胆汁酸の探索とメカニズムの解明, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2017, 2017年8月26日 (京都)
  15. 元持杏津子: 救急外来における医薬品適正配置に向けた取り組み, 第23回メディカルスタッフ研修発表会, 2017年9月13日 (学内)
  16. 野田哲史、平 大樹、吉田哲也、冨田圭司、水流輝彦、影山 進、河内明宏、森田真也、寺田智祐: 腎細胞がん患者におけるパゾパニブの血中濃度に基づく臨床効果・副作用の評価, 第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月20日(横浜)
  17. 辻 徳治、森田真也、池田義人、寺田智祐: 全主要リン脂質クラスを網羅的に解析する酵素蛍光定量法の開発, 第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2017年10月21日 (京都)
  18. 池田義人、森田真也、辻 徳治、寺田智祐: 毛細胆管膜トランスポーターABCB4によるリン脂質排出を促進する分子の探索, 第11回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2017年10月21日 (京都)
  19. 池田義人、森田真也、辻 徳治、寺田智祐: ABCB4のリン脂質排出を促進する分子の探索, 第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2017年10月27日 (金沢)
  20. 辻 徳治、森田真也、池田義人、寺田智祐: ホスファチジルイノシトール酵素蛍光定量法の開発と細胞内全リン脂質クラス組成に関する定量的解析, 第39回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2017年10月27日 (金沢)
  21. 上島 智, 平 大樹, 冨塚知歩, 野村実希, 木村悠馬, 山根拓也, 田淵陽平, 伊藤英樹, 大野聖子, 小澤友哉, 堀江 稔, 寺田智祐, 桂 敏也: 心房細動患者におけるアピキサバンの母集団薬 物動態/薬力学的解析, 第27回 日本医療薬学会, 2017年11月3日 (千葉)
  22. 薮田直希, 須藤正朝, 森井博朗, 野田哲史, 若杉吉宣, 山本 優, 井堀仁美, 河原幸恵, 中村春香, 寺田智祐: 抗がん薬による口内炎に対するアズレンスルホン酸ナトリウム・トラネキサム酸含嗽液の症状改善効果, 第27回 日本医療薬学会, 2017年11月3日 (千葉)
  23. 巖西 真, 金本賢枝, 平 大樹, 寺田智祐: リトドリン塩酸塩再投与による掻痒感に対して治療施行により妊娠継続可能となった症例, 第27回 日本医療薬学会, 2017年11月3日 (千葉)
  24. 大辻貴司、野田哲史、須藤正朝、光家勉、原口久義、近藤博紀、大岡千寿子: 施設間ネットワークの形成と人材育成を目指した滋賀県がん薬物療法conferenceの活動内容とその効果. 第27回 日本医療薬学会, 2017年11月3日 (千葉)
  25. 磯野哲一郎, 國津侑貴, 増田恭子, 平 大樹, 荒木久澄, 荒木信一, 宇津 貴, 寺田智祐: 滋賀県全域で 5 年に渡り展開されたCKDシールのアウトカム評価, 第27回 日本医療薬学会, 2017年11月4日 (千葉)
  26. 若杉吉宣, 須藤正朝, 野田哲史, 藪田直希, 山本 優, 井堀仁美, 河原幸恵, 中村春香, 寺田智祐: 滋賀医科大学医学部附属病院におけるがん化学療法中止理由の調査, 第27回 日本医療薬学会, 2017年11月4日 (千葉)
  27. 上西幸治, 奥貫裕美, 星野伸夫, 寺田智祐: 当院におけるオーダリングシステムを用いた妊婦禁忌薬およびアレルギー起因薬の処方制限システムの構築, 第27回 日本医療薬学会, 2017年11月4日 (千葉)
  28. 森田真也、辻 徳治、池田義人、寺田智祐: ホスファチジルイノシトール酵素蛍光定量法の開発によるリン脂質一斉定量法の完成, 膜シンポジウム2017, 2017年11月13日 (富山)
  29. 寺田 智祐、野田 哲史、平 大樹、森田 真也: 肝臓がん患者におけるソラフェニブの体内動態と毒性・臨床アウトカムとの関連性, 第32回 日本薬物動態学会, 2017年11月30日 (東京)
  30. 森田 真也、池田 義人、辻 徳治、寺田 智祐: 胆汁酸による ABCB4 リン脂質排出の促進, 第32回 日本薬物動態学会, 2017年11月30日 (東京)
  31. 辻徳治, 森田真也, 池田義人, 寺田智祐: 主要リン脂質クラスを網羅的に定量する酵素蛍光定量法の開発, 第34回滋賀医科大学シンポジウム, 2017年12月15日 (学内)
国外学会・研究会等(特別講演・シンポジウムなど)
  1. Tomohiro Terada; Exposure-response and pharmacogenomics of tyrosine kinase inhibitors. 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, September 24-28, 2017 (Kyoto, Japan)
  2. Daiki Hira; Pharmacogenomics in clinical practice. 15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, September 24-28, 2017 (Kyoto, Japan)
国外学会発表(一般演題)
  1. Tomohiro Terada,Satoshi Noda,Daiki Hira,Shin-ya Morita; Pharmacokinetic/pharmacodynamic analysis of sorafenib in patients with hepatocellular carcinoma. 14th European ISSX Meeting, June 26-29, 2017 (Cologne, Germany)
  2. Daiki Hira, Satoshi Noda, Yugo Chisaki, Yoshihiro Maruo, Takashi Uzu, Shin-ya Morita, Yoshihiro Takeuchi, Hiroshi Maegawa, Shin-ichi Ikushiro, Yoshitaka Yano,Tomohiro Terada; Pharmacogenomic and pharmacokinetic analysis of febuxostat in clinical practice. 14th European ISSX Meeting, June 26-29, 2017 (Cologne, Germany)
  3. Satoshi Dote, Shoji Itakura, Daiki Hira, Satoshi Noda, Yuka Kobayashi, Tomohiro Terada; Oral mucositis associated with anti-egfr therapy in colorectal cancer: single institutional retrospective cohort study. 77th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2017, September 10-14, 2017 (Seoul, Republic of Korea)
  4. Michiya Akabane, Daiki Hira, Tetsuichiro Isono, Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada; Large prediction errors of vancomycin simulation in ICU patients,15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, September 24-28, 2017 (Kyoto, Japan)
  5. Satoshi Noda, Makoto Shioya, Hiroya Iida, Shigeyuki Naka, Daiki Hira, Akira Andoh, Masaji Tani, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada; Assessment of sorafenib-induced toxicities and clinical outcomes based on therapeutic drug monitoring of sorafenib for patients with hepatocellular carcinoma,15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, September 24-28, 2017 (Kyoto, Japan)
  6. Yurie Katsube, Daiki Hira, Masayuki Tsujimoto, Hiroyoshi Koide, Tetsuya Minegaki, Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Kohshi Nishiguchi, Tomohiro Terada; Retrospective investigation of additional medications as potential risk factors for sever neutropenia in cancer patients treated with carboplatin and paclitaxel combination therapy,15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, September 24-28, 2017 (Kyoto, Japan)
  7. Hiroyoshi Koide, Daiki Hira, Shigemi Nakamura, Toyoko Okada, Kazunori Ishizeki, Masafumi Yamaguchi, Shin-ya Morita, Kohshi Nishiguchi, Yasutaka Nakano, Tomohiro Terada; The real time inhalation flow pattern monitoring system contributes to adequate inhalation patterns of soft mist inhaler co-prescribed with dry powder inhaler,15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, September 24-28, 2017 (Kyoto, Japan)
  8. Daiki Hira, Tsuyoshi Fukuda, Tomoyuki Mizuno, Chie Emoto, Shin-ya Morita, Alexander A. Vinks, Tomohiro Terada; Febuxostat exposure-response model in patients with renal dysfunction,15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, September 24-28, 2017 (Kyoto, Japan)
  9. Yugo Chisaki, Tomohiro Terada, Yoshitaka Yano; Bayesian prediction of myelosuppression profiles based on routine clinical data after gemcitabine and cisplatin treatment,15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, September 24-28, 2017 (Kyoto, Japan)
科学研究費助成等
  1. 野田哲史; 平成28年度 薬学研究奨励財団 助成金, 腎がん治療薬パゾパニブの薬物動態およびファーマコゲノミクス解析に基づく個別化薬物療法の確立, 平成28年度, 800千円
  2. 野田哲史; 科学研究費 奨励研究 (17H00493), ファーマコゲノミクスに基づく腎がん治療薬パゾパニブの個別化投与設計, 平成29年度, 550千円
  3. 神谷貴樹; 科学研究費 奨励研究 (17H00518), 造血幹細胞移植患者における栄養摂取不良予測因子の探索, 平成29年度, 550千円
  4. 平 大樹; 科学研究費 若手研究(B) (17K15504), 実臨床におけるファーマコゲノミクス検査の有用性検証, 平成29-31年度, 4,160千円
  5. 池田義人; 滋賀医科大学 平成29年度 科研費奨励研究支援経費 (学長裁量経費), 脂質トランスポーターABCB4の機能解明と関連疾患治療薬の探索, 平成29年度, 500千円
  6. 池田義人; 滋賀医科大学 平成29年度 学長裁量経費 (若手萌芽研究), 胆汁酸肝組織障害に対する新規治療薬開発を目指したリン脂質トランスポーターABCB4の機能解明, 平成29年度, 500千円
  7. 森田真也; 革新的先端研究開発支援事業AMED-PRIME, リン脂質とスフィンゴ脂質・中性脂質の酵素蛍光定量法および膜脂質非対称分布評価法の開発, 平成29-32年度, 52,000千円
実習生・研修生等受入
  1. 京都薬科大学 臨床薬学コース, 1名
  2. 平成29年度 第I期 薬学生病院実務実習, 12名, 2017年5月8日-7月21日
  3. 大津市立青山中学校 職場体験学習, 2年生3名, 2017年5月29日-6月2日
  4. 立命館大学 早期体験学習, 1年次生12名, 2017年6月9日
  5. マレーシア国民大学薬学部 交換研修, 3年生2名, 2017年7月10日-8月4日
  6. 平成29年度 第II期 薬学生病院実務実習, 12名, 2017年9月4日-11月17日
  7. がん薬物療法認定薬剤師研修, 1名, 2017年9月4日-11月17日
  8. 滋賀県立守山高等学校, 「SGH探求」におけるフィールドワーク, 2名, 2017年11月14日
  9. がん薬物療法認定薬剤師研修, 1名, 2018年1月9日-3月20日
  10. 平成29年度 第III期 薬学生病院実務実習, 11名, 2018年1月9日-3月23日

 

2016年

受賞等
  1. 平成28年度 日本薬学会 佐藤記念国内賞, 寺田智祐, がん薬物療法の個別化・適正化に関する研究, 2016年3月
  2. 平成28年度 滋賀県病院薬剤師会 功労賞, 赤羽理也, 2016年4月
  3. 平成28年度日本医療薬学会Postdoctoral Award, 野田哲史, Assessment of sunitinib-induced toxicities and clinical outcomes based on therapeutic drug monitoring of sunitinib for patients with renal cell carcinoma.
  4. 平成28年度日本医療薬学会論文賞, 若杉吉宣, 森井博朗, 須藤正朝, 阪中美紀, 野田哲史, 薮田直希, 三上貴子, 園田文乃, 河合由紀, 目片英治, 寺田智祐:外来がん化学療法施行患者に対する薬剤師介入による副作用および疼痛改善効果についての定量的評価, 医療薬学. 41(3)173-178 (2015).
英文(原著)
  1. Hiroko Otake, Tomoyuki Okuda, Daiki Hira, Haruyoshi Kojima, Yasuhiro Shimada, Hirozazu Okamoto Inhalable spray-freeze-dried powder with l-leucine that delivers particles independent of inspiratory flow pattern and inhalation device. Pharm. Res., 33(4), 922-931 (2016).
  2. Satoshi Noda, Daiki Hira, Susumu Kageyama, Fumiyasu Jo, Akinori Wada, Tetsuya Yoshida, Akihiro Kawauchi, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Pharmacokinetic analysis of a hemodialyzed patient treated with pazopanib. Clinical Genitourinary Cancer, 14(4), e453-456 (2016).
  3. Daiki Hira, Yuko Komase, Setsuko Koshiyama, Tetsuya Oguma, Tetsuo Hiramatsu, Akira Shiraki, Masanori Nishikawa, Masanori Nakanishi, Takao Tsuji, Hisako Matsumoto, Koichi Ichimura, Takashi Iwanaga, Miwa Morikawa, Hirotaka Yasuba, Fumiko Sugaya, Yukako Arakawa, Yoshiki Kobayashi, Toshiyuki Kato, Yutaka Futamura, Fumio Tsuji, Tomohiro Terada. Problems of elderly patients on inhalation therapy: Difference in problem recognition between patients and medical professionals. Allergology International, 65, 444-449 (2016).
  4. Yugo Chisaki, Tomohiro Terada, Yoshitaka Yano. Population pharmacodynamic model for bayesian prediction of myelosuppression profiles based on routine clinical data after gemcitabine and carboplatin treatment. Pharmacology, 98(5-6), 284-293 (2016).
英文(著書・総説)
  1. Shin-ya Morita. Metabolism and modification of apolipoprotein B-containing lipoproteins involved in dyslipidemia and atherosclerosis. Biol. Pharm. Bull., 39 (1), 1–24 (2016).
和文(原著)
  1. 神谷貴樹, 星野伸夫, 堀江美弥, 平 大樹, 森田真也, 佐々木雅也, 寺田智祐: 薬学部病院実務実習時に行う栄養教育介入の効果, 医療薬学, 42(12), 825-833 (2016).
和文(著書・総説)
  1. 寺田智祐: 認知症高齢者と薬剤師, 医薬ジャーナル, 52(2) 599-601 (2016).
  2. 磯野哲一郎, 寺田智祐: 慢性腎臓病 治療薬の管理と薬学管理上の注意点, 薬局増刊号 病気とくすり2016 基礎と実践, 1048-1057 (2016).
  3. 森田真也: 網羅的全リン脂質酵素蛍光定量法の開発とバイオマーカー探索, 薬学研究の進歩, 32, 115-120 (2016).
  4. 野田哲史: 透析患者で腎がん治療薬スニチニブリンゴ酸塩のTDMを実施した症例, 臨床現場で役立つ!実例から学ぶTDMのエッセンス, 204-208, じほう (2016).
  5. 松田雅史, 炭 昌樹, 寺田智祐: トレーシングレポート活用事例から地域医療連携の実践ポイントを学ぶ!-5,滋賀医科大学医学部附属病院でのトレーシングレポート活用事例, 薬局, 67(10), 2934-2938 (2016).
  6. 森田真也: 酵素蛍光定量法による細胞内リン脂質代謝機能解析, 膜, 41(5), 202-208 (2016).
  7. 寺田智祐: Choosing Wiselyと薬剤師, 医薬ジャーナル, 52(10), 2223-2225 (2016).
  8. 寺田智祐, 高田佳代子, 濵武静子: 今日の眼疾患治療指針 第3版, 薬剤情報査読協力, 医学書院 (2016).
  9. 寺田智祐: がん薬物療法の個別化・適正化に関する研究, 薬学雑誌, 136(11), 1469-1476 (2016).
  10. 森井博朗: どうすればうまくいく!?医師とのコミュニケーション 鎮痛薬を適切に使用しない医師, オンコロジーナース, 10(2), 49-52 (2016)
報道関係(記事・取材)
  1. 森田真也: 第3回 フォローアップ研修会報告, 滋賀県病院薬剤師会誌, 39(1), 15-17 (2016).
  2. 吉原秀人: 第3回 フォローアップ研修会でのアンケート調査報告~薬学6年制過程修了の薬剤師の意識調査~, 滋賀県病院薬剤師会誌, 39(1), 18-19 (2016).
  3. 寺田智祐: 佐藤記念国内賞 医療ニーズに対する臨床研究を, 月刊薬事, 58(7), 14 (2016).
  4. 松原和夫: 佐藤記念国内賞 寺田智祐氏の業績, ファルマシア, 52(5), 452 (2016).
  5. 第26回日本医療薬学会年会ハイライト, 禁忌チェック体制の整備が課題, 薬事日報, 11776号, 3, 9月26日 (2016). ※寺田教授がオーガナイザーを務めたシンポジウムが紹介されています。
  6. 野田哲史: 滋賀医科大学における地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コースでの成果報告, 全国がんプロ成果報告市民公開シンポジウム, がんプロは日本のがん医療を変える!報告書, 40-44(2016).
  7. 寺田智祐: お元気ですか「ジェネリック医薬品 長所と短所知ろう」, 1424, 中日新聞, 9月21日朝刊 (2016). 
  8. 田淵陽平, 滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部, 先輩の声, めでぃしーんVOICE 2018大阪薬科大学, 42 (2016).
  9. 薮田直希, 滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部, 先輩の声, めでぃしーんVOICE 2018京都薬科大学, 49 (2016).
国内学会・研究会等(特別講演・シンポジウムなど)
  1. 森井 博朗: オピオイドの主な副作用の対策について, 第11回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース~ここが知りたい緩和ケアの実践~, 2016年1月30日 (大津)
  2. 長谷川 千晶: 緩和ケアが必要な患者さんへのアプローチ~臨床薬剤業務研修における緩和ケアコースの紹介~, 第11回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース~ここが知りたい緩和ケアの実践~, 2016年1月30日 (大津)
  3. 平 大樹: 腎機能低下患者におけるフェブキソスタットの臨床薬理学的研究, 腎疾患と高尿酸血症セミナー2016, 2016年1月30日 (草津)
  4. 神谷貴樹,星野伸夫,堀江美弥,佐々木雅也,寺田智祐: 薬剤師が臨床栄養を学ぶことの重要性~シームレスな薬剤師教育をめざして~, 第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2016年2月25日 (福岡)
  5. 中川静子: 脳腫瘍とお薬~上手に付き合うためには~, 第8回脳腫瘍患者・家族のための勉強会 in 関西, 2016年2月26日 (大阪)
  6. 野田哲史: 滋賀医科大学薬剤部における免疫チェックポイント阻害剤の臨床導入への取り組み, 第11回滋賀県がん薬物療法conference, 2016年3月2日 (守山)
  7. 寺田智祐: 地域ですすめるがん薬物療法~情報共有のノウハウについて~, 第9回会津地区薬薬連携講習会, 2016年3月10日 (会津若松)
  8. 【受賞講演】寺田智祐: がん薬物療法の個別化・適正化に関する研究, 日本薬学会 第136年会, 2016年3月28日 (横浜)
  9. 寺田智祐: がん薬物療法の変遷~薬物動態研究者の視点から眺めてみると~, 第305回岐阜県病院薬剤師会学術講演会, 2016年4月2日(岐阜)
  10. 寺田智祐: 滋賀県における薬物療法連携のあゆみ~CKDシールから検査値印字まで~, 山梨慢性腎臓病研修会2016, 2016年4月10日 (甲府)
  11. 井堀仁美: 抗凝固療法を受けているがん患者に対する薬学的アプローチ, 第12回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2016年4月24日 (大津)
  12. 野田哲史: 腎機能が低下しているがん患者への薬学的アプローチ, 第12回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2016年4月24日 (大津)
  13. 森田真也: 酵素蛍光定量法による細胞内リン脂質代謝機能解析, 日本膜学会第38年会, 2016年5月11日(東京)
  14. 野田哲史: 滋賀医大病院における他施設からのがん専門薬剤師研修の受け入れについて, 第4回がん専門薬剤師全体会議, 2016年5月14日(福岡)
  15. 野田哲史: 滋賀医科大学における地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コースでの成果報告, 全国がんプロ成果報告市民公開シンポジウム がんプロは日本のがん医療を変える!, 2016年6月11日(東京)
  16. 野田哲史: 滋賀医科大学における地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コースでの成果報告, 全国がんプロ成果報告市民公開シンポジウム, 2016年6月11日(東京)
  17. 松田雅史: 2016年度診療報酬改訂と医薬品の適正使用, 平成28年度第1回医薬品安全使用研修会, 2016年6月22日(学内)
  18. 木村紘子: 薬剤部における処方チェックの状況について, 平成28年度第1回医薬品安全使用研修会, 2016年6月22日(学内)
  19. 上西幸治: 併用禁忌薬の処方制限開始後の状況報告, 平成28年度第1回医薬品安全使用研修会, 2016年6月22日(学内)
  20. 西村幸恵: 病院薬剤師について, 京都薬科大学キャリア支援プログラム進路理解セミナー, 2016年6月24日(京都)
  21. 【受賞講演】池田義人、森田真也、寺田智祐: 胆汁酸細胞毒性に対するウルソデオキシコール酸の細胞保護作用, 医療薬学フォーラム2016, 2016年6月25日(大津)
  22. 増田恭子: 薬物療法時の留意点, 滋賀県糖尿病看護資質向上研修, 2016年6月27日(大津)
  23. 森井博朗: がん性疼痛に使用する鎮痛薬について~鎮痛薬を上手に使って、痛みとうまくつきあっていただこう~, 平成28年度滋賀県理学療法士協会主催研修会, 2016年7月2日(大津)
  24. 池田義人: リン脂質トランスポーターABCB4の機能解明とアクセプター分子の探索, 平成27年度学長裁量経費による研究助成成果発表会, 2016年7月8日(学内)
  25. 野田哲史: 腎がん治療薬パゾパニブの薬物動態学・薬理遺伝学的解析に基づく個別化投与設計の確立, 平成27年度学長裁量経費による研究助成成果発表会, 2016年7月8日(学内)
  26. 須藤正朝: 地域の薬剤師のスキルアップと連携強化のための活動, 第2回日本医薬品安全性学会学術大会, 2016年7月23日(岐阜)
  27. 若杉吉宣: 当院における骨転移症例への薬剤師としての取組み, Bone Care Meeting in 大津, 2016年9月1日(大津)
  28. 松田雅史: 明日から使える施設間情報連絡書~FAXによる情報共有~, 第10回大津薬薬連携の会, 2016年9月11日(大津)
  29. 野田哲史: ココロとカラダを守るがん医療, 第5回東近江医療圏がん診療市民公開講座, 2016年9月11日(東近江)
  30. 寺田智祐: New Strategy of quality improvement for outpatient chemotherapy, 第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月17日(京都)
  31. 平 大樹, 寺田智祐: 院内におけるPGx検査の体制構築に向けた取組みについて, 第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月17日(京都)
  32. 森井博朗: 緩和ケアの実践・教育・連携~大学病院緩和ケアチームにおける薬剤師の使命~, 第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月18日(京都)
  33. 寺田智祐: 全国国立大学病院における禁忌処方の運用実態に関するアンケート結果, 第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月18日(京都)
  34. 寺田智祐: がん専門薬剤師認定試験の傾向と出題意図, 第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月19日(京都)
  35. 【受賞講演】野田哲史: 腎細胞がん患者におけるスニチニブ血中濃度モニタリングに基づく副作用・有効性の評価, 第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月19日(京都)
  36. 若杉吉宣: 化学療法の支持療法, 第6回東近江がん診療セミナー, 2016年9月23日(東近江)
  37. 神谷貴樹: 急性期NSTにおける薬剤師の視点, 第3回おうみ栄養塾, 2016年9月24日(大津)
  38. 寺田智祐: 薬剤師と地域連携~三方良しの理念が教えてくれること~, 第3回立命館大学薬学部薬剤師生涯学習セミナー, 2016年9月24日(草津)
  39. 神谷貴樹: 術後とがん薬物療法における副作用対策, 第13回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2016年10月2日(大津)
  40. 寺田智祐: 患者特性に応じた経口5-FU製剤の処方箋の見方, 第13回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2016年10月2日(大津)
  41. 上西幸治: 抗うつ剤における服薬アドヒアランスの重要性について, 第8回 滋賀精神科医学会・第30回滋賀臨床行動科学研究会, 2016年10月16日(大津)
  42. 増田恭子: 服薬指導, びわ湖生活習慣病療養指導講習会, 2016年10月29日 (草津)
  43. 寺田智祐: がん専門薬剤師~求められるプロフェッショナリズムとリーダーシップ~, 九州・山口ブロックがん専門薬剤師フォーラム, 2016年11月5日 (福岡)
  44. 寺田智祐: がん薬物療法における薬物トランスポーターの役割, 近畿大学薬学部生涯教育研究会, 2016年11月12日 (東大阪)
  45. 平 大樹: FAX方式による吸入療法連携と今後の進め方, 八幡蒲生薬剤師会研修会, 2016年11月25日 (日野)
  46. 宮口美由紀: 小児薬物療法を学ぶ-川崎病について-, 滋賀県病院薬剤師会学術委員会 秋のセミナー, 2016年11月27日 (草津)
  47. 寺田智祐: 抗がん薬のきめ細やかな投与量調節を支援する臨床薬理学的アプローチ, 第37回日本臨床薬理学会学術総会, 2016年12月2日 (米子)
  48. 寺田智祐: 近江商人の教えを医療に活かす~三方よし~, 薬剤師フォーラム in Osaka, 2016年12月3日 (大阪)
  49. 寺田智祐: 腎機能低下患者における薬物療法~薬局薬剤師として見逃せないポイント~, 薬剤師が減らす!消化管出血2016, 2016年12月14日 (京都)
  50. 長谷川千晶: 吸入療法の基本と吸入指導の重要性, 滋賀医大病院におけるFAXを用いた吸入連携説明会, 2016年12月15日 (大津)
  51. 平 大樹: 滋賀医大病院におけるFAXを用いた吸入連携, 滋賀医大病院におけるFAXを用いた吸入連携説明会, 2016年12月15日 (大津)
  52. 寺田智祐: 合併症_肝障害, 第57回日本肺癌学会学術集会, 2016年12月20日 (福岡)
国内学会・研究会等(一般演題)
  1. 寺岡裕美, 野田哲史, 内山慶一, 藤井紀和, 中西健史, 田中俊宏, 寺田智祐:CD30陽性の原発性皮膚未分化大細胞リンパ腫に対するアドセトリス®の使用経験 , 第37回 日本病院薬剤師会 近畿学術大会, 2016年1月23日 (神戸)
  2. 赤羽理也, 吉田和寛, 橋本賢吾, 山根哲信, 辻田靖之, 高橋 完, 江口 豊: 集中治療患者における五苓散の体液管理に対する効果, 第43回日本集中治療医学会学術大会, 2016年2月12日 (神戸)
  3. 野村文香, 須藤正朝, 野田哲史, 若杉吉宣, 薮田直希, 井堀仁美, 山本 優, 星野伸夫, 寺田智祐: がん患者指導管理料3の算定状況と院外処方せんに記載した検査値の活用状況の調査報告, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016, 2016年3月13日 (鹿児島)
  4. 下村春奈: 当院におけるプレアボイドの取り組みと報告内容紹介, プレアボイド研修報告会, 2016年3月15日 (守山)
  5. 赤羽理也: ICU領域におけるKAMPOの臨床使用-五苓散の使用経験-, 第37回京滋救命救急セミナー, 2016年3月25日 (京都)
  6. 池田義人, 森田真也, 寺田智祐: ホスファチジルコリンとコレステロールが及ぼす胆汁酸細胞毒性への影響, 日本薬学会 第136年会, 2016年3月27日 (横浜)
  7. 長谷川千晶, 森井博朗, 炭 昌樹, 星野伸夫, 寺田智祐: 薬局薬剤師を対象とした緩和ケア研修の構築と評価, 日本薬学会 第136年会, 2016年3月28日 (横浜)
  8. 小出博義, 平 大樹, 辻本雅之, 峯垣哲也, 森田真也, 西口工司, 寺田智祐: フェブキソスタットの尿酸低下作用に及ぼす患者背景因子の探索, 日本薬学会 第136年会, 2016年3月28日 (横浜)
  9. 池田義人, 森田真也, 寺田智祐: 胆汁酸細胞毒性に対するリン脂質及びコレステロールの影響, 日本膜学会第38年会, 2016年5月10日(東京)
  10. 磯野哲一郎 , 平 大樹, 赤羽 理也, 池田 義人, 若杉 吉宣, 永井 詩穂, 南口 仁志, 森田 真也, 木藤 克之, 寺田 智祐: タクロリムスの経口投与により血中濃度が 100 ng/ml を超える異常高値を示 した症例とその考察, 第33回日本TDM学会・学術大会, 2016年5月28日(宇都宮)
  11. 平 大樹, 野田 哲史, 地嵜 悠吾, 丸尾 良浩, 宇津 貴, 森田 真也, 竹内 義博, 前川 聡, 矢野 義孝, 寺田 智祐: 高尿酸血症治療薬フェブキソスタットの薬物動態と治療効果に与える遺伝子多型の影響, 第33回日本TDM学会・学術大会, 2016年5月29日(宇都宮)
  12. 池田義人, 森田真也, 寺田智祐: 胆汁酸とリン脂質の混合ミセル形成に及ぼすコレステロールの影響, 第58回日本脂質生化学会, 2016年6月9日(秋田)  
  13. 炭昌樹, 長谷川千晶, 森井博朗, 星野伸夫, 寺岡裕美, 金本賢枝, 堀江美弥, 岡本陽香, 藪田直希, 松田雅史, 神谷貴樹, 須藤正朝, 増田恭子, 松田佳織, 本岡芳子, 森田真也, 寺田智祐: 保険薬局薬剤師を対象とした臨床薬剤業務研修の評価, 医療薬学フォーラム2016, 2016年6月25日(大津)
  14. 池田義人, 森田真也, 寺田智祐: ウルソデオキシコール酸及びその抱合体によるABCB4を介したリン脂質排出の促進, 第11回トランスポーター研究会年会, 2016年7月2日(宇治)
  15. 國津侑貴, 磯野哲一郎, 増田恭子, 平 大樹, 十亀裕子, 寺田智祐: CKDシール・処方箋への検査値記載による医療安全への貢献, 第2回日本医薬品安全性学会学術大会, 2016年7月23日(岐阜)
  16. 平 大樹, 小出博義, 中村茂巳, 岡田豊子, 石関一則, 山口将史, 腰山節子, 小熊哲也, 伊藤加代子, 船山さおり, 駒瀬裕子, 森田真也, 西口工司, 中野恭幸, 寺田智祐: 吸入剤の適正使用に向けた吸入パターン測定装置の開発と応用, 第2回日本医薬品安全性学会学術大会, 2016年7月24日(岐阜)
  17. 中川 碧, 奥貫裕美, 下村春奈, 吉原秀人, 國津侑貴, 高田佳代子, 増田恭子, 生野芳博, 寺田智祐: 外来患者への服薬指導の充実化をめざした取り組み, 第37回滋賀県病院薬剤師会学術大会, 2016年7月31日(草津)
  18. 上西幸治, 田淵陽平, 奥貫裕美, 星野伸夫, 寺田 智祐: 当院におけるオーダリングシステムを用いた併用禁忌薬の処方制限システムの構築, 第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月17日(京都)
  19. 神谷貴樹, 長谷川千晶, 炭 昌樹, 堀江美弥, 星野伸夫, 寺田智祐: 在宅医療推進をめざした栄養管理研修の評価, 第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月17日(京都)
  20. 若杉吉宣, 生野芳博, 堀江美弥, 木藤克之, 南口仁志, 寺田智祐: 血液内科におけるCHOP療法施行時のアプレピタント使用に関する検討, 第54回日本癌治療学会学術集会, 2016年10月20日 (横浜)
  21. Daiki Hira, Satoshi Noda, Yugo Chisaki, Yoshihiro Maruo, Takashi Uzu, Shin-ya Morita, Yoshihiro Takeuchi, Hiroshi Maegawa, Shin-ichi Ikushiro, Yoshitaka Yano, Tomohiro Terada: Pharmacogenomics, pharmacokinetics, and pharmacodynamics of antihyperuricemic drug, 第10回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2016年11月5日 (前橋)
  22. 平 大樹, 野田哲史, 磯野哲一郎, 赤羽理也, 池田義人, 森田真也, 寺田智祐, ファーマコゲノミクス検査に基づく個別化薬物療法実現のための院内基盤構築とその運用状況, 第37回日本臨床薬理学会学術総会, 2016年12月1日 (米子)
  23. 勝部友理恵, 平 大樹, 辻本雅之, 峯垣哲也, 森田真也, 西口工司, 寺田智祐, パクリタキセル及びカルボプラチン併用療法における好中球減少に及ぼす併用薬の影響, 第37回日本臨床薬理学会学術総会, 2016年12月2日 (米子)
国外学会発表(特別講演・シンポジウムなど)
  1. Tomohiro Terada. Strategy of individualised pharmacotherapy for oral tyrosine kinase inhibitors, National Cancer Centre Singapore - Kyoto University Hospital Exchange Program, January 7-8, 2016 (Singapore)
  2. Daiki Hira, Tomohiro Terada; Pharmacometrics in clinical practice: Population PK analysis of febuxostat in patients with severe renal impairment, The 2nd A3 Pharmcometrics Symposium, October 14, 2016 (Daejeon, Republic of Korea)
国外学会発表(一般演題)
  1. Satoshi Noda. The benefit of therapeutic drug monitoring of sunitinib for patients with renal cell carcinoma, National Cancer Centre Singapore - Kyoto University Hospital Exchange Program, January 7-8, 2016 (Singapore)
  2. Shin-ya Morita, Yoshito Ikeda, Tomohiro Terada. Novel enzymatic fluorometric assays for quantifying cellular phospholipid classes. 12th International Congress of Cell Biology, July 21-25, 2016 (Prague, Czech Republic)
  3. Satoshi Dote, Daiki Hira, Tomohiro Terada; Antihistaminic drug for the primary prevention of oxaliplatin-induced hypersensitivity reaction, Exchange international symposium in Chinese University Hong Kong, October 29, 2016 (Hong Kong, China)
  4. Satoshi Noda; My activity as an oncology pharmacist in Shiga University Medical Science Hospital, Memorial Sloan Kettering Cancer Center & Japanese Society of Hospital Pharmacists Exchange International Seminar, November 8, 2016 (New York, USA)
  5. Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada; Effects of cholesterol and phosphatidylcholine on bile salt cytotoxicity, The Liver Meeting 2016, November 11-15, 2016 (Boston, USA)
科学研究費助成等
  1. 平 大樹; 平成27年度 薬学研究奨励財団 助成金, 新規経口ヤヌスキナーゼ阻害薬の個別化投与指針の構築, 平成27年度, 800千円
  2. 平 大樹; 公益財団法人滋賀医学国際協力会 平成28年度 医学系研究者海外渡航助成, 平成28年度, 150千円
  3. 池田義人; 滋賀医科大学 平成28年度 科研費奨励研究支援経費 (学長裁量経費), 脂質トランスポーターABCB4の機能解明と関連疾患治療薬の探索, 平成28年度, 500千円
  4. 池田義人; 第28回加藤記念国際交流助成金, Effects of cholesterol and phosphatidylcholine on bile salt cytotoxicity, 平成28年度, 250千円

2015年

受賞等
  1. 平成27年度 滋賀県病院薬剤師会 功労賞, 森井博朗, 2015年4月  
  2. 第64回日本アレルギー学会学術大会 Featured Poster選出; 平 大樹, 小熊哲也, 腰山節子, 堀江健夫, 吉村千恵, 百瀬泰行, 白木晶, 駒瀬裕子: 高齢者における吸入指導の問題点 ~吸入療法のステップアップをめざす会アンケート解析~, 2015年5月
  3. 第19回メディカルスタッフ研修発表会 優秀賞受賞; 下村春奈: 薬物療法の安全性を高めるための臨床検査値に関する情報共有の取組み, 2015年7月
  4. 第9回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム 優秀発表賞受賞; Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada: The protective effect of ursodeoxycholate on cytotoxicity of bile salts, 2015年11月
英文(原著)
  1. Daiki Hira, Setsuko Koshiyama, Yuko Komase, Nobuo Hoshino, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Dry mouth as a novel indicator of hoarseness caused by inhalation therapy. J. Asthma, 52(3), 296-300 (2015).
  2. Satoshi Noda, Takashi Otsuji, Masato Baba, Tetsuya Yoshida, Susumu Kageyama, Keisei Okamoto, Yusaku Okada, Akihiro Kawauchi, Hiroyuki Onishi, Daiki Hira, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Assessment of sunitinib-induced toxicities and clinical outcomes based on therapeutic drug monitoring of sunitinib for patients with renal cell carcinoma.Clinical Genitourinary Cancer, 13(4), 350-358(2015).
  3. Kyoko Wakita, Shin-ya Morita, Naoko Okamoto, Eriko Takata, Tetsurou Handa, Minoru Nakano. Chylomicron remnant model emulsions induce intracellular cholesterol accumulation and cell death due to lysosomal destabilization. Biochim. Biophys. Acta - Mol. Cell Biol. Lipids, 1851(5), 598-604 (2015).
  4. Daiki Hira, Yugo Chisaki, Satoshi Noda, Hisazumi Araki, Takashi Uzu, Hiroshi Maegawa, Yoshitaka Yano, Shin-ya Morita, and Tomohiro Terada. Population pharmacokinetics and therapeutic efficacy of febuxostat in patients with severe renal impairment. Pharmacology, 96(1-2), 90-98(2015).
  5. Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Enzymatic measurement of phosphatidylglycerol and cardiolipin in cultured cells and mitochondria. Scientific Reports.5, 11737, 1-15 (2015).
  6. Tetsuya Saita, Yuta Yamamoto, Satoshi Noda, Makoto Shioya, Daiki Hira, Akira Andoh, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada, Masashi Shin. Quantification of sorafenib in human serum by competitive enzyme- linked immunosorbent assay. Biol. Pharm. Bull., 38(11),1788-1793(2015).
  7. Akihiro Ohishi, Yugo Chisaki, Daiki Hira, Kazuki Nagasawa, Tomohiro Terada. Opioid analgesics increase incidence of somnolence and dizziness as adverse effects of pregabalin: a retrospective study. Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences. 1,30 (2015).
英文(著書・総説)
  1. Tomohiro Terada, Daiki Hira.
    Intestinal and hepatic drug transporters: pharmacokinetic, pathophysiological, and pharmacogenetic roles. Journal of Gastroenterology, 50(5), 508-519 (2015).
  2. Tomohiro Terada, Satoshi Noda and Ken-ichi Inui.
    Management of dose variability and side effects for individualized cancer pharmacotherapy with tyrosine kinase inhibitors. Pharmacol. Ther., 152, 125-134(2015).
和文(原著)
  1. 【医療薬学会論文賞受賞】若杉吉宣, 森井博朗, 須藤正朝, 阪中美紀, 野田哲史, 薮田直希, 三上貴子, 園田文乃, 河合由紀, 目片英治, 寺田智祐: 外来がん化学療法施行患者に対する薬剤師介入による副作用および疼痛改善効果についての定量的評価, 医療薬学. 41(3), 173-178 (2015).
  2. 赤羽理也, 平 大樹, 池田義人, 野田哲史, 上西幸治, 森田真也, 山田尚登, 寺田智祐: 抗精神病薬の血清リチウム濃度に及ぼす影響, 医療薬学. 41(5), 355-359 (2015).
  3. 井堀仁美, 田淵陽平, 平 大樹, 寺田智祐: リファンピシンとワルファリンの併用によりPT-INRが変動し新規経口抗凝固薬へ変更した症例, 滋賀県病院薬剤師会誌. 38(1), 3-5 (2015).
和文(著書・総説)
  1. 平 大樹: 吸入指導のポイント-標準化の実際-吸入指導手順書, 薬剤師、医師、看護師のための明日からできる実践吸入指導 改訂第2版, 8-9, メディカルレビュー社(2015).
  2. 宮口美由紀, 山本 優, 寺田智祐: 適応外薬が処方された患児・家族に対する服薬指導のポイント, 薬局, 66(2), 89-92, 南山堂 (2015).
  3. 森田真也, 寺田智祐: がんの多剤耐性に関わる薬物排出トランスポーター, 薬剤トランスポーター研究の最新動向と化学療法剤の動態, 化学療法の領域, 31(3), 457-465, 医薬ジャーナル社 (2015).
  4. 磯野哲一郎, 三宅健文: 「処方監査や疑義照会で検査値を使いこなす」第7回 肝機能検査値で薬の副作用を把握, 調剤と情報, 21(4), 459-464, じほう (2015)
  5. 寺田智祐: 滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部 医療薬剤学と薬剤業務, 公益社団法人 日本薬剤学会 薬剤学概史, 岡田弘晃, 渡辺善照監修, 426-429, 日本薬剤学会 (2015)
  6. 磯野哲一郎: ここが知りたかった腎機能チェック, 三宅健文編集, 八田告監修, 南江堂 (2015)
  7. 寺田智祐, 薮田直希, 野田哲史: スペシャルポピュレーションのがん薬物療法 腎機能低下患者, 月刊薬事, 157(10), 1605-1616, じほう (2015)
  8. 磯野哲一郎, 寺田智祐: 滋賀県全域における「CKDシール」によるセーフティネットの構築, 薬事新報, 2911, 1050-1056 (2015)
報道関係(記事・取材)
  1. 寺田智祐: 第29回医学会総会2015関西特集記事, 在宅支援強化へIT活用, 1月1日朝刊 (2015).
  2. 寺田智祐: 第29回医学会総会20の柱から, 先端をひらく 4 チーム医療, 京都新聞 1月31日朝刊 (2015).
  3. 薬局薬剤師に研修実施 滋賀医大病院薬剤部, 薬事日報, 11531号, 2, 2月2日 (2015).
  4. IT 情報共有、在宅シフトの要, 日本医学会総会特集, 日本経済新聞, 3月3日 (2015).
  5. 森田真也: 膜リン脂質代謝疾患の分子メカニズムに関する研究, 薬事日報, 11550号, 20, 3月20日 (2015).
  6. 炭 昌樹: 感染制御ネットワークだより(35) 県内での抗菌薬使用量調査~耐性菌の抑制を目指して~, 滋賀県病院協会報, 106, 6 (2015).
  7. 寺田智祐: 奨励賞受賞 森田真也氏の業績, ファルマシア, 51(5), 477 (2015).
  8. お薬手帳に、CKDシール, そらまめ通信, 81, 11 (2015).
  9. 客観的指標で業務評価を 薬剤師の介入 質向上に貢献(若杉薬剤師の講演内容を紹介), 薬事日報, 11597号, 1, 7月8日 (2015).
  10. 寺田智祐, 会長挨拶, 滋賀県病院薬剤師会誌. 38(1), 1 (2015).
  11. 平 大樹: 喘息とCOPDのオーバーラップ症候群(ACOS), 日本病院薬剤師会雑誌, 51(9), 1113 (2015)
  12. 滋賀医科大学病院 CKDシールで意識が醸成 5月から検査値表示開始, 薬事日報, 11634号, 10, 10月9日 (2015).
  13. 神谷貴樹, 滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部, 先輩の声, めでぃしーんVOICE 2017大阪薬科大学, 54.
  14. 西村幸恵, 滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部, 先輩の声, めでぃしーんVOICE 2017京都薬科大学, 67.
国内学会・研究会等(特別講演・シンポジウムなど)
  1. 平 大樹: 吸入療法の基礎知識と吸入剤による副作用発現要因の探索研究, 滋賀吸入療法連携フォーラム(守山野洲薬剤師会・びわこ薬剤師会), 2015年1月 (守山)
  2. 田淵陽平: 抗凝固薬を安全に使用するために気をつけたい薬物間相互作用 , 滋賀県病院薬剤師会ハイリスク医薬品のマネジメント研修会 , 2015年1月 (大津)
  3. 野田哲史: 選択肢の増えた前立腺がん治療薬~作用機序から副作用マネージメントまで~ , 第8回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース , 2015年1月 (大津)
  4. 炭 昌樹, 松田雅史, 磯野哲一郎, 星野伸夫, 森田真也, 寺田智祐 : 保険薬局との情報共有推進への取り組み~入院から地域医療へ、シームレスな治療管理をめざして~ , 平成26年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 , 2015年2月 (岐阜)
  5. 上西幸治: 本院における睡眠薬の処方動向, 平成26年度第3回医薬品安全使用研修会, 2015年2月(学内)
  6. 平 大樹: 吸入療法の現状と薬局主体の吸入剤関連研究 , 滋賀吸入療法連携フォーラム(八幡蒲生薬剤会), 2015年2月 (近江八幡)
  7. 寺田智祐: CKD患者さんのために薬剤師ができること:CKDシールの取り組みを中心に, 慢性腎臓病(CKD)シンポジウム, 2015年3月(東京)
  8. 森井博朗: 医療用麻薬って何なん?, 第2回東近江医療圏がん診療市民公開講座「がん治療・もっと知ろうがんのこと」, 2015年3月(東近江) 
  9. Shin-ya Morita:  Mechanism for biliary phospholipid efflux mediated by ABCB4 on canalicular membranes, 第120回日本解剖学会全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会 , 2014年3月(神戸)
  10. 【奨励賞受賞講演】森田真也: 膜リン脂質代謝異常疾患の分子メカニズム, 日本薬学会 第135年会, 2015年3月(神戸)
  11. 須藤正朝: 制吐薬適正使用ガイドラインに基づいた制吐療法, 第9回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2015年4月 (大津)
  12. 薮田直希: 末梢神経障害、味覚障害への対応, 第9回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2015年4月 (大津)
  13. 寺田智祐: 3年目を迎えたCKDシール~導入から運用状況まで~, 金沢南地区糖尿病薬・薬連携研究会, 2015年4月(金沢)
  14. 森田真也: リン脂質と疾患, 神戸薬科大学特別研究セミナー, 2015年5月(神戸)
  15. 野田哲史: 腎細胞がん治療薬の血中濃度モニタリング, 日本医療薬学会 第3回がん専門薬剤師全体会議, 2015年5月(東京)
  16. 野田哲史: 腎がん患者へのTDMによる治療支援, 第32回日本TDM学会・学術大会, 2015年5月(松本)
  17. 炭 昌樹: 施設間での情報共有推進への取り組み~地域完結型医療へ、シームレスな薬物治療をめざして~,Pharmacist Forward Forum in 滋賀~服薬アドヒアランス向上を考える, 2015年6月(大津)
  18. 高田佳代子: 処方監査に検査値を活用するメリット, 処方監査における検査値活用のための勉強会, 2015年6月(大津)
  19. 井堀仁美: 血液関連の検査値とまずは知っておきたい医薬品, 処方監査における検査値活用のための勉強会, 2015年6月(大津)
  20. 下村春奈: 肝機能に注意の必要な医薬品~検査値確認しましたか?~, 処方監査における検査値活用のための勉強会, 2015年6月(大津)
  21. 磯野哲一郎: 最も処方提案しやすい腎機能, 処方監査における検査値活用のための勉強会, 2015年6月(大津)
  22. 佐々木恭子: 薬物療法時の留意点, 滋賀県糖尿病看護資質向上研修, 2015年6月(大津)
  23. 平 大樹: 抗MRSA薬のTDMと血中濃度シミュレーションの活用, 第3回感染予防対策研修会, 2015年6月(学内)
  24. 寺田智祐: くすりの専門家として、心ある良質な医療を提供する, 徳島薬剤師カンファレンス, 2015年6月(徳島)
  25. 炭 昌樹: ITによる薬剤業務の効率化と地域医療連携への展開, 平成27年度全国都市立病院薬局長協議会研修会, 2015年7月(神戸)
  26. 神谷貴樹, 星野伸夫, 栗原美香, 仲川満弓, 佐々木雅也, 寺田智祐: 入院時の低BMIは造血幹細胞移植患者のTPN期間延長の指標となる, 第7回日本静脈経腸栄養学会近畿支部学術大会, 2015年7月(京都)
  27. 若杉吉宣, 森井博朗, 須藤正朝, 阪中美紀, 野田哲史, 薮田直希, 三上貴子, 園田文乃, 河合由紀, 目片英治, 寺田智祐: 外来化学療法施行患者に対する薬剤師介入~副作用と疼痛の改善効果に関する定量的評価~, 医療薬学フォーラム2015, 2015年7月 (名古屋)
  28. 寺田智祐: 腎細胞がん患者におけるスニチニブの薬物血中濃度モニタリングの有用性, 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2015年7月 (札幌)
  29. 寺田智祐: 医薬品の中枢移行性~高齢者の薬物動態学的特徴~, 高齢者医療を考える会, 2015年7月 (宮崎)
  30. 若杉吉宣: 薬剤師から見たリンパ腫治療 使用される抗がん剤と押さえておきたいポイント, 第10回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース, 2015年8月 (草津)
  31. 須藤正朝: がん専門薬剤師としての業務への取り組みと問題点~がん専門薬剤師全体会議報告をふまえて~, 第9回滋賀県がん薬物療法conference, 2015年9月 (守山)
  32. 若杉吉宣: がん患者指導管理料3について~適切ながん薬物療法支援のための取り組み~, 第9回滋賀県がん薬物療法conference, 2015年9月 (守山)
  33. 寺田智祐: 安全な外来薬物療法の実践を目指して, 平成27年度 東海オンコロジー応用セミナー「最近のがん診療の取り組み~新規承認薬を中心に~」, 2015年9月 (名古屋)
  34. 寺田智祐: CKDとお薬~上手につきあうためには~, CKDをふせぎ目指そう健康長寿(市民公開講座), 2015年9月 (大津)
  35. 神谷貴樹: 肝臓病服薬ケアに役立つ栄養とくすりの知識, 平成27年度滋賀県肝炎医療従事者研修会, 2015年9月 (大津)
  36. 平 大樹, 永井智宏, 小熊哲也, 寺田智祐, 中野恭幸: 滋賀吸入療法連携フォーラム(SKR)の取り組みとチーム医療, 第17回日本看護医療学会学術集会, 2015年10月 (福井)
  37. 高田佳代子: 脳卒中のお薬と気をつけたい飲み合わせ, 第13回滋賀県脳卒中市民公開講座, 2015年10月 (大津)
  38. 寺田智祐: 抗がん剤の薬理学, 第53回日本癌治療学会学術集会, 2015年10月 (京都)
  39. 寺田智祐: 英文誌JPHCSに投稿してみませんか, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月 (横浜)
  40. 寺田智祐: がん専門薬剤師認定試験の傾向と出題意図, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月 (横浜)
  41. 松田雅史, 炭 昌樹, 田淵陽平, 佐々木恭子, 星野伸夫, 森田真也, 寺田智祐: 医薬品適正使用の精度を向上させる”院外処方せん”の活用, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月 (横浜)
  42. 若杉吉宣: 外来がん化学療法施行患者に対するがん患者指導管理のためのシステム構築と現状, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月 (横浜)
  43. 寺田智祐: CKDシールから検査値印字まで~滋賀県における薬物療法連携の取り組み~, 第150回広島市薬剤師会生涯教育研修会, 2015年12月 (広島)
国内学会・研究会等(一般演題)
  1. 赤羽理也, 上西幸治, 野田哲史, 池田義人, 平 大樹, 星野伸夫, 森田真也, 森田幸代, 井上義政, 大久保雅則, 山田尚登, 寺田智祐: クロザピンおよびノルクロザピンの血漿中濃度測定法の確立 , 第36回 日本病院薬剤師会 近畿学術大会 , 2015年1月 (和歌山)
  2. 井堀仁美, 田淵陽平, 平 大樹, 寺田智祐: リファンピシンとワルファリンの併用によりPT-INRが変動し新規経口抗凝固薬へ変更した症例 , 第36回 日本病院薬剤師会 近畿学術大会 , 2015年1月 (和歌山)
  3. 赤羽理也, 橋本賢吾, 岸本卓磨, 今宿康彦, 山根哲信, 浜本 徹, 辻田靖之, 高橋 完, 寺田智祐, 江口 豊: 重症敗血症に対するempiric治療としてのタゾバクタム/ピペラシリンの治療成績 , 第42回 日本集中治療医学会学術集会, 2015年2月 (東京)
  4. 磯野哲一郎: 台湾研修報告, 第18回メディカルスタッフ研修&発表会, 2015年2月(学内)
  5. 岡本陽香: 抗菌薬に関する疑義照会の増加をめざす, 医療安全研修会及び感染予防対策研修会, 2015年3月(学内)
  6. 平 大樹, 腰山節子, 駒瀬裕子, 池田義人, 星野伸夫, 森田真也, 寺田智祐: 安静時唾液量の低下は吸入剤による嗄声の発生を増加させる, 日本薬学会第135年会, 2015年3月(神戸)
  7. 森田真也, 寺田智祐: 新規ホスファチジルグリセロール・カルジオリピン酵素蛍光定量法の培養細胞実験への応用, 日本膜学会第37年会, 2015年5月 (東京)
  8. 森田真也, 寺田智祐: 新規ホスファチジルグリセロール・カルジオリピン酵素蛍光定量法, 日本薬剤学会第30年会, 2015年5月 (長崎)
  9. 【Featured Poster選出】平 大樹, 小熊哲也, 腰山節子, 堀江健夫, 吉村千恵, 百瀬泰行, 白木晶, 駒瀬裕子: 高齢者における吸入指導の問題点 ~吸入療法のステップアップをめざす会アンケート解析~, 第64回日本アレルギー学会学術大会, 2015年5月 (東京)
  10. 森田真也, 寺田智祐: 新規酵素蛍光法によるミトコンドリアのリン脂質定量分析, 第57回日本脂質生化学会, 2015年5月 (東京)
  11. 寺田智祐, 平 大樹, 地嵜悠吾, 野田哲史, 宇津 貴, 前川 聡, 矢野義孝, 森田真也: CKD患者におけるフェブキソスタットの薬物動態解析, 第58回日本腎臓学会, 2015年6月 (名古屋)
  12. 森田真也, 寺田智祐: リン脂質網羅的酵素蛍光定量法による細胞リン脂質代謝解析, 第10回トランスポーター研究会年会, 2015年6月 (東京)
  13. 松田雅史, 田淵陽平, 佐々木恭子, 炭 昌樹, 星野伸夫, 森田真也, 寺田智祐: 薬効表記を用いたハイリスク医薬品の注意喚起, 第18回日本医薬品情報学会学術大会, 2015年6月 (岡山)
  14. 平 大樹, 寺田智祐: 経口関節リウマチ分子標的薬の薬物動態影響因子の探索, 平成26年度学長裁量経費による研究助成成果発表会, 2015年7月 (学内)
  15. 堀江美弥, 星野伸夫, 神谷貴樹, 仲川満弓, 栗原美香, 椿野悦子, 湯本浩史, 川見員令, 植田道子, 岡田信子, 三上貴子, 荒木信一, 佐々木雅也, 寺田智祐: CHDF施行患者への通常組成アミノ酸の投与はBUN及びクレアチニン値を上昇させずにアミノ酸投与量を増加する, 第7回日本静脈経腸栄養学会近畿支部学術大会, 2015年7月 (京都)
  16. 赤羽理也, 平 大樹, 池田義人, 野田哲史, 上西幸治, 森田真也, 山田尚登, 寺田智祐: 血清リチウム濃度上昇因子としての抗精神病薬併用の影響解析, 医療薬学フォーラム2015, 2015年7月 (名古屋)
  17. 野田哲史, 大辻貴司, 吉田哲也, 影山 進, 岡本圭生, 河内明宏, 大西裕之, 平 大樹, 森田真也, 寺田智祐: 腎細胞がん患者における分子標的薬スニチニブの至適濃度の探索,医療薬学フォーラム2015, 2015年7月 (名古屋)
  18. 【優秀賞受賞】下村春奈: 薬物療法の安全性を高めるための臨床検査値に関する情報共有の取組み, 第19回メディカルスタッフ研修発表会, 2015年7月 (学内)
  19. 神谷貴樹: 経腸栄養管理を支える薬剤師の視点,第19回 関西栄養管理技術研究会, 2015年10月 (大阪)
  20. 野田哲史, 平 大樹, 影山 進, 城 文泰, 和田晃典, 吉田哲也, 河内明宏, 森田真也, 寺田智祐: 透析中の腎細胞患者におけるパゾパニブの薬物動態学的解析, 第53回日本癌治療学会学術集会, 2015年10月 (京都)
  21. 地嵜悠吾, 寺田智祐, 矢野義孝: 母集団薬力学モデル解析によるGC療法後の骨髄抑制経時変化予測, 第53回日本癌治療学会学術集会, 2015年10月 (京都)
  22. Shin-ya Morita, Tomohiro Terada: Functional analysis of mitochondrial PGS1 using novel enzymatic fluorometric measurements of phospholipids, 第9回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2015年11月 (千葉)
  23. 【優秀発表賞受賞】Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada: The protective effect of ursodeoxycholate on cytotoxicity of bile salts, 第9回 次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2015年11月 (千葉)
  24. 森田真也、寺田智祐: 新規リン脂質酵素蛍光定量法を用いたミトコンドリア機能解析, 第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2015年11月 (熊本)
  25. 赤羽理也, 野田哲史, 磯野哲一郎, 池田義人, 平 大樹, 森田真也, 堀江 稔, 寺田智祐: ファーマコゲノミクス検査システムの構築と評価, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月 (横浜)
  26. 平 大樹, 小熊哲也, 腰山節子, 堀江健夫, 吉村千恵, 百瀬泰行, 白木晶, 寺田智祐, 駒瀬裕子: 全国規模でのアンケート調査からわかる高齢者への吸入指導時の問題点, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月 (横浜)
  27. 野田哲史, 稲富 理, 平 大樹, 池田義人, 赤羽理也, 安藤 朗, 森田真也, 寺田智祐: TS-1投与患者での血中5-FU濃度測定におけるMy5-FU試薬を用いた抗原抗体免疫反応測定法と従来法の比較, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月 (横浜)
  28. 田淵陽平, 佐々木恭子, 生野芳博, 野村文香, 金本賢枝, 寺田智祐: ワルファリンとミコナゾールゲルの併用によって生じた有害事象における当院での対策, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月 (横浜)
  29. 薮田直希, 森井博朗, 須藤正朝, 阪中美紀, 野田哲史, 若杉吉宣, 山本 優, 井堀仁美, 野村文香, 星野伸夫, 寺田智祐: 「がん患者指導料3」の算定に対応したお薬説明書作成システムの構築と算定実施状況, 第25回日本医療薬学会年会, 2015年11月 (横浜)
国外学会発表(特別講演・シンポジウムなど)
  1. Shin-ya Morita, Yoshito Ikeda, Tomohiro Terada: Quantitative analysis of cellular phospholipid classes by using enzymatic fluorometric assays, 13th Euro Fed Lipid Congress, September 2015 ( Florence, Italy)
  2. Shin-ya Morita, Tomohiro Terada: New enzyme-based fluorometric assay for quantifying cardiolipin and phosphatidylglycerol in cells and mitochondria, Cardiolipin as Key Lipid of Mitochondria in Health and Disease, September 2015 (Florence, Italy)
  3. Satoshi Noda, Takashi Otsuji, Tetsuya Yoshida, Susumu Kageyama, Keisei Okamoto, Akihiro Kawauchi, Daiki Hira, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada: Pharmacokinetic/pharmacodynamic analysis of sunitinib in patients with renal cell carcinoma, 7th Asian Association of School of Pharmacy Conference, October 2015 (Taipei, Taiwan)
  4. Michiya Akabane, Daiki Hira, Yoshito Ikeda, Satoshi Noda, Koji Uenishi, Shin-ya Morita, Naoto Yamada, Tomohiro Terada: Effects of antipsychotic drugs on elevation of serum lithium concentration, 7th Asian Association of School of Pharmacy Conference, November 2015 (Taipei, Taiwan)
  5. Daiki Hira, Setsuko Koshiyama, Yuko Komase, Nobuo Hoshino, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada: Hoarseness caused by inhalation corticosteroids is accelerated by dry mouth, 7th Asian Association of School of Pharmacy Conference, November 2015 (Taipei, Taiwan)
科学研究費助成等
  1. 森田真也; 科学研究費 若手研究(A) (15H05660), 全リン脂質網羅的酵素蛍光定量法による疾患メカニズム解明とバイオマーカー探索, 平成27-30年度, 23,920千円
  2. 森田真也; 科学研究費 挑戦的研究(萌芽) (15H12337), カイロミクロン形成制御による脂質及び脂溶性薬物の小腸吸収コントロール, 平成27-29年度, 3,640千円
  3. 野田哲史; 科学研究費 奨励研究 (15H00499), 腎がん治療薬パゾパニブの肝毒性メカニズムの解明と薬物動態・薬理遺伝学的解析, 平成27年度, 600千円
  4. 森田真也; 第23回 小野医学研究奨励助成金, リン脂質トランスポーターABCB4異常による肝内胆汁鬱滞と動脈硬化発症機構の解明, 1,000千円
  5. 池田義人; 平成26年度 薬学研究奨励財団助成金, 脂質異常症のバイオマーカー探索を目的とした各種中性脂質個別定量法の開発, 600千円
  6. 池田義人; 滋賀医科大学 平成27年度 学長裁量経費(若手萌芽研究), リン脂質トランスポーターABCB4の機能解明とアクセプター分子の探索, 800千円
特許
  1. 発明者: 森田真也, 特許権者: 国立大学法人滋賀医科大学, ホスファチジルセリンの定量方法及び定量用キット, 特許第5800830号(登録日2015年9月4日), 特願2012-545787(出願日2011年11月24日)

2014年

受賞等
  1. 日本薬学会第134年会 講演ハイライト掲載, 森田真也,寺田智祐: リン脂質網羅的酵素蛍光定量法の培養細胞実験への応用,  2014年3月
  2. 第17回メディカルスタッフ研修・発表会 優秀賞, 阪中美紀, 須藤正朝, 若杉吉宣, 薮田直希, 山本優, 野村文香, 森井博朗, 星野伸夫, 寺田智祐: 外来化学療法室における薬剤部の活動, 2014年9月
  3. 日本薬学会 奨励賞, 森田真也: 膜リン脂質代謝異常疾患の分子メカニズム, 2014年11月
  4. 平成26年度 医学教育等関係業務功労者表彰, 蓮佛典子, 2014年11月
英文(原著)
  1. Hiroki Yagura, Mayu Shibata, Hiroyuki Kushida, Munehiro Yoshino, Izumi Nakata, Tomoko Uehira, Shin-ya Morita, Takuma Shirasaka, Reiko Teraoka, Takeshi Kuwahara, Shuji Kitagwa. Thermal stability of tenofovir disoproxil fumarate in suspension. Jpn. J. Pharm. Health Care Sci., 40 (4), 230-236 (2014).
  2. Tomoyuki Mizuno, Masahide Fukudo, Tsuyoshi Fukuda, Tomohiro Terada, Min Dong, Tomomi Kamba, Toshinari Yamasaki, Osamu Ogawa, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui, Alexander A Vinks, Kazuo Matsubara. The effect of ABCG2 genotype on the population pharmacokinetics of sunitinib in patients with renal cell carcinoma. Ther Drug Monit., 36(3)310-316(2014).
  3. Yuko Nagayasu, Shin-ya Morita, Hideki Hayashi, Yutaka Miura, Kazuki Yokoyama, Makoto Michikawa, Jin-ichi Ito. Increasing cellular level of phosphatidic acid enhances FGF-1 production in long term-cultured rat astrocytes. Brain Res., 1563, 31-40(2014).
  4. Yugo Chisaki, Satoshi Noda, Daiki Hira, Shin-ya Morita, Yoshitaka Yano, Tomohiro Terada. Reduction in gastrointestinal toxicity during S-1 monotherapy for patients with gastric cancer by gastric secretion inhibitors. Biol. Pharm. Bull., 37(7), 1158-1161 (2014).
英文(著書・総説)
  1. Shin-ya Morita and Tomohiro Terada. Molecular mechanisms for biliary phospholipid and drug efflux mediated by ABCB4 and bile salts. BioMed Res. Int., 954781, 11(2014).
和文(原著)
  1. 政 賢悟,北岡朋子,宇都直哉,平賀 元,近藤元三,大坪泰昭,林 稔展,合澤啓二,松田俊之, 小早川高徳,濱田哲暢,松永 尚,寺田智祐,齋藤秀之: ゲフィチニブの処方実態並びに減量・中止に影響を及ぼす患者因子に関する多施設共同実態調査, 日本病院薬剤師会雑誌, 50(1), 67-70 (2014).
  2. 阪中美紀, 炭 昌樹, 星野伸夫, 小西廣己, 高木健治, 野崎和彦, 寺田智祐: 大量水分負荷時のメトトレキサート排泄動態を検証した一症例, 滋賀県病院薬剤師会誌, 36(1), 3-6(2014).
和文(著書・総説)
  1. 神谷貴樹:メディカルスタッフのための栄養療法ハンドブック, 南江堂 (2014).
  2. 森田真也:毛細胆管膜トランスポーターABCB4によるリン脂質排出, 膜, 39(2), 85-91(2014).
  3. 寺田智祐:胃がん, 大腸がん, 医療薬学 第6版, 堀 了平, 奥村勝彦, 乾 賢一監修, 378-391, 廣川書店 (2014).
  4. 宮口美由紀,岡本陽香,千葉幹夫,寺田智祐:終末期における小児緩和薬物療法への病棟薬剤師の関わり, 患者のQOL向上と薬剤師の関わり PART II. 服薬指導と病棟活動(84),医薬ジャーナル,50(4), 149-152 (2014).
  5. 藪田直希:シスプラチンによる腎障害対策にOCT2阻害薬を使う日はやってくるのか, ファルマシア, 50(6), 557 (2014)
  6. 平 大樹, 寺田智祐, 奥田知将, 岡本浩一:経肺デバイス/吸入療法の性能評価及び安全性, [1]経肺デバイス(吸入器)の性能評価, 注射剤・経口製剤に代わる新しい薬剤投与デバイスの開発, 90-92, 技術情報協会 (2014)
  7. 寺田智祐, 池田義人:薬物療法と医薬品開発における薬物トランスポーターの役割, 医薬品相互作用研究, 38(1), 11-22 (2014)
  8. 神谷貴樹, 佐々木雅也:NSTによる積極的な輸液の処方提案により、静脈栄養管理から経口摂取へと円滑に移行できた肝腎症候群の1症例, 臨床栄養別冊 困ったときのヒント満載栄養力UP NST症例集4, 123-128, 医歯薬出版(2014)
  9. 上西幸治, 寺田智祐:腎機能低下時にTDMによる用量調節が必要な薬剤 抗躁薬(炭酸リチウム), 腎機能低下患者における薬剤業務マニュアル -CKD患者の薬物療法適正化のポイントと実例-, 105-108, じほう (2014)
  10. 寺田智祐, 宇津 貴:CKDシールの活用(滋賀県CKD医療者連携), 腎機能低下患者における薬剤業務マニュアル -CKD患者の薬物療法適正化のポイントと実例-, 251, じほう (2014)
報道関係(記事・取材)
  1. 寺田智祐:巻頭言「脂質代謝とトランスポーターの特集」に寄せて, 膜, 39(2), 67 (2014).
  2. 寺田智祐:第29回日本医学会総会2015関西、柱19 チーム医療の新しい展開, 日本医師会雑誌, 143(4), 844-845 (2014).
  3. 寺田智祐:CKDシールが地域連携を仲介医療に広げる"三方よし"精神, 医薬ジャーナル, 編集長VISITING (372), 164-169 (2014).
  4. 森田真也: リン脂質クラスへの酵素蛍光定量法開発, 科学新聞, 3月28日第3480号 (2014).
  5. 野村文香: 第2回 フォローアップ研修会での事前アンケート調査報告~薬学6年制過程修了の薬剤師の意識調査~, 滋賀県病院薬剤師会誌, 37(2), 11-12 (2014).
国内学会・研究会等(特別講演・シンポジウムなど)
  1. 森田真也 : 全リン脂質網羅的酵素蛍光定量法によるバイオマーカー探索 , 近畿バイオインダストリー振興会議第31回シーズ公開会 , 2014年1月 (大阪)
  2. 森田真也 : 全リン脂質クラスに対する酵素蛍光定量法の開発 , 日本生物工学会第4回学際的脂質創生研究部会講演会 , 2014年1月 (大阪)
  3. 須藤正朝 : 肺がん薬物療法における分子標的薬の特徴 , 第5回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース , 2014年1月 (大津)
  4. 寺田智祐 : 抗がん剤の個別化・適正化を支える臨床薬理学的アプローチ , 第10回 東北大学病院がんセミナー , 2014年2月 (仙台)
  5. 炭 昌樹 :滋賀医大病院での取り組み , 平成25年度第4回日本医薬品情報学会フォーラム「病棟薬剤業務を支援するDI業務」 , 2014年2月 (東京)
  6. 寺田智祐 : 薬・サプリに気をつけよう-腎臓を守るために- , 腎臓病患者保存期学習会 透析を遅らせるために-慢性腎臓病を正しく理解しよう!- , 2014年2月 (大津)
  7. 炭 昌樹 : 滋賀県における抗菌薬使用調査の報告 , 第2回感染制御薬剤師育成セミナー ,2014年3月(守山)
  8. 寺田智祐,野田哲史 : 透析患者における分子標的抗がん薬のPK/PD解析~TDMの有用性~ , 第47回制癌剤適応研究会 , 2014年3月 (名古屋)
  9. Shin-ya Morita : Mechanisms for ABCB4- and PEMT-mediated resistance of hepatocytes against bile salts , 第91回日本生理学会大会 , 2014年3月 (鹿児島)
  10. 藪田直希 : 大腸がん化学療法のABC , 第6回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース , 2014年4月 (大津)
  11. 炭 昌樹 :ITを活用したDI業務 , ITと医療と薬剤師 , 2014年4月 (草津)
  12. 寺田智祐 : チームと地域で支えるがん薬物療法~大腸がんを例にして~ , 越前市薬剤師会勉強会 , 2014年5月 (越前)
  13. 寺田智祐,野田哲史 : 経口マルチキナーゼ阻害剤のPK/PD解析 , 第31回 日本TDM学会・学術大会 , 2014年6月 (東京)
  14. 寺田智祐 : スニチニブ高血中濃度患者における ABCG2 遺伝子多型解析 , 医療薬学フォーラム 2014 , 2014年6月 (東京)
  15. 佐々木恭子 : 薬物療法時の留意点 , 糖尿病看護資質向上推進事業 , 2014年6月 (学内)
  16. 森井博朗 : 緩和ケアの薬物療法 , 滋賀県在宅療養支援のための多職種人材育成事業 , 2014年7月 (学内)
  17. 寺田智祐 : がん薬物療法のサイエンス ~標準化と個別化~ , 第7回 西濃がん薬物療法研究会 , 2014年8月 (大垣)
  18. 若杉吉宣 : DNA損傷薬(アルキル化剤、プラチナ製剤) , 第7回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース , 2014年10月 (大津)
  19. 山本 優 : トポイソメラーゼ阻害剤、微小管機能阻害剤 , 第7回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース , 2014年10月 (大津)
  20. 寺田智祐 : 抗がん剤の薬物動態 , 第7回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース , 2014年10月 (大津)
  21. 高田佳代子 : 脳卒中のお薬との上手な付き合いかた , 第11回滋賀県脳卒中市民公開講座 , 2014年10月 (大津)
  22. Shin-ya Morita, Yoshito Ikeda, Tomohiro Terada : Molecular mechanism for biliary phospholipid efflux mediated by ABCB4 , 2nd International Symposium on Epithelial Barrier and Transport , 2014年11月 (草津)
  23. 野田哲史 : がん薬物療法への薬学的介入のポイント, 第6回滋賀県がん薬物療法conference , 2014年11月 (草津)
  24. 田淵陽平 : ワルファリン・新規経口抗凝固薬の薬物相互作用 , 第2回医薬品安全使用研修会 , 2014年12月 (学内)
  25. 下村春奈 : 病棟薬剤師の役割 , 同志社女子大学早期体験学習講義 , 2014年12月 (京田辺)
国内学会・研究会等(一般演題)
  1. 赤羽理也,岸本卓磨,野田哲史,辻田靖之,江口 豊,寺田智祐 : 当院ICUにて重傷急性脳症患児に対するフェノバルビタール大量療法中に血中濃度モニタリングを行った1症例, 第2回 滋賀集中治療懇話会 , 2014年1月 (草津)
  2. 松田 雅史,炭 昌樹,星野 伸夫,寺田 智祐 : メール配信機能付き院内薬剤情報管理用Webサイトの構築 , 第35回 日本病院薬剤師会 近畿学術大会, 2014年2月(京都)
  3. 神谷貴樹,栗原美香,星野伸夫,三上貴子,佐々木雅也,寺田智祐 : TPN施行期間からみた移植患者における食事摂取量低下要因の検討 , 第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会 , 2014年2月 (横浜)
  4. 赤羽理也,藤野晋,辻田靖之,浅井徹,江口豊,寺田智祐 : 心血管系外科領域手術後のICUにおけるVCM予防投与に関する検討 , 第41回日本集中治療医学会年会 , 2014年3月 (京都)
  5. 平 大樹,森田真也,寺田智祐 : 高度腎機能低下患者における高尿酸血症治療薬フェブキソスタットの薬物動態解析, 第30回滋賀医科大学シンポジウム , 2014年3月 (学内)
  6. 【講演ハイライト掲載】森田真也,寺田智祐 : リン脂質網羅的酵素蛍光定量法の培養細胞実験への応用, 日本薬学会第134年会, 2014年3月 (熊本)
  7. 佐村和紀,大塚 凌,野田哲史,堀江美弥,生城真一,榊 利之,寺田智祐 : Warfarinとsunitinib併用によりPT-INR上昇が認められた症例:実験的及び文献的考察, 日本薬学会第134年会 , 2014年3月 (熊本)
  8. 池田義人, 土谷博之, 濱 進, 梶本和昭, 小暮健太朗 : メタボリックシンドローム治療を目指した脂肪細胞におけるレジスチン生理作用の解明, 第56回 日本脂質生化学会 , 2014年6月 (東大阪)
  9. 森田真也, 寺田智祐 : 酵素蛍光法による細胞内総ホスファチジルグリセロール・カルジオリピンの定量, 第56回 日本脂質生化学会 , 2014年6月 (東大阪)
  10. 平 大樹, 地嵜悠吾, 野田哲史, 宇津 貴, 前川 聡, 矢野義孝, 森田真也, 寺田智祐 : 高度腎機能低下患者におけるフェブキソスタットの薬物動態、治療効果の解析 , 医療薬学フォーラム 2014 , 2014年6月 (東京)
  11. 松田雅史, 炭 昌樹, 田淵陽平, 佐々木恭子, 平 大樹, 星野伸夫, 森田真也, 寺田智祐 : 処方オーダーシステムを利用した医薬品適正使用のための情報提供 , 第17回日本医薬品情報学会学術大会 , 2014年7月 (鹿児島)
  12. 磯野哲一郎 : CKDシールの現状と活用方法について , 第二回 CKD患者さんの血糖コントロールを考える会 , 2014年7月 (大津)
  13. 磯野哲一郎 : CKDシールの活用:病院薬剤師の立場から , 滋賀県CKD連携推進会議特別講演会 , 2014年7月 (守山)
  14. 下村春奈, 寺岡裕美, 松田雅史, 木村紘子, 西村幸恵, 米澤由起, 中井智子, 北川裕利, 寺田智祐 : 手術部における常駐薬剤師の業務評価と今後の課題 , 第35回滋賀県病院薬剤師会・学術大会 , 2014年8月 (大津)
  15. 野村文香 : 1年間を振り返って~アンケート調査結果~ , 第2回滋賀県病院薬剤師会フォローアップ研修会 , 2014年8月 (大津)
  16. 野田哲史, 塩谷 淳, 西村貴士, 稲富 理, 仲 成幸, 塩見尚礼, 藤山佳秀, 谷 徹, 平 大樹, 森田真也, 寺田智祐 : 日本人肝細胞がん患者におけるソラフェニブの血中濃度モニタリングと治療効果・副作用評価 , 第52回 日本癌治療学会学術集会 , 2014年8月 (横浜)
  17. 【優秀賞受賞】<賞状> 阪中美紀, 須藤正朝, 若杉吉宣, 薮田直希, 山本優, 野村文香, 森井博朗, 星野伸夫, 寺田智祐 : 外来化学療法室における薬剤部の活動 , 第17回メディカルスタッフ研修・発表会 , 2014年9月 (学内)
  18. 野村文香, 阪中美紀, 金本賢枝, 林 香里, 辻俊一郎, 小野哲男, 石河顕子, 喜多伸幸, 寺田智祐 : 妊娠中の消化器症状に対する薬物療法の現状と展望 , 第24回 日本医療薬学会年会 , 2014年9月 (名古屋)
  19. 磯野哲一郎, 平 大樹, 佐々木恭子, 宇津 貴, 前川 聡, 寺田智祐 : リラグルチド導入時の副作用発現に与える腎機能の影響 , 第24回 日本医療薬学会年会 , 2014年9月 (名古屋)
  20. 佐々木恭子, 磯野哲一郎, 松田雅史, 森田真也, 森本明子, 宮松直美, 寺田智祐 : 「滋賀糖尿病ネット」を活用した医療従事者・患者への支援 , 第24回 日本医療薬学会年会 , 2014年9月 (名古屋)
  21. 赤羽理也, 上西幸治, 野田哲史, 平 大樹, 星野伸夫, 森田真也, 稲垣貴彦, 高橋正洋, 森田幸代, 山田尚登, 寺田智祐 : 血中リチウム濃度に影響する因子の解析 , 第24回 日本医療薬学会年会 , 2014年9月 (名古屋)
  22. 野田哲史, 佐村和紀, 大塚 凌, 堀江美弥, 平 大樹, 藤原 遼, 河内明宏, 生城真一, 榊 利之, 森田真也, 寺田智祐 : 腎がん治療薬スニチニブとワルファリンの相互作用を来した症例~薬物動態学的解析と基礎的検討~ , 第24回 日本医療薬学会年会 , 2014年9月 (名古屋)
  23. 平 大樹, 腰山節子, 寺田智祐 : 吸入剤による嗄声の発症に及ぼす患者側因子及び薬剤学的因子の探索 , 第24回 日本医療薬学会年会 , 2014年9月 (名古屋)
  24. 池田義人, 森田真也, 寺田智祐 : 毛細胆管膜リン脂質トランスポーターABCB4の機能解析 , 第64回 日本薬学会近畿支部総会・大会 , 2014年10月 (京都)
  25. Shin-ya Morita, Tomohiro Terada : Novel Enzyme-based fluorometric method for measuring phosphatidylglycerol and cariolipin , 第8回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム , 2014年11月 (熊本)
  26. Yoshito Ikeda, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada : Enhancement of ABCB4-mediated phospholipid efflux by conjugated ursodeoxycholate , 第8回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム , 2014年11月 (熊本)
  27. 森田真也, 寺田智祐 : ホスファチジルグリセロール・カルジオリピン酵素蛍光定量法の開発 , 第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム , 2014年11月 (徳島)
  28. 平 大樹, 地嵜悠吾, 野田哲史, 宇津 貴, 前川 聡, 矢野義孝, 森田真也, 寺田智祐 : フェブキソスタットの有効性及び安全性に及ぼす高度腎機能低下の影響 , 第35回 日本臨床薬理学会学術総会 , 2014年12月 (松山)
国外学会発表(特別講演・シンポジウムなど)
  1. Tomohiro Terada: Individualized pharmacotherapy for oral tyrosine kinase inhibitor , 2014 the Spring International Convention of The Pharmaceutical Society of Korea , April 2014 (Seoul)
国外学会発表(一般演題)
  1. Shin-ya Morita, Tomohiro Terada : Efflux and compositional changes of cellular phospholipids mediated by ABCB4 localized in canalicular nonraft membranes , 11th Congress of the International Society for the Study of Fatty Acids and Lipids (ISSFAL 2014) , July 2014 (Stockholm)
  2. Tomohiro Terada, Satoshi Noda, Takashi Otsuji, Daiki Hira, Shin-ya Morita, Tetsuya Yoshida, Susumu Kageyama, Keisei Okamoto, Akihiro Kawauchi. : Assessment of Sunitinib-induced Toxicities and Clinical Outcomes Based on Therapeutic Drug Monitoring of Sunitinib for Patients with Renal Cell Carcinoma , 19th ISSX-NA/29th JSSX , October-2014 (San Francisco)
  3. Daiki Hira, Yugo Chisaki, Satoshi Noda, Hisazumi Araki, Takashi Uzu, Hiroshi Maegawa, Yoshitaka Yano, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada : Population pharmacokinetics and therapeutic efficacy analysis of febuxostat in patients with severe renal impairment , 19th ISSX-NA/29th JSSX , October-2014 (San Francisco)
科学研究費助成等
  1. 平 大樹; 科学研究費 若手研究(B) (26860100), 薬物動態学的アプローチに基づく経口関節リウマチ分子標的薬の個別化投与設計, 平成26-28年度, 4,030千円

2013年

受賞等
  1. BIファーマシストアワード2013優秀賞受賞, 磯野哲一郎: 「CKDシール」を活用した滋賀県全域における医薬・薬薬連携の推進, 2013年3月
  2. 第34回 滋賀県病院薬剤師会・学術大会 最優秀賞受賞, 赤羽 理也,上西幸治,野田哲史,平 大樹,星野伸夫,森田真也,寺田智祐: 自施設・薬剤部でのリチウム濃度測定の評価, 2013年8月
  3. 第14回メディカルスタッフ研修・発表会 貢献賞, 赤羽理也, 上西幸治, 野田哲史, 平  大樹, 星野伸夫, 森田真也, 寺田智祐: リチウム血中濃度の院内測定体制の構築とその評価, , 2013年8月
  4. 日本医療薬学会Postdoctoral Award, 平 大樹: ヒト吸入パターン再現装置の開発と吸入剤の適正使用への応用に関する研究, 2013年9月
  5. 第7回日本緩和医療薬学会年会 優秀発表賞, 宮口美由紀,岡本陽香,森宗孝夫,池田勇八,野村明孝,多賀 崇, 竹内義博,布施ゆか,千葉幹夫,木村由梨,寺田智祐: 終末期における小児への緩和薬物療法~神経芽細胞腫の患児への介入から見えた病棟薬剤師の役割~, 2013年9月
  6. 第51回 日本癌治療学会学術集会 優秀演題賞, 野田哲史,大辻貴司,吉岡敏彦,山下寛人,吉田哲也,影山 進,岡本圭生,岡田裕作,大西裕之, 平 大樹,森田真也,寺田智祐: 腎細胞がん患者でのスニチニブの血中濃度モニタリングに基づく副作用評価, 2013年10月
英文(原著)
  1. Shin-ya Morita, Tadanori Tsuda, Manami Horikami, Reiko Teraoka, Shuji Kitagawa, Tomohiro Terada. Bile salt-stimulated phospholipid efflux mediated by ABCB4 localized in nonraft membranes. J. Lipid Res., 54 (5), 1221-1230 (2013).
  2. Masahide Fukudo, Yasuaki Ikemi, Yosuke Togashi, Katsuhiro Masago, Young Hak Kim, Tadashi Mio, Tomohiro Terada, Satoshi Teramukai, Michiaki Mishima, Ken-ichi Inui, Toshiya Katsura. Population pharmacokinetics/pharmacodynamics of erlotinib and pharmacogenomic analysis of plasma and cerebrospinal fluid drug concentrations in japanese patients with non-small cell lung cancer. Clin. Pharmacokinet., 52 (7), 593-609 (2013).
  3. Satoshi Noda, Makoto Shioya, Daiki Hira, Yoshihide Fujiyama, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Pharmacokinetic interaction between sorafenib and prednisolone in a patient with hepatocellular carcinoma. Cancer Chemother. Pharmacol., 72 (1), 269-272 (2013).
  4. Tomoyuki Okuda, Daisuke Kito, Ai Oiwa, Michiko Fukushima, Daiki Hira, Hirokazu Okamoto. Gene silencing in mice by an inhalable dry small interfering RNA powder prepared using the supercritical carbon dioxide technique. Biol. Pharm. Bull. 36(7)1183-1191(2013).
和文(原著)
  1. 須藤正朝, 森井博朗, 阪中美紀, 野田哲史, 若杉吉宣, 福竹法子, 河合由紀, 目片英治, 寺田智祐: 外来がん化学療法のおける服薬指導の導入とその効果, 医療薬学, 39(2), 77-84 (2013).
  2. 駒橋美妃,大野靖子,湯谷玲子,森田真也,寺岡麗子,北河修治: ドライシロップ剤を添加したシロップ剤の秤取精度の評価, 医療薬学, 39(2), 98-103 (2013).
  3. 林 稔展,北岡朋子,宇都直哉,平賀 元,近藤元三,大坪泰昭,政 賢悟,合澤啓二,松田俊之, 小早川高徳,濱田哲暢,松永 尚,寺田智祐,齋藤秀之: エルロチニブの投与量並びに適正使用に関する多施設共同実態調査, 日本病院薬剤師会雑誌, 49(5), 539-543 (2013).
  4. 赤羽理也,上西幸治,野田哲史,平 大樹,星野伸夫,森田真也,寺田智祐: 自施設・薬剤部でのリチウム濃度測定の評価, 滋賀県病院薬剤師会誌, 35(2), 2-4 (2013).
和文(著書・総説)
  1. 宮口美由紀, 寺田智祐: 滋賀医科大学医学部附属病院における製剤開発・服薬指導の現状~小児科病棟における服薬指導~, DDS製剤の開発・評価と実用化手法. 405-409, 技術情報協会(2013).
  2. 岡本浩一,平 大樹,奥田知将: 新規吸入製剤を用いた薬物の経肺デリバリー, 非経口投与製剤の開発と応用―次世代型医薬品の新規投与形態の開拓を目指して―. 106-112, CMC出版(2013).
  3. 岡本浩一, 奥田知将, 平 大樹: 【製剤開発の世界潮流とわが国の将来展望】第8章アカデミアにおける製剤基礎研究, 気流により解砕される吸入用微粒子の設計, PHARM TECH JAPAN, 29(15), 3102-3106 (2013).
  4. 磯野哲一郎,佐々木恭子,寺田智祐:臨床で気になる"なに"と"なぜ"に答える IV. 腎臓病薬物療法, 月間薬事, 55(3), 415-416(2013).
  5. 赤羽理也:ICUにおけるチーム医療の中の薬剤師業務, 薬事新報, 2772, 179ー183 (2013).
  6. 佐々木恭子、磯野哲一郎、西村幸恵: 第5章 糖尿病の薬物療法, 滋賀医科大学糖尿病教室改訂第3版 前川聡監修, 20-25, 滋賀医科大学糖尿病療養チーム (2013).
報道関係(記事・取材)
  1. 寺田智祐:健康コラム 「薬は継続的な服用が原則」,中日新聞,7月3日朝刊 (2013).
  2. 寺田智祐:三方よし、八方美人、そして薬剤師, 日本病院薬剤師会雑誌, 49(8), 785 (2013).
  3. 磯野哲一郎:BIファーマシストアワード2013 優秀賞を受賞して, 滋賀県病院薬剤師会誌35(1), 13 (2013).
  4. 寺田智祐,星野伸夫,佐々木恭子,炭 昌樹: ITを活用した薬剤業務の省力化と情報共有~滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部における活動事例~, パレット,91, 3-6 (2013).  
  5. 上仁数義,金本賢枝,角谷廣幸:泌尿器科領域における漢方治療, 漢方医薬学雑誌, 20(4), 4-12 (2013).
  6. 森田真也:全リン脂質網羅的酵素蛍光定量法の開発, 研究戦略 YAKU学 -研究現場から臨床へ- No.54, 薬事日報, 11346, 8(2013).
  7. 井堀仁美:第1回 フォローアップ研修会でのアンケート調査報告~薬学6年制過程修了の薬剤師の意識調査~, 滋賀県病院薬剤師会誌, 35(2), 19-20 (2013).
国内学会・研究会等(特別講演・シンポジウムなど)
  1. 神谷貴樹 : NSTカンファレンス 静脈栄養法のポイントと低Na血症における電解質管理 , 第16回 日本病態栄養学会年次学術集会 , 2013年1月 (京都)
  2. 星野伸夫 : 滋賀医大病院における薬剤師の活動とエビデンス構築の試み , 第34回日本病院薬剤師会近畿学術大会 , 2013年1月 (大津)
  3. 寺田智祐 : Healthcare Professionalを目指して , 第34回 秋田県臨床薬学研究会 , 2013年3月 (秋田)
  4. 【優秀賞受賞】<賞状> 磯野哲一郎 : 「CKDシール」を活用した滋賀県全域における医薬・薬薬連携の推進 , BIファーマシストアワード2013最終選考会 , 2013年3月 (東京)
  5. 寺田智祐 : がん薬物療法の個別化アプローチによる副作用軽減 , 日本薬剤学会 第28年会 , 2013年5月 (名古屋)
  6. 寺田智祐 : CKDシールを活用した医薬連携の推進 , 第11回長崎腎と薬剤研究会 , 2013年7月 (長崎)
  7. 寺田智祐 : チームと地域と科学で支えるがん薬物療法~薬学的ケアの充実を目指して~ , 第278回岐阜県病院薬剤師会研修会 , 2013年8月 (岐阜)
  8. 寺田智祐 : 症例サマリの書き方 , 第1回 滋賀県がん薬物療法conference , 2013年9月 (守山)
  9. 森田真也 : 全リン脂質網羅的酵素蛍光定量法によるバイオマーカー探索 , 第1回滋賀バイオビジネスサロン , 2013年9月 (草津)
  10. 岡本陽香 : 小児病棟での薬剤師の関わり , 第19回京都薬科大学臨床薬剤業務セミナー , 2013年9月 (京都)
  11. 【Postdoctoral Award受賞】<賞状>平 大樹 : ヒト吸入パターン再現装置の開発と吸入剤の適正使用への応用に関する研究 , 第23回日本医療薬学会 ,2013年9月 (仙台)
  12. 寺田智祐 : 病院薬剤師・アカデミアの立場から , 第2回 薬学生のためのキャリアデザイン談話会 , 2013年11月 (京都)
  13. 炭 昌樹 : 滋賀県における抗菌薬使用料調査の結果報告と今後の課題 , 平成25年度院内感染防止対策研修会 , 2013年12月 (大津)
  14. 平 大樹 : 高尿酸血症治療薬フェブキソスタットの薬物動態/薬力学的研究 , 第2回腎疾患と高尿酸血症セミナー , 2013年12月 (草津)
国内学会・研究会等(一般演題)
  1. 神谷貴樹 : 新規TPN キット製剤の導入による処方動向の変化 , 第18回 京滋NST研究会 , 2013年1月 (京都)
  2. 磯野哲一郎,佐々木恭子,井掘仁美,宇津貴,星野伸夫,寺田智祐 : 滋賀県における「CKDシール」を用いた医薬連携 ,第34回 日本病院薬剤師会 近畿学術大会 , 2013年1月 (大津)
  3. 平 大樹 ,奥田知将,岡本浩一,森田真也,寺田智祐 : 吸入剤の適正使用を目的とした吸入状態の測定及び解析 , 第34回日本病院薬剤師会近畿学術大会 , 2013年1月 (大津)
  4. 神谷貴樹,星野伸夫,寺田智祐,佐々木雅也 : 当院でのTPN輸液キット処方の動向とビタミンB1投与量の変化 , 第34回 日本病院薬剤師会近畿学術集会 , 2013年1月 (大津)
  5. 森田真也,寺田智祐 : 毛細胆管膜の非ラフト局在ABCB4によるリン脂質排出 , 第29回滋賀医科大学シンポジウム ,2013年2月 (学内)
  6. 赤羽理也,柴田英彦,小寺利美,井出康介,森田真也,辻田靖之,寺田智祐,江口 豊 : 低酸素脳症による意識障害患者に対するメタンフェタミン療法施行時の薬剤師の関与 , 第40回日本集中治療学会 , 2013年2月 (松本)
  7. 大石晃弘,地嵜悠吾,阪中美紀,須藤正朝,森井博朗,平 大樹,森田真也,長澤一樹 ,寺田智祐 : 中枢神経抑制薬の併用によりプレガバリンの副作用発現率は上昇する , 日本薬学会 第133年会 , 2013年3月 (横浜)
  8. 森田真也,祖田久里子,寺岡麗子,北河修治,寺田智祐 : スフィンゴミエリン酵素蛍光定量法の開発と応用 , 日本薬学会第133年会 , 2013年3月 (横浜)
  9. 寺田智祐 : 院内におけるPGx検査の体制構築に向けた取り組みについて , 第11回 基礎・臨床融合の研究発表会 , 2013年4月 (学内)
  10. 平 大樹,寺田智祐 : 母集団薬物動態解析法を用いた高尿酸血症治療薬の個別化投与設計 , 第11回 基礎・臨床融合の研究発表会 , 2013年4月 (学内)
  11. 寺田智祐 : TS-1が記載された処方箋が来たときに注意するポイント , 第3回 地域がん薬物療法を支える薬剤師養成コース , 2013年4月 (大津)
  12. 宇津 貴,寺田智祐,荒木信一,一色啓二,磯野元秀,前田咲弥子,西村正孝,有村哲朗,山田 衆,西尾利樹,八田 告 : お薬手帳シールを活用した医薬連携の試み , 第56回 日本腎臓学会学術総会 , 2013年5月 (東京)
  13. 小熊哲也,神田理恵,後藤健一,仲川宏昭,福永健太郎,龍神 慶,伊藤まさみ,山口将史,長尾大志,野口哲男,中野一枝,寺田智祐,中野恭幸 : 滋賀県全域での吸入療法を中心とした医療連携について , 第25回日本アレルギー学会春季臨床大会 , 2013年5月 (横浜)
  14. 森田真也,津田忠典,堀上愛真,寺岡麗子,北河修治,寺田智祐 : 毛細胆管膜トランスポーターABCB4の非ラフト局在とリン脂質排出 , 日本膜学会第35年会 , 2013年5月 (東京)
  15. 野田哲史,塩谷 淳,平 大樹,藤山佳秀,森田真也,寺田智祐 : 肝細胞がん患者においてソラフェニブとプレドニゾロンの相互作用を経験した1症例 , 第30回TDM学会・学術大会 , 2013年5月 (熊本)
  16. 森田真也,津田忠典,堀上愛真,寺岡麗子,北河修治,寺田智祐 : 毛細胆管膜ABCB4の非ラフト局在とリン脂質排出 , 第55回日本脂質生化学会 , 2013年6月 (松島)
  17. 森田真也,津田忠典,堀上愛真,寺岡麗子,北河修治,寺田智祐 : 毛細胆管膜ABCB4の非ラフト局在とリン脂質排出の関係 , 第8回トランスポーター研究会年会 , 2013年6月 (熊本)
  18. 平  大樹,生城 真一,地嵜 悠吾,野田 哲史,丸尾 良浩,森田 真也,宇津  貴,前川  聡,寺田智祐: フェブキソスタットの代謝経路の同定とその臨床的な影響の評価, 医療薬学フォーラム2013/第21回クリニカルファーマシーシンポジウム,2013年7月 (金沢)
  19. 赤羽 理也 : ICUにおける薬剤師による医薬品管理 , 第18回滋賀急性血液浄化セミナー , 2013年7月 (草津)
  20. 【最優秀賞受賞】<賞状>  赤羽 理也,上西幸治,野田哲史,平 大樹,星野伸夫,森田真也,寺田智祐: 自施設・薬剤部でのリチウム濃度測定の評価,第34回 滋賀県病院薬剤師会・学術大会, 2013年8月 (大津)
  21. 【貢献賞受賞】赤羽理也, 上西幸治, 野田哲史, 平  大樹, 星野伸夫, 森田真也, 寺田智祐: リチウム血中濃度の院内測定体制の構築とその評価, 第14回メディカルスタッフ研修・発表会, 2013年8月 (学内)井堀 仁美:1年間を振り返って ~アンケート調査結果~, 滋賀県病院薬剤師会フォローアップ研修会, 2013年8月 (大津)
  22. 野田哲史 : 腎がん治療薬ソラフェニブが投与された患者への薬学的介入 , 第1回 滋賀県がん薬物療法conference , 2013年9月 (守山)
  23. 寺岡裕美,長谷川千晶,大道千奈津,瀬野悟史,清水猛史,尾崎由佳, 千葉幹夫,森田幸代,醍醐弥太郎,寺田智祐 : せん妄の原因の盲点となったヨードホルムガーゼ~上顎洞癌の1症例~ , 第7回日本緩和医療薬学会年会 , 2013年9月 (千葉)
  24. 【優秀発表賞受賞】<賞状> 宮口美由紀,岡本陽香,森宗孝夫,池田勇八,野村明孝,多賀 崇, 竹内義博,布施ゆか,千葉幹夫,木村由梨,寺田智祐 :終末期における小児への緩和薬物療法~神経芽細胞腫の患児への介入から見えた病棟薬剤師の役割~ , 第7回日本緩和医療薬学会年会 , 2013年9月 (千葉)
  25. 赤羽 理也,上西幸治,野田哲史,平 大樹,稲垣貴彦,高橋正洋,森田幸代, 星野伸夫,森田真也,山田尚登,寺田智祐 : 自施設でのリチウム濃度測定の評価 , 第23回日本医療薬学会 , 2013年9月 (仙台)
  26. 磯野哲一郎,佐々木恭子,宇津 貴,松尾陽介,星野伸夫,寺田智祐 : 「CKDシール」に基づいた疑義紹介の実例解析 , 第23回日本医療薬学会 , 2013年9月 (仙台)
  27. 野田哲史,富田圭司,吉田哲也,平 大樹,影山 進,岡本圭生,岡田裕作,森田真也、寺田智祐 : ABCG2およびABCB1の変異をもつ日本人患者においてスニチニブの高暴露により消化管穿孔を来した症例 , 第23回日本医療薬学会 , 2013年9月 (仙台)
  28. 若杉吉宣,森井博朗,須藤正朝,阪中美紀,野田哲史,薮田直希, 三上貴子,河合由紀,目片英治,寺田智祐 : 外来がん化学療法施行患者に対する薬剤師の介入効果についての検討 , 第23回日本医療薬学会 , 2013年9月 (仙台)
  29. 薮田直希,森井博朗,須藤正朝,阪中美紀,若杉吉宣,三上貴子, 稲富 理,河合由紀,目片英治,森田真也,寺田智祐 : 消化器がん患者における味覚障害と血清亜鉛値の関連性及びポラプレジンク口腔内崩壊錠の有効性 , 第23回日本医療薬学会 , 2013年9月 (仙台)
  30. 上西幸治,赤羽理也,星野伸夫,森田真也,高橋正洋,森田幸代,山田尚登,寺田智祐 : 当院におけるクロザピン治療に伴う副作用の発現状況 , 第23回日本医療薬学会 , 2013年9月 (仙台)
  31. 地嵜悠吾,野田哲史,平 大樹,森田真也,矢野義孝,寺田智祐 : TS-1単独化学療法における消化器症状に及ぼす酸分泌抑制薬と胃切除の影響 , 第23回日本医療薬学会 , 2013年9月 (仙台)
  32. Tomohiro Terada, Satoshi Noda, Makoto Shioya, Daiki Hira, Yoshihide Fujiyama, Shin-ya Morita : Drug interaction between sorafenib and prednisolone in a patient with hepatocellular carcinoma , 日本薬物動態学会第28回年会 , 2013年10月 (東京)
  33. 【優秀演題賞受賞】<賞状> 野田哲史,大辻貴司,吉岡敏彦,山下寛人,吉田哲也,影山 進,岡本圭生,岡田裕作,大西裕之, 平 大樹,森田真也,寺田智祐 : 腎細胞がん患者でのスニチニブの血中濃度モニタリングに基づく副作用評価 , 第51回 日本癌治療学会学術集会 , 2013年10月 (京都)
  34. 若杉吉宣,森井博朗,須藤正朝,阪中美紀,野田哲史,薮田直希,三上貴子, 河合由紀,目片英治,寺田智祐 : 外来がん化学療法における副作用及び疼痛管理における薬剤師介入の意義 , 第51回 日本癌治療学会学術集会 , 2013年10月 (京都)
  35. 磯野哲一郎,宇津 貴,寺田智祐 : 薬剤師によるCKD患者へのセーフティネットの構築~「CKDシール」を活用して~,第7回 日本CKDチーム医療研究会 , 2013年10月 (東京)
  36. Shin-ya Morita,Tadanori Tsuda,Manami Horikami,Reiko Teraoka,Shuji Kitagawa,Tomohiro Terada: Mechanism of phospholipid efflux mediated by ABCB4 localized in canalicular nonraft membranes , 第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム , 2013年11月 (仙台)
  37. 野田哲史 : 腎がん治療薬スニチニブの血中濃度モニタリングに基づく副作用評価 , 平成25年度 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 医療フォーラム , 2013年12月 (津)
科学研究費助成等
  1. 寺田智祐; 科学研究費補助金 基盤研究(C) (25460187), 新規高尿酸血症治療薬の個体間変動因子の解明と個別化薬物療法の確立, 平成25-27年度, 5,200千円
  2. 森田真也; 武田科学振興財団(薬学研究奨励・継続), リン脂質合成酵素とトランスポーターの変異による肝障害発症機構の解明, 6,000千円

2012年

受賞等
  1. 【研究奨励賞受賞】 森田真也: リン脂質合成酵素とトランスポーターによる肝細胞膜の胆汁酸耐性獲得機構に関する研究 , 日本膜学会第34年会 , 2012年5月 (東京)
  2. 【最優秀賞受賞】 岡本陽香,炭 昌樹,星野伸夫,小西廣己,寺田智祐: 血中濃度管理下におけるバンコマイシン誘発性腎障害の回復 , 第33回 滋賀県病院薬剤師会学術大会 , 2012年7月 (大津)
  3. 【最優秀賞受賞】佐々木恭子: 情報発信型Web版病院医薬品集の導入, 平成24年度滋賀医科大学業務改善等発表会, 2012年10月 (大津)
英文(原著)
  1. Shin-ya Morita, Kuriko Soda, Reiko Teraoka, Shuji Kitagawa, Tomohiro Terada. Specific and sensitive enzymatic measurement of sphingomyelin in cultured cells. Chem. Phys. Lipids. 165(5):571-576(2012).
  2. Shin-ya Morita, Sachimi Shirakawa, Yukiko Kobayashi, Keiko Nakamura, Reiko Teraoka, Shiji Kitagawa, Tomohiro Terada. Enzymatic measurement of phosphatidylserine in cultured cells. J. Lipid Res. 53(2):325-330(2012).
  3. Satoshi Noda, Susumu Kageyama, Teruhiko Tsuru, Shigehisa Kubota, Tetsuya Yoshida, Keisei Okamoto, Yusaku Okada, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada. Pharmacokinetic/pharmacodynamic analysis of a hemodialyzed patient treated with 25 mg of sunitinib. Case. Rep. Oncol. 5(3):627-632(2012).
  4. Moto Kajiwara, Satohiro Masuda, Shingo Watanabe, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui. Renal tubular secretion of varenicline by multidrug and toxin extrusion (MATE) transporters. Drug Metab. Pharmacokinet. 27(6):563-569(2012).
  5. 【DMPK Editors' Award for the Most Excellent Article in 2012受賞】<賞状>Tomoyuki Mizuno, Masahide Fukudo, Tomohiro Terada, Tomomi Kamba, Eijiro Nakamura, Osamu Ogawa, Ken-ichi Inui, Toshiya Katsura. Impact of genetic variation in breast cancer resistance protein (BCRP/ABCG2) on sunitinib pharmacokinetics. Drug Metab. Pharmacokinet. 27(6):631-639(2012).
  6. Reiko Yutani, Shin-ya Morita, Reiko Teraoka, Shuji Kitagawa. Distribution of polyphenols and a surfactant component in skin during Aerosol OT microemulsion-enhanced intradermal delivery. Chem. Pharm. Bull. 60(8):989-994(2012).
英文(著書・総説)
  1. Tomohiro Terada, Ken-ichi Inui. Recent advances in structural biology of peptide transporters. Curr. Top. Membr. 70:257-274(2012).
和文(原著)
  1. 藤田彩子, 千葉幹夫, 宮口美由紀, 寺田智祐 , 中川雅生:小児薬物療法における薬物相互作用に関する医薬品の処方実態, 日本小児臨床薬理学会雑誌, 24:86-89(2012).
和文(著書・総説)
  1. 寺田智祐:ペプチドトランスポーターの発現・機能ならびに消化管における薬物輸送の制御. 難吸収性薬物の吸収性改善と新規投与製剤の開発.104-109, シーエムシー出版 (2012).
和文(その他)
  1. 森田真也:生体膜リン脂質研究による疾患発症メカニズム解明, 薬剤学, 72(2):101-105(2012).
  2. 森田真也:リン脂質合成酵素とトランスポーターによる肝細胞膜の胆汁酸耐性獲得機構に関する研究, 膜, 34(4),245-249(2012).
  3. 寺田智祐:テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤 (S-1), The Journal of Oncology Pharmacy, 3,3-6(2012).
  4. 磯野哲一郎,佐々木恭子,寺田智祐:在宅のCKD(慢性腎臓病)患者に対して薬剤師に求められること, 薬局, 63(9),127-134(2012).
  5. 神谷貴樹:今求められているNSTと薬剤師の役割(31) 病棟薬剤業務の潮流とNST活動, 薬事新報, 2744, 794-799(2012).
  6. 辻井聡容,尾上雅英,寺田智祐,池見泰明,柳原一広,桂 敏也,乾 賢一:ペメトレキセド単独療法の血液毒性に及ぼす腎機能の影響. 日本病院薬剤師会雑誌, 48(6), 719-723(2012).
  7. 寺田智祐,星野伸夫:機能強化・効率化を図った薬剤部の今後の展開について.SHIGA IDAI NEWS, 20, 12-14(2012)
  8. 寺田智祐:海外留学レポート(第30回(平成13年度)海外留学助成金受賞者). かなえニュースレター, No. 15, 3(2012)
国内学会・研究会等(特別講演・シンポジウムなど)
  1. 寺田智祐 : 薬薬連携の現状と課題~CKD薬物療法の情報共有に向けて~, 第1回滋賀CKDネットワーク研究会 , 2012年1月 (大津)
  2. 【研究奨励賞受賞講演】 森田真也 : リン脂質合成酵素とトランスポーターによる肝細胞膜の胆汁酸耐性獲得機構に関する研究 , 日本膜学会第34年会 , 2012年5月 (東京)
  3. 生野芳博,寺田智祐 : 病棟薬剤業務と安全管理について , 第16回京滋医療安全研究会 , 2012年7月 (京都)
  4. 赤羽理也,谷本絵里子,辻田靖之,寺田智祐,江口豊 : 当院ICUにおける多職種チーム医療の中の薬剤師の活動状況, , 第57回日本集中治療学会近畿地方会, , 2012年7月 (大津)
  5. 寺田智祐 : ファーマコゲノミクス検査に基づく個別化 , 医療薬学フォーラム2012 , 2012年7月 (福岡)
  6. 寺田智祐 : 薬物動態研究の臨床応用 , 第32回日本眼薬理学会 , 2012年9月 (大津)
  7. 寺田智祐 : がん化学療法の臨床薬理:考え方と実践 , がん専門薬剤師育成セミナー , 2012年9月 (大津)
  8. 寺田智祐、宇津 貴 : CKDシールを活用した医薬連携 , 第22回日本医療薬学会 , 2012年10月 (新潟)
  9. Tomohiro Terada, Tomoyuki Mizuno, Masahide Fukudo, Ken-ichi Inui, Toshiya Katsura. : PK/PD approaches for optimal molecular targeted cancer therapy , 日本薬物動態学会第27回年会 , 2012年11月 (東京)
国内学会・研究会等(一般演題)
  1. 宮口美由紀,岡本陽香,炭 昌樹,澤井俊宏,竹内義博,寺田智祐 :シクロスポリンとメチルプレドニゾロンの併用による相互作用~ネフローゼ症候群患児において可逆性白質脳症が見られた一症例~ ,第33回日本病院薬剤師会近畿学術大会 , 2012年1月 (大阪)
  2. 森田真也,寺田智祐 : ホスファチジルセリン酵素蛍光定量法の開発 ,第28回滋賀医科大学シンポジウム , 2012年2月 (学内)
  3. 須藤正朝,森井博朗,阪中美紀,若杉吉宣,福竹法子,河合由紀,目片英治,寺田智祐 : 滋賀医科大学医学部附属病院における外来がん化学療法の服薬指導業務 , 第23回 滋賀癌化学療法研究会 , 2012年2月 (草津)
  4. 神谷貴樹,赤羽理也,星野伸夫,栗原美香,植田道子,山元佑加理,佐々木雅也,久木有加,寺田智祐 : 歯科口腔外科の担癌患者に対するNST介入について , 第27回 日本静脈経腸栄養学会学術集会 , 2012年2月 (神戸)
  5. 森田真也,白川祥実,小林由希子,中村恵子,寺岡麗子,北河修治,寺田智祐 : ホスファチジルセリン酵素蛍光定量法の開発と応用 , 日本膜学会第34年会 , 2012年5月 (東京)
  6. 平 大樹,小島晴義,山田裕実子,奥田知将,岡本浩一 : 吸入粉末剤の吸入特性に与える分散補助剤L-ロイシンの影響 , 日本薬剤学会 第27年会 , 2012年5月 (神戸)
  7. 森田真也,津田忠典,堀上愛真,寺岡麗子,北河修治,寺田智祐 : ラフト形成におけるABCB4とABCB1の機能比較 , 日本薬剤学会第27年会 , 2012年5月 (神戸)
  8. 森田真也,白川祥実,小林由希子,中村恵子,寺岡麗子,北河修治,寺田智祐 : 酵素蛍光定量法を用いた細胞内ホスファチジルセリン代謝解析 , 第54回日本脂質生化学会 , 2012年6月 (福岡)
  9. 森田真也,津田忠典,堀上愛真,寺岡麗子,北河修治,寺田智祐 : ABCB4とABCB1がラフト形成に与える影響 , 第7回トランスポーター研究会年会 , 2012年6月 (京都)
  10. 須藤正朝 : 肺がんの代表的なレジメンと服薬指導のポイント , がんプロインテシブコース 第1回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース  , 2012年6月 (大津)
  11. 森井博朗 : 「大腸がん」の代表的レジメンと服薬指導のポイント , がんプロインテシブコース 第1回地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース , 2012年6月 (大津)
  12. 神谷貴樹 : CKD患者に対するNSTからのアプローチ~薬剤師の立場から~ , 第11回 滋賀県NSTネットワーク , 2012年7月 (兵庫)
  13. 佐々木恭子,田淵陽平,星野伸夫,寺田智祐 : 処方オーダと連携した情報発信型Web版病院医薬品集の開発 , 医療薬学フォーラム2012 , 2012年7月 (福岡)
  14. 【最優秀賞受賞】 岡本陽香,炭 昌樹,星野伸夫,小西廣己,寺田智祐: 血中濃度管理下におけるバンコマイシン誘発性腎障害の回復 , 第33回 滋賀県病院薬剤師会学術大会 , 2012年7月 (大津)
  15. 森田真也,津田忠典,堀上愛真,寺岡麗子,北河修治,寺田智祐 : リン脂質トランスポーターABCB4が脂質ラフト形成に与える影響 , 第10回次世代を担う若手のフィジカルファーマフォーラム , 2012年8月 (京都)
  16. 【最優秀賞受賞】佐々木恭子: 情報発信型Web版病院医薬品集の導入, 平成24年度滋賀医科大学業務改善等発表会, 2012年10月 (大津)
  17. 森田真也 : ホスファチジルセリンとスフィンゴミエリンの高感度酵素蛍光定量法 , BioJapan2012 , 2012年10月 (横浜)
  18. 上西幸治,赤羽理也,星野伸夫,森田真也,高橋正洋,森田幸代,山田尚登,寺田智祐 : 院内での血清リチウム濃度測定の有用性 , 第22回日本臨床精神神経薬理学会 第42回日本神経精神薬理学会合同年回 , 2012年10月 (宇都宮)
  19. 炭 昌樹,須藤正朝,上西幸治,星野伸夫,森田真也,寺田智祐 : 中央業務との兼任による病棟薬剤業務の構築 , 第22回 日本医療薬学会年会 , 2012年10月 (新潟)
  20. 平 大樹,奥田知将,森田真也,寺田智祐,岡本浩一 : 吸入剤の適正使用に向けた吸入パターン測定装置の応用 , 第22回 日本医療薬学会年会 , 2012年10月 (新潟)
  21. 赤羽理也,谷本絵里子,炭 昌樹,辻田靖之,江口 豊,寺田智祐 : 当院ICUにおけるチーム医療の中の薬剤師の活動状況 , 第22回医療薬学会年会 , 2012年10月 (新潟)
  22. 野田哲史,窪田成寿,水流輝彦,吉田哲也,影山 進,岡本圭生,岡田裕作,森田真也,寺田智祐: 透析患者へスニチニブを投与した1症例:有効性と安全性の評価 , 第22回医療薬学会年会 , 2012年10月 (新潟)
  23. 松田雅史,寺岡裕美,宮口美由紀,松尾道代,堀江美弥,岡本陽香,長谷川千晶,北脇友美,野坂修一,寺田智祐 : 薬品管理と病院経営の改善に貢献した手術部常駐薬剤師の取り組み , 第22回 日本医療薬学会年会 , 2012年10月 (新潟)
  24. 森田真也,津田忠典,堀上愛真,寺岡麗子,北河修治,寺田智祐 : 非ラフト局在ABCB4による脂質排出とラフト形成に与える影響 , 第34回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム , 2012年11月 (京都)
  25. Daiki Hira, Tomoyuki Okuda, Hirokazu Okamoto, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada : Development of “patient-friendly” dry powder inhalation by spray freeze drying method , 第6回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム , 2012年11月 (京都)
  26. Shin-ya Morita, Kuriko Soda, Reiko Teraoka, Shuji Kitagawa, Tomohiro Terada: Enzyme-based fluorometric method for measuring sphingomyelin , 第6回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム , 2012年11月 (京都)
  27. Satoshi Noda, Susumu Kageyama, Teruhiko Tsuru, Shigehisa Kubota, Tetsuya Yoshida, Keisei Okamoto, Yusaku Okada, Shin-ya Morita, Tomohiro Terada: Pharmacokinetic/pharmacodynamic analysis of a hemodialyzed patient with 25 mg of sunitinib , 第6回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム , 2012年11月 (京都)
国外学会発表(一般演題)
  1. Haruka Okamoto , Masaya Sasaki, Mika Kurihara, Hiromi Iwakawa, Hisanori Shiomi, Shigeyuki Naka,Yoshimasa Kurumi, Tomohiro Terada : Resting energy expenditurein patients undergoing pylorus preserving pancreatoduodenectomies for bille duct cancer or pancreatic tumors. , The 34th Congress of the European Society of Clinical Nutrition and Metabolism (ESPEN) , September 2012 (Barcelona)
科学研究費助成等
  1. 寺田智祐; 第37回臨床薬理研究振興財団研究奨励金, 高尿酸血症の個別化薬物療法の確立, 2,000千円
  2. 森田真也;  平成24年度 薬学研究奨励財団助成金, 網羅的全リン脂質酵素蛍光定量法の開発とバイオマーカー探索, 800千円
  3. 森田真也;  科学技術振興機構(A-STEP探索タイプ), 冠動脈疾患危険因子スフィンゴミエリンの超高感度血中濃度測定法の確立, 平成24-25年度 1,700千円

2011年

英文(原著)
  1. Shin-ya Morita, Noriaki Ikeda, Manami Horikami, Kuriko Soda, Kosuke Ishihara, Reiko Teraoka, Tomohiro Terada, Shuji Kitagawa. Effects of phosphatidylethanolamine N-methyltransferase on phospholipid composition, microvillus formation and bile salt resistance in LLC-PK1 cells. FEBS J. 278(24), 4768-4781(2011).
  2. Haruka Okamoto, Masaya Sasaki, Tomoko Johtatsu, Mika Kurihara, Hiromi Iwakawa, Michiya Akabane, Nobuo Hoshino, Hiroshi Yamamoto, Satoshi Murata, Tsuyoshi Yamaguchi, Tohru Tani, Akira Yamamoto. Resting energy expenditure and nutritional status in patients undergoing transthoracic esophagectomy for esophageal cancer. J. Clin. Biochem. Nutr. 49(3):169-173(2011).
  3. Shin-ya Morita, Atsushi Sakurai, Minoru Nakano, Shuji Kitagawa, Tetsuro Handa. Presence of apolipoprotein C-III attenuates apolipoprotein E-mediated cellular uptake of cholesterol-containing lipid particles by HepG2 cells. Lipids. 46(4):323-332(2011).
  4. Shuji Kitagawa, Kenta Yoshii, Shin-ya Morita, Reiko Teraoka. Efficient topical delivery of chlorogenic acid by an oil-in-water microemulsion to protect skin against UV-induced damage. Chem. Pharm. Bull. 59(6):793-796(2011).
  5. Yuki Iwayanagi, Tappei Takada, Fumiya Tomura, Yoshihide Yamanashi, Tomohiro Terada, Ken-ichi Inui, Hiroshi Suzuki. Human NPC1L1 expression is positively regulated by PPARα. Pharm. Res. 28(2), 405-412(2011).
  6. Katsuhiro Masago, Yosuke Togashi, Masahide Fukudo, Tomohiro Terada, Kaoru Irisa, Yuichi Sakamori, Young Hak Kim, Tadashi Mio, Ken-ichi Inui, Michiaki Mishima. Plasma and pleural fluid pharmacokinetics of erlotinib and its active metabolite OSI-420 in patients with non-small-cell lung cancer with pleural effusion. Clin. Lung Cancer. 12(5), 307-312(2011).
和文(原著)
  1. 藤田彩子, 千葉幹夫, 寺田智祐, 中川雅生:小児悪性腫瘍の治療における適応外使用の実態, 日本小児臨床薬理学会雑誌, 23, 104-106 (2011).
和文(その他)
  1. 寺田智祐:病院薬剤業務の新たなる展開, 医薬ジャーナル,47(7),85-89(2011).
  2. 寺田智祐:癌領域で薬剤師が果たす役割.薬事日報, 10927, 3(2011).
  3. 炭 昌樹:感染制御ネットワークだより(22) 当院での抗菌薬使用届出制の現状と課題.滋賀県病院協会報, 93,4(2011).
国内学会・研究会等(特別講演・シンポジウムなど)
  1. 寺田智祐 : 薬剤師によるがん薬物療法のエビデンス構築 , 第32回日本病院薬剤師会近畿学術大会 , 2011年1月 (神戸)
  2. 寺田智祐 : 抗がん剤の臨床薬理と副作用について , 滋賀県がんフォーラム , 2011年1月 (守山)
  3. 金本賢枝 : 病棟におけるUGT1A1検査の支援業務 , 滋賀県病院薬剤師会 学術セミナー , 2011年2月 (大津)
  4. 星野伸夫, 赤羽理也, 岩川裕美, 丈達知子, 栗原美香, 岡本陽香, 植田道子,岡田信子, 山元佑加理, 荒木信一, 龍田 健, 佐々木雅也, 寺田智祐 : 大学病院における全科型NSTのアウトカム評価 , 第26回日本静脈経腸栄養学会 , 2011年2月 (名古屋)
  5. 寺田智祐 : 知っておきたい抗がん剤の知識~はじめの第一歩 , 公立甲賀病院第3回がん医療講演会 , 2011年2月 (甲賀)
  6. 寺田智祐 : わかりやすい!抗がん剤と副作用について , 滋賀医大病院市民公開講座 , 2011年3月 (大津)
  7. 寺田智祐 : 新規経口マルチキナーゼ阻害剤の体内動態とpharmacogenomics , 第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 , 2011年7月 (横浜)
  8. Tomohiro Terada: Role of pharmacists in the frontline of pharmacotherapy , 第21回日本医療薬学会 , 2011年10月 (神戸)
  9. 寺田智祐 : がんを専門とする薬剤師のキャリアパス―臨床薬学研究者の立場から― , 第70回日本癌学会学術総会 , 2011年10月 (名古屋)
  10. 寺田智祐 : 小腸におけるペプチド吸収とトランスポータ(招待講演) , 第49回小腸研究会 , 2011年11月 (東京)
  11. Tomohiro Terada : PK/PD and optimal usage of anticancer drugs: Viewpoints from the pharmacists , 日本薬物動態学会第26回年会 , 2011年11月 (広島)
  12. 寺田智祐、森井博朗 : がん領域におけるチーム医療と薬剤師の役割 , 第32回日本臨床薬理学会年会 , 2011年12月 (浜松)
  13. 森田真也 : ABCトランスポーターによる薬物・脂質排出のメカニズム , トクシマ・ファルマ・トライアングル構築事業特別講演会 , 2011年12月 (徳島)
  14. 須藤正朝 : 肺がんの抗癌剤について , 癌患者サロンゆらり 抗がん剤の副作用マネジメント教室 , 2011年12月 (大津)
国内学会・研究会等(一般演題)
  1. 若杉吉宣,生野芳博,小泉祐介,程原佳子,千葉幹夫,藤山佳秀,寺田智祐 : 当院におけるアムビゾーム注の副作用発現状況, , 第32回日本病院薬剤師会近畿学術大会 , 2011年1月 (兵庫)
  2. 阪中美紀, 森井博朗, 須藤正朝, 野田哲史, 若杉吉宣, 千葉幹夫, 寺田智祐 : 電子カルテ導入に伴うがん化学療法における処方チェックシステムの構築 , 日本医療マネジメント学会 第8回京滋支部学術学会 , 2011年2月 (京都)
  3. 赤羽理也,星野伸夫,岩川裕美,神谷貴樹,岡本陽香,佐々木雅也,寺田智祐 : NST研修プログラムの解析からみた栄養教育のポイント , 第26回日本静脈経 腸栄養学会 , 2011年2月 (名古屋)
  4. 森田真也,池田憲亮,石原康佑,祖田久里子,寺岡麗子,北河修治 : ホスファチジルエタノールアミンメチル基転移酵素(PEMT)による細胞膜胆汁酸耐性の獲得 , 日本膜学会第33年会 , 2011年5月 (東京)
  5. 森田真也,津田忠典,堀上愛真,寺岡麗子,寺田智祐,北河修治 : 非ラフト局在ABCB4による脂質排出 , 第6回トランスポーター研究会年会 , 2011年6月 (仙台)
  6. 森田真也,白川祥実,小林由希子,中村恵子,寺岡麗子,寺田智祐,北河修治 : ホスファチジルセリン酵素定量法の開発 , 第9回次世代を担う若手のフィジカルファーマフォーラム , 2011年9月 (箱根)
  7. 須藤正朝, 森井博朗, 阪中美紀, 若杉吉宣, 福竹法子, 河合由紀, 目片英治, 寺田智祐: 滋賀医科大学医学部附属病院における外来がん化学療法の服薬指導業務 , 第21回 日本医療薬学会年会 , 2011年10月 (神戸)
  8. 宮口美由紀,岡本陽香,炭 昌樹,澤井俊宏,竹内義博,寺田智祐 : シクロスポリンによる可逆性白質脳症を呈した症例の臨床薬理学的考察 , 第38回日本小児臨床薬理学会 , 2011年11月 (大津)
  9. Shin-ya Morita, Sachimi Shirakawa, Yukiko Kobayashi, Keiko Nakamura, Reiko Teraoka, Shuji Kitagawa, Tomohiro Terada : New method for measuring phosphatidylserine , iCeMS International Symposium ABC2011 , 2011年11月 (京都)
  10. 須藤正朝 : お薬手帳を用いた患者指導情報の共有 , がん専門薬剤師インテンシブコース がんチーム医療を推進する薬剤師の新たな活躍 , 2011年12月 (京都)
  11. 須藤正朝 : 肺がんの抗癌剤について , 癌患者サロンゆらり 抗がん剤の副作用マネジメント教室 , 2011年12月 (大津)
国外学会発表(一般演題)
  1. Shin-ya Morita, Noriaki Ikeda, Kosuke Ishihara, Kuriko Soda, Reiko Teraoka, Tomohiro Terada, Shuj Kitagawa: Effect of phosphatidylethanolamine N-methyltransferase on hepatocellular resistance to bile salts , The Liver Meeting 2011 (The 62nd Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver Diseases) , November 2011 (San Francisco)

2010年

英文(原著)
  1. Kana Toyama, Atsushi Yonezawa, Masahiro Tsuda, Satohiro Masuda, Ikuko Yano, Tomohiro Terada, Riyo Osawa, Toshiya Katsura, Masaya Hosokawa, Shimpei Fujimoto, Nobuya Inagaki, Ken-ichi Inui. Heterozygous variants of multidrug and toxin extrusions (MATE1 and MATE2-K) have little influence on the disposition of metformin in diabetic patients Pharmacogent. Gemonics, 20(2), 135-138(2010)
  2. Ken Ogasawara, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura, Etsuro Hatano, Iwao Ikai, Yoshio Yamaoka, Ken-ichi Inui. Hepatitis C virus-related cirrhosis is a major determinant of the expression levels of hepatic drug transporters. Drug Metab. Pharmacokinet., 25(2), 190-199(2010)
  3. Keiko Shinsako, Tomoyuki Mizuno, Tomohiro Terada, Jun Watanabe, Tomomi Kamba, Eijiro Nakamura, Osamu Ogawa, Ken-ichi Inui. Tolerable sorafenib therapy for a renal cell carcinoma patient with hemodialysis. A case study. Int. J. Clin. Oncol., 15(5), 512-514 (2010)
  4. Tomoyuki Mizuno, Tomohiro Terada, Tomomi Kamba, Masahide Fukudo, Toshiya Katsura, Eijiro Nakamura, Osamu Ogawa, Ken-ichi Inui. ABCG2 421C>A polymorphism and high exposure of sunitinib in a patient with renal cell carcinoma. Ann. Oncol., 21(6), 1382-1383(2010)
  5. Shingo Watanabe, Masahiro Tsuda, Tomohiro Terada, Toshiya Katsura, Ken-ichi Inui. Reduced renal clearance of a zwitterionic substrate cephalexin in MATE1-deficient mice. J. Pharmacol. Exp. Ther., 334(2), 651-656(2010)
  6. Yosuke Togashi, Katsuhiro Masago, Masahide Fukudo, Tomohiro Terada, Yasuaki Ikemi, Young Hak Kim, Shiro Fujita, Kaoru Irisa, Yuichi Sakamori, Tadashi Mio, Ken-ichi Inui, Michiaki Mishima. Pharmacokinetics of erlotinib and its active metabolite OSI-420 in patients with non-small cell lung cancer and chronic renal failure who are undergoing hemodialysis. J. Thorac. Oncol., 5(5), 601-605(2010)
  7. Yosuke Togashi, Katsuhiro Masago, Masahide Fukudo, Tomohiro Terada, Shiro Fujita, Kaoru Irisa, Yuichi Sakamori, Young Hak Kim, Tadashi Mio, Ken-ichi Inui, Michiaki Mishima. Cerebrospinal fluid concentration of erlotinib and its active metabolite OSI-420 in patients with central nervous system metastases of non-small cell lung cancer. J. Thorac. Oncol., 5(7), 950-955(2010)
  8. Katsuhiro Masago, Yosuke Togashi, Masahide Fukudo, Tomohiro Terada, Kaoru Irisa, Yuichi Sakamori, Shiro Fujita, Young Hak Kim, Tadashi Mio, Ken-ichi Inui, Michiaki Mishima. Good clinical response to erlotinib in a non-small cell lung cancer patient harboring multiple brain metastases and a double active somatic epidermal growth factor gene mutation. Case Rep. Oncol., 3(2), 98-105(2010)
和文(原著)
  1. 炭 昌樹,小西廣己,星野伸夫,磯野哲一郎,蓑内徳蔵,山路 昭:グリコペプチド系抗菌薬による副作用と血中濃度の関係, TDM研究, 27, 10-15 (2010).
  2. 藤田彩子,千葉幹夫,中川雅生:小児処方せんの記載法―正しい薬物治療のために―, 小児科臨床, 63, 571-576 (2010).
  3. 若杉吉宣,赤羽理也,野田哲史,河田明弘,前澤卓也,影山進,上仁数義,岡田裕作,千葉幹夫,蓑内徳蔵: 分子標的薬ソラフェニブにおける自施設での解析に基づく副作用説明書の作成, 日本病院薬剤師会雑誌, 46(6), 775-779 (2010).
  4. 赤羽理也,星野伸夫,小西廣己,佐々木雅也,蓑内徳蔵,山路昭: 副作用として嚥下障害の記載が添付文書上にある薬剤と嚥下障害の発現との関連性についての検討, 日本病院薬剤師会雑誌, 45(5), 677-680 (2009).
  5. 三浦篤史,尾上雅英,寺田智祐,高橋一栄,乾 賢一:ゲムシタビン単剤療法による血液毒性の性差. 医療薬学, 36(1), 57-60(2010).
  6. 池見泰明,尾上雅英,土生康司,内堀聡子,松田裕也,高橋一栄,寺田智祐,荒井俊之,乾 賢一:手術部における薬剤師の常駐体制の整備と経済効果に関する検討. 医療薬学, 36(3), 157-162(2010)
  7. 三露久生,尾上雅英,寺田智祐,池見泰明,高橋一栄,桂 敏也,乾 賢一:エルロチニブ服用継続に影響を及ぼす因子の探索. 日本病院薬剤師会雑誌, 46(12), 1653-1656(2010).
和文(著書・総説)
  1. 磯野哲一郎, 卯木 智, 楠 知里, 宮澤伊都子, 橋本哲也, 西尾善彦, 杉岡信幸, 高田 寛治, 柏木厚典, 前川 聡:血糖自己測定による各種血糖変動指標の妥当性-持続血糖モニターによる検証-, 糖尿病医療スタッフのプラクティス, 27(5), 561-566 (2010)
  2. 寺田智祐:がん専門薬剤師の現状と展望, 医薬ジャーナル, 46(10), 108-113 (2010)
  3. 寺田智祐:がん専門薬剤師制度と人材育成. 医薬品情報学会誌, 51(6), 73-77, (2010)
和文(その他)
  1. 寺田智祐:基礎と臨床、学問と実際. DMPKニュースレター(日本の薬物動態研究者:教育・研究・医療機関編(3)).25(4), 21, (2010)
  2. 寺田智祐:平成22年度日本薬物動態学会奨励賞を受賞して. DMPKニュースレター. 25(6), 18-19, (2010)
  3. 寺田智祐:がん専門薬剤師の現状と展望. 医薬ジャーナル, 46(10): 108-113(2010)
  4. 寺田智祐:がん専門薬剤師制度と人材育成. 医薬品情報学会誌, 51(6): 73-77(2010)
  5. 寺田智祐:Healthcare Professionalを目指して.滋賀県病院薬剤師会誌, 32(2), 1(2010)
国外学会発表(特別講演・シンポジウムなど)
  1. Ken-ichi Inui, Tomohiro Terada:Gene regulation of drug transporters:Implications to Drug Disposition, AAPS Annual Meeting and Exposition, November 2010 (New Orleans)

2009年

英文(原著)
  1. Masaki Sumi, Hiroki Konishi, Yoshihiro Ikuno, Nobuo Hoshino, Tokuzo Minouchi, Akira Yamaji. Change in blood tacrolimus concentration by fluctuation of renal function in a bone marrow transplant patient., Eur. J. Drug Metab. Pharmacokinet., 34, 201-204 (2009).
和文(原著)
  1. 藤田彩子,千葉幹夫,松田雅史,山路 昭,中川雅夫:小児における医薬品の適応外使用―特に錠剤・カプセル剤の粉砕処方の実態―, 日本小児臨床薬理学会雑誌, 22, 96-99 (2009).
国内学会・研究会等(一般演題)
  1. 若杉吉宣,赤羽理也,野田哲史,河田明弘,佐野太一,益田良賢,前澤卓也,岡本圭生,影山 進,千葉幹夫,岡田裕作,山路 昭 : 腎臓癌で世界初承認された分子標的 抗がん剤ソラフェニブ(ネクサバール錠)を使用した2症例 , 第30回日本病院薬剤師会近畿学術大会 , 2009年1月 (大阪)
  2. 赤羽理也,星野伸夫,小西廣己,蓑内徳蔵,山路 昭,岩川裕美,栗原美香,三上貴子,碓井理香,徳永道子,塩見尚礼,荒木信一,佐々木雅也 : 副作用として嚥下障害の記載が添付文書上にある薬剤と嚥下障害の発現との関連性についての検討 , 第24回日本静脈経 腸栄養学会 , 2009年1月 (鹿児島)
  3. 赤羽理也,星野伸夫,小西廣己,蓑内徳蔵,岩川裕美,栗原美香,三上貴子,碓井理香,徳永道子,塩見尚礼,荒木信一,佐々木雅也,西尾善彦,前川 聡,柏木厚典,山路 昭 : 糖尿病治療におけるチーム医療-糖尿病教育入院とNST- , 第52回日本糖尿病学会 , 2009年5月 (大阪)
  4. 磯野哲一郎,卯木 智,楠 知里,宮澤伊都子,橋本哲也,西尾善彦,杉岡信幸,高田寛治,前川 聡,柏木厚典 : 血糖自己測定(SMBG)の血糖変動指標の妥当性:持続血糖モニター(CGM)による検証 , 第46回 日本糖尿病学会近畿地方会 , 2009年11月 (京都)
  5. 須藤正朝,森井博朗,千葉幹夫 : がん化学療法の薬剤業務における問題点と改善への試み , がん専門薬剤師 インテンシブコース がん治療における薬剤師の役割と新しい展開 , 2009年12月 (京都)

施設認定

  • 日本医療薬学会 認定薬剤師研修施設
  • 日本医療薬学会 がん専門薬剤師研修施設
  • 日本医療薬学会 薬物療法専門薬剤師研修施設
  • 日本病院薬剤師会 がん専門薬剤師研修施設
  • 薬学教育協議会 薬学実務実習受入施設
  • 日本薬剤師研修センター 厚生労働省薬剤師養成事業における実務研修性受入施設

資格認定

  • 日本医療薬学会 がん指導薬剤師(1名)
  • 日本医療薬学会 がん専門薬剤師(5名)
  • 日本医療薬学会 薬物療法専門薬剤師(1名)
  • 日本医療薬学会 薬物療法指導薬剤師(1名)
  • 日本医療薬学会 指導薬剤師(4名)
  • 日本医療薬学会 認定薬剤師(11名)
  • 日本医療情報学会 医療情報技師(1名)
  • 日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師(1名)
  • 日本腎臓病薬物療法学会 腎臓病薬物療法認定薬剤師(1名)
  • 日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師(1名)
  • 日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師(3名)
  • 日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師(1名)
  • 日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師(1名)
  • 日本病院薬剤師会 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師(1名)
  • 日本静脈経腸栄養学会 NST専門療法士(4名)
  • 日病薬病院薬学認定薬剤師 (9名)
  • 日本病態栄養学会 病態栄養認定管理栄養士(1名)
  • 日本麻酔科学会 周術期管理チーム薬剤師(2名)
  • 日本病院薬剤師会近畿ブロック認定 がん化学療法認定薬剤師(1名)
  • 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師(12名)
  • 日本薬剤師研修センター 小児薬物療法認定薬剤師(2名)
  • 日本薬剤師研修センター 漢方薬・生薬認定薬剤師(1名)
  • 日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師(1名)
  • 日本高血圧学会 高血圧・循環器病予防療養指導士(1名)
  • 日本アンチ・ドーピング機構 スポーツファーマシスト(1名)
  • 大学病院災害管理技能者(UDME)(1名)
  • 管理栄養士(1名)
  • 日本糖尿病療養指導士(3名)
  • 普通第一種圧力容器取扱作業主任者(1名)
  • アロマテラピー検定1級(2名)